恵庭岳、4月22日

オコタンペ分岐ゲート前にRV車が停まっていて、恵庭岳に向かう先行者がいるらしい。
今日の我々は何時もの北東尾根を使わず、ゲート近くの駐車場からそのまま作業道を進み、北尾根に取り付いた。

2日前にも登ったというSさんの消えかかったトレースをたどり、いきなり60m程の急登。
朝から雪が腐っていてスノーシューでも沈む。

北尾根は初経験だが、驚いた事にピンクテープや、木に赤のペイントで矢印や丸印がかなりの数付けられていた。
距離的にも北東尾根より短く地形が複雑ではないので、以前はこちらが主に使われていたルートなのかも知れない。
ただ、(標高で)1000mを超えてからの眺望は、断然北東尾根の方が素晴らしいと思う。

今日は第2見晴台までとSさんは言っていたのだが、ピークハンターの私の願いを聞いてもらい頂上に立った。
だが、第2見晴台から頂上までは、腐れ雪で深く落ち込むところがあって危険な状況になりつつある。
なので、まだ経験が浅い登山者が夏道を使って頂上に向かうなら、登山道が顔を出すGWまで待った方が良いと思う。

頂上のロープ場から下りてきたソロの男性は、何とゲートからつぼ足で登ってきたと。
ただ、ズボズボ埋まって、車にスノーシューを置いて来たことを後悔していた。
気温が上がる下山時はもっと埋まるだろうから、我々スノーシューのトレースを使って一緒に下りようと提案すると喜んでくれた。

そんな訳で、我々は急いで頂上に登り、写真を撮ってすぐ下山開始。
ロープ場の下で待っていたgakuさんと、そこから3名パーティーとなった。
聞けば、gakuさんは昨年10月に山を始めたばかりで、まだ経験は半年だと言う。
恵庭岳は夏冬通して初登とのことには一寸驚いた。

山行記録
オコタンペ分岐ゲート近くの駐車場07:03→第2見晴台09:08~09:11→頂上09:50~09:53→第2見晴台10:17~10:36(昼食)→駐車場11:40
f0138096_1143783.jpg

登山口に向かう前、フキノトウを入れて、奥に樽前山と風不死岳
f0138096_11431518.jpg

二日前つぼ足で苦労したSさん、最初からスノーシューを装着
f0138096_11432247.jpg

駐車場から作業道を進む。左に高度差60mの急登が待っている。奥に小さく頂上岩塔が見える
f0138096_11433189.jpg

もうこの辺りは翌日には通れないかも
f0138096_11433950.jpg

前日の記事で紹介した熊の足跡。爪の跡がまだ生々しい
f0138096_11434634.jpg

途中、枯れ木に「見晴台へ」とペイントされている。隣の木には赤い矢印も
f0138096_11435477.jpg

7.5合目辺り。ここで夏道(雪の下)に合流
f0138096_1144122.jpg

正面に漁岳、左に小漁山、右に狭薄山や札幌岳などが見える
f0138096_1144980.jpg

マイズルソウの赤い実があった
f0138096_1144206.jpg

第2見晴台に到着。奥に頂上岩塔
f0138096_11442979.jpg

第2見晴台の頂上標識。昔頂上にあった標識をここにぶら下げている。中央左にオコタンペ湖が小さく見える
f0138096_11443799.jpg

ルンゼの下を登るSさん。中央に西峰
f0138096_11444430.jpg

Sさん
f0138096_11445214.jpg

頂上で撮影中のSさん
f0138096_114528.jpg

頂上から、正面の紋別岳も左のイチャンコッペ山も殆ど雪が消えている
f0138096_11451078.jpg

まだ西峰に登るのは私のレベルでは危険すぎる
f0138096_11451836.jpg

ロープ場のロープを次の登山者のために整えているSさん
f0138096_11452631.jpg

ルンゼの一番緊張するところをつぼ足で慎重に下りてくるgakuさん
f0138096_11453428.jpg

定番の写真。羊蹄山は霞んでいて写真では不鮮明
f0138096_11454337.jpg

第2見晴台の直下を下りるSさん
f0138096_1145535.jpg

下山時、左端に新設された砂防ダム。作業道脇の木に「見晴台ルート」の文字が。下りてくるSさんとgakuさん
by tarumae-yama | 2016-04-23 12:04 | 北海道100名山 | Comments(2)
Commented by なお at 2016-04-24 13:40 x
旅行後、すぐに恵庭岳とはすごいですね。

そしてくまの足跡…怖いですね。

スノーシューいらない山に登るときは、誘っていただけると嬉しいです。
基本水・日曜日休みでしばらくは休日出勤なさそうです。
Commented by tarumae-yama at 2016-04-24 23:11
なおさん
コメントを有り難うございます。
多分、ヘルスメーターに乗らなければ山には行かなかったと思います。
寝不足でさすがにきつかったです。

熊の足跡は、漁岳でも空沼岳でも多峰古峰山でもありました。
鈴を付けてこちらの存在を知らせれば、そう怖がることもないと思います。

水曜と日曜日が休みとの事、承知しました。
GWの後、その曜日に計画したときは声をかけますね。
名前
URL
削除用パスワード
<< 東北花見旅行Ⅱ 恵庭岳、4月22日-速報版- >>