恵庭岳、5月8日

アイゼンを装着し北東尾根を登る恵庭岳は緊張感があって大好きだが、雪が消えいよいよ夏道コースに切り替わった。

ただ、花にはもう少し時間がかかりそう、2合目付近にツバメオモトの蕾を二つ三つ見ただけだった。
陽当たりの良い第1見晴台の岩場にコメバツガザクラがひっそりと咲いていたけれど。

昨年秋の風倒木の影響で今は迂回路を通るため、以前より時間がかかるようになった。
やがてこの迂回路が正規の登山道として少しずつ整備されて行くのかも知れない。

多分20日頃には登山道から雪がすっかり消え、恵庭岳は夏山本番を迎えるのだろう。

山行記録
駐車場08:05→第1見晴台09:55~10:03→第2見晴台10:40~10:48→頂上11:19~11:31→第2見晴台11:58~12:20(昼食)→第1見晴台12:53→駐車場14:16
f0138096_9432451.jpg

前方に完成したばかりの砂防ダムが見える
f0138096_9433689.jpg

例の大岩で登山の通過儀式?。写真はSさんから送られて来たもの
f0138096_9434593.jpg

登り専用コース。ロープはまだ半分以上埋まっている
f0138096_9435385.jpg

第1見晴台到着
f0138096_944227.jpg

頂上岩塔をバックに同行者の記念写真
f0138096_9441019.jpg

第1見晴台の先でスライドした札幌のIさん。冬の恵庭岳を登るベテランご夫婦
f0138096_9442256.jpg

羊蹄山
f0138096_9443036.jpg

頂上のロープ場、Mさんを先頭にTさんの父娘が続く
f0138096_9443811.jpg

オコタンペ湖を眼下に下山
f0138096_9444728.jpg

第1見晴台は休憩なしで通過。左端に幾つかの新しい砂防ダムが見える
f0138096_9445586.jpg

大岩と前方に砂防ダムが見える
f0138096_945387.jpg

奥に雪解け水で滝のようになっているのがかすかに見える。その水が砂防ダムの方に流れてきて歩くのが大変な状況になっていた
f0138096_9451368.jpg

ポールで流路を作っているSさんとMさん
f0138096_9452241.jpg

第1見晴台の崖に咲くコメバツガザクラ
f0138096_9452991.jpg

マイズルソウの実
f0138096_9453851.jpg

朝はまだ白波が立っていなかったけれど、帰路普段は穏やかな支笏湖がまるで荒れた海のよう

by tarumae-yama | 2016-05-10 10:04 | 北海道100名山 | Comments(2)
Commented by 多摩太郎 at 2016-05-11 06:24 x
お早うございます。
北海道の山にも春が来ましたね。
オコペタン湖の蒼さが際立ちますね。
支笏湖が。。。まるで海ですね。
Commented by tarumae-yama at 2016-05-12 09:24
多摩太郎さん
コメントを有り難うございます。
ようやくモノトーンの世界からカラフルな花が咲き乱れる良い季節を迎える事が出来ました。
千歳の桜はピークを過ぎつつありますが、山ではこれからも見られると思います。
オコタンペ湖も氷が解けてコバルトブルーが鮮やかになってきました。
支笏湖は白波を見せるほど荒れるのはそうないと思います。
恵庭岳の頂上では強風のために恐い思いをしました。
名前
URL
削除用パスワード
<< 千歳の桜、5月9日 風不死岳、5月9日 >>