恵庭岳、5月26日

25日の朝、空港まで用事があった帰り道だと言う札幌のSさんが我が家に寄ってくれた。
妻のために線香を上げていただき、その後あれこれ山の話しに花が咲いた。

その時に、恵庭岳に登ろうとなって急遽決まった山行。
残念ながら、予報より実況が悪く、5合目からずっとガスの中だった。

22日に登って僅か4日しか経っていないのだが、雪解けは急ピッチで第1見晴台から先の、豊富な残雪は第2見晴台まで殆どなくなっていた。
そして、第2見晴台奥の雪渓も随分やせ細っていたから、この週末は無理としても3,4日のうちに消えてしまいそうだ。

花はシラネアオイがそろそろピークを迎えると思うし、その後に続くのはエンレイソウだろうか、或いはマイズルソウが早いかも知れない。
国立公園内だから採らないけれど、ウドも生長していた。

この日、我々の他にソロの女性とソロの男性に第2見晴台で挨拶を交わし、頂上から戻ったその見晴台でやはりソロの男性がやって来た。
頂上へ行くという男性を見送った直後、大阪からと言うおばちゃん3人組がやって来た。
大阪のおばちゃんはとにかく明るくて話し好きだ。感心してしまう。

下山中にソロの男性が登ってきて、この日はこれが全てだった。

今回は登山道整備のために、登りより下山に時間がかかった恵庭岳だった。
f0138096_20553295.jpg

我々の儀式用大岩の横を進むSさん
f0138096_20554153.jpg

6合目付近のシラネアオイ
f0138096_20555167.jpg

コヨウラクツツジ?
f0138096_2056046.jpg

第2見晴台の直下でソロの女性に追い抜かれ、その直後にソロの若者にも追い抜かれた。その二人を入れて
f0138096_2056826.jpg

男性は札幌からのTさん。女性は苫小牧のIさん。何とIさんは2011年6月16日に恵庭岳の第1見晴台で娘さんと一緒に写真を撮らせていただき、コメントまでいただいたそのIさんだった。Iさんは、Sさんを上回るほどの健脚で、Sさんも私もその登りっぷりに驚いた
f0138096_21395.jpg

2011年6月16日に撮影した時の写真。絵を描いているのが娘さん

f0138096_15434243.jpg

追加
私は今日、孫の小学校の運動会に行ったため山に登れなかったけれど、Sさんは今日も恵庭岳とのこと。下山後の登山ポストの所で、2日前(第2見晴台で)お会いしたばかりの苫小牧のIさんに再会したそうで、メールに写真が添付されていた。この写真は5月28日の撮影
f0138096_20561618.jpg

恵庭岳は初登頂と言う事で、第2見晴台から一緒に頂上へ
f0138096_20562554.jpg

岩塔下のシラネアオイとサンカヨウ
f0138096_20563435.jpg

頂上から第2見晴台まで戻って来たときに登ってきた札幌のSさん。彼も間違えて涸れ沢に入ったと言う。大雪を縦走するほどのベテランだがやはり恵庭岳は初めてとの事で頂上に向かった
f0138096_20564275.jpg

Sさんが頂上に向かった直後やって来た大阪のおばちゃん3人組。前日のアポイ岳は雨で中止したそうだ
f0138096_2056508.jpg

ムラサキヤシオツツジ?
f0138096_2057080.jpg

砂防ダムまで下りて振り返ると頂上岩塔が見えていた。大阪のおばちゃん達はオコタンペ湖が見えたかな?
by tarumae-yama | 2016-05-28 06:57 | 北海道100名山 | Comments(2)
Commented by marika at 2016-05-30 13:25 x
精力的に登ってますね!見習わなくちゃです。

日曜日、tarumae-yamaさんの記録をしっかり読んで
恵庭岳西峰に行ってきました!景色、本峰より素晴らしいと思いました。踏み跡もしっかりしていて、tarumae-yamaさんに感謝です。恵庭岳、新登山口から登りましたが道もずいぶん整備していただいたようで、本当に快適な山道でした。
ありがとうございます。
ヤマレコの記録、ただ今製作中(^_^.)。
その前にお礼をしなくちゃとコメントいたしました。
いつも情報、楽しく読ませていただいてます。これからもよろしくお願いします。

Commented by tarumae-yama at 2016-06-01 14:05
marikaさん
コメントを有り難うございます。
西峰では素晴らしい眺望があった上にユッタリできて良かったですね。
確かに本峰より展望が良いかも知れません。
多分、見る角度が違うこともあるのでしょうね。

新ルートや迂回ルートの整備は、主に隊長Oさんのご尽力が大きいです。
もちろん、恵庭岳に凄い回数登っているSさんも登りながら整備している様です。しかし、私は殆ど何もしていません。

ヤマレコを拝見しました。
何時かまたご一緒する機会があれば嬉しいです。
名前
URL
削除用パスワード
<< 樽前山、5月27日 樽前山、5月27日-速報版- >>