北尾根から風不死岳、4月2日-同行者からの写真-

昨日、妻の四十九日の法要だった。

最近は頻繁に山に出かけ、先月は10日間で16のピークに立った。
これだけ遊び歩いているせいなのか、山の知人からとっくに四十九日は過ぎたと思っていたとのメールがあった(^^;)

年間120座を超えた昨年よりずっと速いペースだが、それは家に一人でいるとどうしても悲しみや寂しいという気持ちが湧き上がるから。
この先、残りの人生に楽しみや希望が持てなくてどんどんマイナス思考に陥りそうで、それがため無心になれる山に向かっているのだと思う。

昨日、郊外のお墓に行って納骨も済ませた。
和室の仮祭壇から骨壺が消え、いよいよ妻とは想い出だけになってしまった。
だが、今胸の中にあるのは、想い出以上に未練の大きな塊なのだと感じる。

タイトルとは関係のない話に終始してしまった(^^;)
f0138096_1355979.jpg

f0138096_1361494.jpg

f0138096_1362447.jpg

f0138096_1363773.jpg

f0138096_1365139.jpg

上の5枚、Sさん撮影
f0138096_138517.jpg

f0138096_1381445.jpg

f0138096_138236.jpg

f0138096_1383244.jpg

f0138096_1384077.jpg

上の5枚、H原さん撮影
f0138096_139396.jpg

f0138096_1391278.jpg

f0138096_1392088.jpg

上の3枚、まっくさん撮影
by tarumae-yama | 2016-04-04 07:01 | 北海道100名山 | Comments(2)
Commented by U at 2016-04-04 07:38 x
残念なお天気でしたが、『風不死岳の妖精』疑惑で大笑い。
楽しいお山散歩でした。
ありがとうございました。

また 妖精チャン とご一緒させてください(^^)

Commented by tarumae-yama at 2016-04-04 09:15
Uさん
コメントを有り難うございます。
風が強くて眺望も得られず、残念な風不死岳でした。
ラジオの声には笑ってしまいましたね。
でも、不思議ですね。妻の悪ふざけだったのかも。

次回は晴天と眺望を期待したいですね。
名前
URL
削除用パスワード
<< 紋別岳、4月4日 北尾根から風不死岳、4月2日 >>