恵庭岳夏道、4月27日-その2-

今の恵庭岳はまだ北東尾根から登れるのか、夏道を使う登山者は、快晴だったけれど平日と言う事もあって皆無だった。
唯一、第2見晴台を下山した直後、千歳の消防に勤務するMさんがパトロール目的で登ってきたけれど。

Mさんはここまでつぼ足で登ってきたとのことだが、彼の足跡を使って下山するとところどころ踏み抜いた跡があって苦労した様子。

今回の残雪の状況や私の過去の山記録から、登山道上の雪がすっかり消えるのは5月の中旬になるのかも知れない。
その頃には花も幾種類か楽しめるだろう。
少なくとも登山口付近にはスミレが、第1見晴台の崖にはコメバツガザクラが咲いていると思う。
f0138096_1164738.jpg

余りの絶景に後ろ髪を引かれる思いで下山開始
f0138096_1165726.jpg

下でSさんが足の置き場などをアドバイスしている
f0138096_117580.jpg

第2見晴台の直下でソロの男性とスライド。千歳の消防の方でパトロールの様子
f0138096_1171472.jpg

この砂防ダムを越えると駐車スペースは目前
f0138096_1173063.jpg

f0138096_1174144.jpg

f0138096_1175214.jpg

駐車スペースにヨレヨレで到着。コズさんのザックからスノーシューの一つがなくなっている。パトロールのMさんが回収してくれ、無事コズさんの手元に戻った。上の3枚、Sさんの撮影
f0138096_118192.jpg

何度も埋まってバランスを崩す
f0138096_1181198.jpg

スッポリ埋まって中々足が抜けなくてSさんとMさんが手伝おうとしてくれた。上2枚コズさんの撮影
by tarumae-yama | 2016-04-30 07:11 | 北海道100名山 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 「てんぐの蔵」 恵庭岳夏道、4月27日-その1- >>