想いで

家にじっとしているのが苦手な私は、結婚してからも妻とあちこちにドライブしたり、退職後は車中泊で本州へ一月間の旅(100名山登山)に何度も出かけた。

カメラも好きだから、おびただしい数の写真がアルバムに収まっている。
ただ、ブログを始めて9年、妻は痩せていることをかなり気にしていたので、ブログに登場する事をかたくなに拒んできた。

今回、ブログに載せた写真は、通夜の時にスライドで紹介した18枚の写真の一部である。
遠方や仕事などで参列できなかった知人にも見てもらいたくて4枚だけアップしたけれど、妻の気持ちを考えるとかなり迷った。
しかし、こうしてブログに残すことで、元気だった頃の妻に私は何時でも会うことができる。

後ろの2枚は、大阪のKご夫妻に案内され、16日間もチェコの世界遺産などを巡った時の写真で、妻と私にとっては生涯忘れることの出来ない素晴らしい旅となった。
中でも4枚目の写真は、妻のこれ以上ない笑顔で、とても楽しそうだ。
f0138096_2244532.jpg

2004.6.30 沓形コースから利尻山への途中、三眺山のピークにて
f0138096_2245487.jpg

2007.9.30 月山にて
f0138096_225672.jpg

f0138096_2251910.jpg

上2枚、2011年5月、Kご夫妻にガイドされ4名でウイーンやチェコを旅したときに撮影したもの
by tarumae-yama | 2016-02-25 06:48 | その他 | Comments(22)
Commented by ポッケ at 2016-02-25 09:04 x
記憶に残っているとはいえ、写真や音楽はその時の気持ちを
瞬時に鮮明に思い起こさせてくれるので、いいものですよね!
 
最後の写真の笑顔は、素晴らしいです
 
この写真をみて、今後tarumae-yamaさんは
笑顔になるときもあれば、涙することもあると思いますが
笑顔でまたお会いできればと思います
  
Commented by hiroko at 2016-02-25 10:50 x
どれも素敵な写真ばかりです。
お二人の笑顔も素敵です。

Commented by ピータンまま at 2016-02-25 20:51 x
とても素敵なお写真ばかりです。
奥様の笑顔はこちらまでつられて微笑んで
しまいそうです。
いつも写真を撮る側で
タルさんご自身登場することは
少ないのですが、表情が全く違いますね!(*^_^*)

お山の情報発信も楽しみですが
プライベートな部分の思い出写真も
いいと思います
どんどんアップして下さい!
タルさんのブログなのですから
Commented by maatota at 2016-02-26 00:46 x
拡大して見ましたよ。
どれも素敵な写真ですねぇ。
4枚目のクーさんの笑顔は、おしゃべりした時を思い出します・・・
そうですよ、tarumaeさんのブログですもの、自由にどんどんアップして下さいよ。
tarumaeさんのブログの一番のファンは、クーさんだったのでしょうが、他にもファンはいっぱい居ますからね。
溜め読みですみませんが・・・ (+o+)
Commented by at 2016-02-26 05:28 x
素敵な旅を奥様と沢山なさったんですね。
奥様、素敵な笑顔です。
奥様もtarumae-yamaさんに沢山感謝していると思います。
Commented at 2016-02-26 11:37 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by eikou711 at 2016-02-26 21:52
いい写真ばかりですね。
4枚目の写真、笑顔は海外ならではの解放感からくる笑顔かもしれませんね。
お二人の山の写真、夫婦で共有できるって素敵ですね。
なかなかできることではないと思います。
山をしている方々がよく言っていました、一緒に登れるっていいねと。

素敵な写真ありがとうございます。




Commented by tarumae-yama at 2016-02-26 23:26
ポッケさん
コメントを有り難うございます。
写真を見ることで、当時をクッキリと思い出すことが出来ますね。良いことばかりとは言えませんが(^^;)

一人で家にいると全くしゃべらないで一日が終わるようで、これは精神的に良くないですね。
思い出に浸ってばかりいないで、積極的に外出しようと思います。
また山を一緒しましょう。
Commented by tarumae-yama at 2016-02-26 23:31
hirokoさん
コメントを有り難うございます。
葬儀の前、午前2時過ぎまでかかって選んだ写真です。
ベッドの妻を見ていて、身体がしんどいと笑顔が出ませんね。
hirokoさんも体調を取り戻し、笑顔で山に行ける日が近いことをお祈りしています。

Commented by tarumae-yama at 2016-02-26 23:40
ピータンままさん
コメントを有り難うございます。
表情が全然違いますか?
さすがに見ていますね。樽前山の時とは大違いかも。
実は、妻から、ツーショットの写真が少ない上に一緒に撮ってもムスッとした表情だと何時も不満そうに言われていました(^^;)
外面が良くて内面が悪い典型的な夫です。
因みに、4枚目の写真、笑顔一杯の妻ですが、右端の後ろ姿のくたびれ気味の男性が私です。

ところで、ずっとブログの更新がなかったので、体調を崩されたのかと心配していました。

今年は雪解けが早そうですから、山のスタートも早まりそうですね(^o^)
Commented by tarumae-yama at 2016-02-26 23:51
maatotaさん
コメントを有難うございます。
大山で知り合って以来、北海道と九州で(本州でも)何度もお会いしましたね。妻もいろいろターさんとの楽しいお喋りを思い出して天国で微笑んでいると思います。
妻は私のファンと言うより、時々ブログの文章をチェックする厳しい校正員だったかも知れません。
これからは私が校正員兼用です。

今年はぜひ紅葉登山に来道して下さい。
勿論、花の最盛期にも。
Commented by tarumae-yama at 2016-02-26 23:55
yさん
コメントを有難うございます。
お互いに旅と温泉が好きでしたから、現職時代も年休をフルに使ってあちこち飛び回っていました。
まだこれからも10年は二人で飛び回っていたかったですね。
残念です。
Commented by tarumae-yama at 2016-02-27 00:01
鍵コメさん
コメントを有難うございます。
献身的に介護をしたという思いは全くないですね。
入院中は1日も欠かさず通いましたが、もう少しあれこれ話しをしたり、もっと足をさすってあげれば良かったなどなど後悔の念が強いです。

昨年の恵庭岳以来、お会いすることがありませんね。
山でご挨拶出来る機会があれば嬉しいです。
Commented by tarumae-yama at 2016-02-27 00:13
eikou711さん
コメントを有難うございます。
4枚目の写真の笑顔の理由は、海外での開放感もあると思いますが、22年間のお付き合いがあるKさんに対する信頼感からでしょうか。

山で会話の弾むご夫婦を見ていると羨ましくなります。
私も何時もそう心がけたいと思いつつ、熊鈴が辛うじて聞こえるくらい先を歩いているのが常でした(^^;)
体調を崩して、5年前の富良野岳と昆布岳を一緒に登ったのが最後になりました。
eikou711さん達ご夫婦の溌剌とした若さが羨ましいです。
北海道にいる間、沢山の山を楽しんで下さいね。
Commented by まっく at 2016-02-27 00:20 x
お二人で楽しめる時間があるというのは羨ましいことです。

写真の笑顔、素敵です。
Commented by tarumae-yama at 2016-02-27 09:11
まっくさん
コメントを有難うございます。
もっと二人で老後を楽しみたかったですね。
とても寂しいことです。
ご家族などを一層大切にして上げて下さいね。

明日、久しぶりにお会い出来るのが楽しみです。
Commented by マリ at 2016-02-27 17:00 x
涙が出ちゃいますね。
私もここに来たらいつでもクーさんに
会えるのでうれしいです。

さきほど受け取りました。
わざわざありがとうございます。
ここでお礼は失礼かと思いましたが、
お電話するとまた涙が溢れてしまいますので・・・。
Commented by M夫人 at 2016-02-28 19:31 x
とても素敵な写真ばかりですが、四枚目の写真の奥様の表情が本当に幸せそうな笑顔で素敵です。
一緒に写っているtarumae-yamaさんの表情も柔らかくて本当に素敵なご夫婦だなと思いました。
まだ涙する時もあるかもしれませんが、きっと奥様も笑顔のtarumae-yamaさんが好きだと思うのでこれからも笑顔でいてください。
Commented by tarumae-yama at 2016-02-28 23:41
マリさん
コメントを有り難うございました。
妻はマリさんの生き方考え方に共鳴していました。
九州に転勤になる前に会ってお話をしたかったようです。
異動の準備で大変でしょうが、落ち着きましたら家内(のブログの写真)に会いに来て下さいね。
子育ても頑張って下さいね。
Commented by tarumae-yama at 2016-02-28 23:45
M夫人さん
コメントを有難うございます。
やっばり写真の笑顔ではなく、生きてる本人の笑顔が見たいという今では叶わぬことを願っています。
無念という気持ちですが、山で一緒するMご夫妻の明るさに励まされています。
Commented by 青柳 章 at 2016-02-29 16:46 x
2月28日18:40久しぶりにみた畠山さんのブログでご令閨の訃報を知りました。ご冥福を祈ります。
  神奈川県大和市 青柳章 美子
Commented by tarumae-yama at 2016-03-01 00:12
青柳さん
ご無沙汰しております。
もう少し頑張ってくれることを願っていましたが、残念です。

もし次回コメントをいただくことがあれば、本名ではなくtarumae-yamaと入れて頂ければ有り難いです。
名前
URL
削除用パスワード
<< 想いでⅡ、ショパンのノクターン... Sさんから山の写真 >>