白老岳と北白老岳、3月28日

集合時刻前に二の沢川林道ゲートに到着すると、すでにMご夫妻の車が停まっていた。
我々何時ものメンバーに、今回は苫小牧のOKUさんが初参加となった。

挨拶後、早速林道をスノーシューでスタート、早めに壊れかけたスノーブリッジを渡り左岸の尾根へ。
スノーモービルの跡が途中まであり、出だしからプラスの気温だったけれど、スノーシューは埋まる事なく白老岳手前のピークに立った。

3月10日にこの山で滑落事故死があったばかりだし、私もその翌日28mもスリップしたから、随分と気を引き締めて白老岳の最後の急斜面に取り付いた。
だが、今回はその時よりずっと雪面の条件が良くて、我々はすんなりと頂上に立った。
むしろ、雪解けが進み、頂上付近はハイマツがそこそこ露出していた。
半月後は、このハイマツがやっかいになっているかも知れない。

頂上から北白老岳に向かう急斜面の下りも、11日とは大違いでスノーシューで全く問題がなかった。
北白老岳への登りもすんなりだったけれど、尾根歩きは思わぬところで落とし穴に填まることがあった。
これからはこの落とし穴に気が抜けないと思う。

北白老岳の稜線歩きは、支笏湖やその周辺の山々が、更には無意根山や余市岳、狭薄山、空沼岳などが望めるという贅沢なもの。
晴天の下、同行者には二つのピークの初登とそこから広がる光景に大満足の様子にみえた。

山行記録
ゲート前08:00→白老岳09:47~10:06→北白老岳10:55~11:00→途中で昼食→ゲート前12:35
f0138096_2342913.jpg

どんよりとした曇り空のスタート
f0138096_234404.jpg

1時間ほど歩いたところにある枝のアーチのところで記念写真
f0138096_2345097.jpg

白老岳の手前のピークに到着寸前
f0138096_235059.jpg

奥に白老岳
f0138096_2351293.jpg

白老岳の頂上はすぐ先。ハイマツが露出してきている
f0138096_2352224.jpg

風がそこそこ強いので、北白老岳に向かう
f0138096_2353096.jpg

3月10日滑落死した男性は、この急斜面だったのだろうか。今回は危険とまでは感じなかった
f0138096_2353771.jpg

すっかり晴れてきた。バックに白老岳。大して急斜面には見えないが、木のあるところを選んで下りた
f0138096_2354699.jpg

北白老岳(左端)に向かう
f0138096_2355644.jpg

稜線は近い
f0138096_236583.jpg

稜線に出て前方の北白老岳に向かう。遠く前方に無意根山
f0138096_236137.jpg

中央に支笏湖。左に恵庭岳、右に風不死岳。真ん中に紋別岳
f0138096_2362369.jpg

恵庭岳をアップで。前日この頂上の岩塔に立った
f0138096_2363181.jpg

前方に尻別岳を見ながら下山。右に羊蹄山が霞んで見える
f0138096_2364176.jpg

中央に白老岳、すぐ右に南白老岳
f0138096_2365115.jpg

白老岳と南白老岳の間にホロホロ山や徳舜瞥山が白く輝いている
f0138096_237027.jpg

林道に出た。後ろに小さく白老岳
by tarumae-yama | 2016-03-30 07:03 | 登山 | Comments(4)
Commented by コズ at 2016-03-30 08:54 x
デジカメさんおはようございますお疲れ様でした
白老岳、今回はすんなり登頂できて良かったですね~
行きたかった~残念!
お天気も良かったので北白老岳も良かったですね!
やっぱりお天気なら何倍も楽しめますね!これから春山シーズンお天気なら平日の支笏湖を徘徊したい気分です
又宜しくお願いします~
Commented by tarumae-yama at 2016-03-30 22:46
コズさん
コメントを有り難うございます。
今回の白老岳は晴天と眺望に恵まれました。
北白老岳からの眺望を前回のコズさん達にお見せしたかったです。
そろそろ雪山終盤かと思いますが、ご希望なら平日にお誘いします。
出来れば漁岳から様茶平を歩きたいと思っています。
いかがですか?
Commented by tamataro1111 at 2016-03-31 08:42
 お早うございます。
北国にも遅い春が近づいているようですね。
写真で観る限り雪も春山らしく感じられます。
事故が遭ったのですね。アイスバーンだったのでしょうか。? ?
Commented by tarumae-yama at 2016-03-31 14:55
tamataro1111さん
コメントを有り難うございます。
このところの陽気で、北海道もすっかり春気分です。
山もズボズボと埋まるようになって、雪山もそろそろ終盤ですね。

白老岳の事故、カリカリのアイスバーンと言うほどではなかったと思います。
アイゼンなら問題なかったのでしょうが、スノーシューでは微妙だったかと知れません。
ケガは致命的ではなかったようで、死因は低体温症とのことでした。
名前
URL
削除用パスワード
<< ザゼンソウ ついにネズミを捕獲したのだが・・・ >>