恵庭岳夏道、4月27日-その1-

恵庭岳の夏道は、昨年の秋に砂防ダム工事で通行禁止となったため、隊長Oさんが工事現場の迂回ルートを公開し、以降そのルートが一般的となった。

砂防ダム工事が今年3月で完了し、以前の登山ルートが使える様になったようだ。
ようだと書いたのは、登山ポストが封印されていて、そのことから今後まだ駐車場などを整備する工事があるかも知れないと思ったから。

今回、我々の車は登山ポストの先、幅広の道を一番奥の砂防ダム近くまで進め、山側のスペースに停めた。
ここからだと工事前の駐車場からスタートするより、5分以上時間を稼げる感じだ。

登り始めて数分もかからず、迂回路との合流地点に出る。
ここは、最近多くの登山者が紹介している、今にも倒れそうな大岩のある場所だ。

その後、登山道に合流したり、風倒木のために作られた迂回路を通ったりして高度を上げて行くと、4合目からテープが頼りの雪道となる。
ただ、残雪は腐っていて、つぼ足では頻繁に埋まってストレスとなった。
それで5合目の先からスノーシューを履いた。

第1見晴台の岩場だけ雪がなく、スノーシューの歯がガリガリと音をたてていたが、岩場を越えるとまたたっぷりの残雪で、それは頂上まで続いていた。

第2見晴台からスノーシューをザックにくくりつけつぼ足で頂上へ。
この区間は、Sさんと二人で登った4月22日のスノーシューの跡と、前日と思われるつぼ足の跡が残っていて、それらの跡を忠実にたどって頂上に立った。

今回は腐れ雪に大苦戦の恵庭岳夏道だったけれど、第1見晴台から先の眺望は、そんなストレスを吹き飛ばすほど視界が良くて、我々3名は素晴らしい!素晴らしい!の連呼だった。

山行記録
駐車スペース07:55→第1見晴台10:04→第2見晴台10:54→頂上11:48~12:20(昼食)→第2見晴台12:46→第1見晴台13:21→駐車スペース14:33
f0138096_1332266.jpg

登山口に向かう前、湖畔から樽前山をアップで。随分と雪解けが進んで斜面の縞模様が美しい
f0138096_13323730.jpg

同じ所から、恵庭岳と右にまだ真っ白な漁岳
f0138096_13325250.jpg

写真の左下の先に数台停められるスペースがある
f0138096_1333345.jpg

車道(登山道)から外れ、一番上の砂防ダムを越えるのがルートらしい
f0138096_13331952.jpg

登山道に入って最初の岩場
f0138096_13332921.jpg

何時もこの大岩で登山開始の儀式?
f0138096_13333896.jpg

4合目を越えると残雪が一気に増える
f0138096_13334668.jpg

登り専用コースで。ロープはまだ殆ど埋まっていて使えない
f0138096_13335416.jpg

第1見晴台到着。雪がなくてスノーシューがガチャガチャ音を立てる。左端に頂上岩塔
f0138096_1334265.jpg

第2見晴台で写真撮影中のSさん
f0138096_13341177.jpg

第2見晴台からはつぼ足で。この斜面は雪が締まっていてスリップしないよう気を遣う。この区間は、埋まる事があっても安全の為にアイゼンを積極的に使うべきだと思う
f0138096_13341986.jpg

ビューポイントはもうすぐ
f0138096_13342746.jpg

ビューポイントから。羊蹄山の左に尻別岳、右にニセコアンヌプリがクッキリ
f0138096_13343563.jpg

後ろのコズさんのためにステップを刻みながら難所を進むSさん。右端の西峰はまだ登るのが危険そう
f0138096_13344475.jpg

ルンゼを両手両足でよじ登るコズさん
f0138096_13345272.jpg

中央に徳舜瞥やホロホロ山、右端のルスツのスキー場もクッキリ
f0138096_1335019.jpg

徳舜瞥山、ホロホロ山をアップで、その手前に白老3山
f0138096_1335884.jpg

頂上到着
f0138096_13351674.jpg

風が弱く、樽前山の溶岩ドームから噴煙が真っ直ぐ昇っている
f0138096_13352540.jpg

コズさんは地元の恵庭市在住で山岳会に入っているけれど、頂上に立つのは初めてと驚きの告白

by tarumae-yama | 2016-04-29 07:03 | 北海道100名山 | Comments(4)
Commented by まっく at 2016-04-29 08:35 x
透きとおるような景色が素敵ですね。
羊蹄山が素晴らしい!
夏山も楽しみです。
Commented by コズ at 2016-04-29 10:18 x
デジカメさんおはようございます
昨日はとても楽しい時間をありがとうございました
頂上まで大変だったけれど、あの先端に立ったときの感動は忘れないと思います最高の眺望を楽しみました~
これもお二人のおかげです!足でまといになったのかと思いますがゴメンね~
又懲りずに誘って下さいね~行きますついてどこまでも(笑)
Commented by tarumae-yama at 2016-04-29 23:08
まっくさん
コメントを有り難うございます。
これほど鮮明な羊蹄山には中々お目にかかれないと思います。
そんな日に登れて我々は本当にラッキーでした。

ブログを拝見すると、色々と欲しいものを手に入れたようで、夏山が楽しみですね。
私はもう先が見えているので、買うと言うより少しずつ処分して行かなければなりません(^^;)
Commented by tarumae-yama at 2016-04-29 23:13
コズさん
コメントを有り難うございます。
ズボズボ埋まって疲れましたが、素晴らしい眺望に出会えて感動的でしたね。
念願?の頂上に立つことも出来て本当に良かったと思います。
やはり、恵庭岳の眺望の素晴らしさは岩塔に立たなければ得られないですね。

またご一緒する機会があれば嬉しいです。
名前
URL
削除用パスワード
<< 恵庭岳夏道、4月27日-その2- 漁岳と北漁岳、4月24日-同行... >>