Sさんから山の写真

2月20日、くーたさんをリーダーにオコタンペ山から漁岳に登り、小漁山を経由してオコタンペ湖を横断するという山行に同行したSさんから沢山の写真が送られて来た。
本当なら、私も同行する予定だったのだが。

初対面の方が多く、8名のパーティーをまとめてもらうことになったくーたさんには本当にお世話になり、それ以上にご迷惑をおかけした。

天気予報は良い方に外れ、漁岳の頂上では青空の下羊蹄山もクッキリだったようだ。
このルートを熱望していたnaotoさんも、兵庫からはるばるやって来たすみたこさんも大満足したらしい。

16日に妻をガンで亡くし、通夜、告別式、昨日の初七日と怒濤の日々を過ごした。
とても落ち込んでいる場合でも、遺影の前に座って静かに語りかけるような状況でもなかった。
それでもたった一人で摂る夕食は、さすがに侘しい。
これが何年も続くのかと思うと、いたたまれない。

失ったものはあまりにも大きいけれど、何時までもふさぎ込んでいるのは妻も喜ばないだろうから、3月から山を再開しようと思う。
近くの公園散歩もままならず、筋力が随分落ちたと思うので、復帰第1号はお手軽な紋別岳に登ろうかと。
f0138096_211494.jpg

f0138096_2122100.jpg

f0138096_2121354.jpg

f0138096_2122613.jpg

f0138096_2123628.jpg

f0138096_2124741.jpg

f0138096_212582.jpg

f0138096_213751.jpg

f0138096_2132063.jpg

f0138096_2133182.jpg

f0138096_213409.jpg

f0138096_2134930.jpg

f0138096_2135810.jpg

全てSさんの撮影。写真の上でクリックすると大きくなります
by tarumae-yama | 2016-02-23 07:17 | 登山 | Comments(20)
Commented by infiniti_q45_213 at 2016-02-23 11:59
この度はご愁傷様でした。

奥様のご冥福とtarumae-yama様が
前を向いて生きていける事を
心からお祈りしています。
Commented by まっく at 2016-02-23 19:14 x
この度は本当にご愁傷さまでした。
初七日も終えられたとのことで、
少し落ち着かれていることと思います。

僕も両親が亡くなったあとは、悲しんでいる暇がないくらいの毎日だったことを思い出します。

さて、20日ですが急きょ欠席させてもらいました。
職場でインフルエンザが流行っていて、罹患者の代わりに出勤になってしまいました。

写真を見ると皆さん漁岳から小漁岳まで行かれたようですね。
行って見たかったルートなので是非リベンジしたいです。
僕も最近運動不足なので、体力をつけて準備したいです。

ではまた。
Commented by maatota at 2016-02-23 23:37 x
tarumae-yamaさんの体と心が強靭で良かったぁ。
そうですね、クーさんのためにも、今までのようにハツラツとされて下さい。
食事は、手抜きしても、綺麗な盛り付けにしたら、きっと美味しく食べれますよ。
クーさんからのご指導はありましたか?
食事は大切ですからね。
クーさんの言いつけどおり、バランスの良い食事をされて下さいね。お二人で食べていらしたケーキは、半分は明日に・・
Commented at 2016-02-24 00:12 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-02-24 19:39 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tarumae-yama at 2016-02-24 20:49
まっきぃさん
コメントを有り難うございます。
今は日ごと寂しさがつのっていくのかも知れません。
いま暫くは思い出に浸って、来月から山を再開し皆さんから元気を分けてもらおうと思っています。
Commented by tarumae-yama at 2016-02-24 20:55
まっくさん
コメントを有り難うございます。
私の場合、両親の死に際しては今回ほど寂しいとも辛いとも思わなかった気がしますが、妻の場合は特別な感情が湧いてきます。

20日の件は、天気が予想外に良かっただけに本当に残念でしたね。
インフルエンザは大丈夫ですか?
このルートを3月に計画しましょうか?
晴れていれば、オコタンペ湖から漁岳や小漁山の歩いてきた稜線が眺められて感動が大きいと思います。
Commented by tarumae-yama at 2016-02-24 21:03
maatotaさん
コメントを有り難うございます。
身体はともかく心は全然強靱ではありません。
情けないですが、寂しさに涙しています。

美的感覚がないので、家内のように綺麗に盛り付けることは出来ないですね。
まあ、3食しっかり食べようとは思います。
野菜も意識的に。
Commented by tarumae-yama at 2016-02-24 21:11
鍵コメさん
コメントを有り難うございます。
まだ10年は一緒に老後を楽しみたかったですね。
残念で無念です。

お忙しいでしょうから私から山に誘うことはありませんが、都合のつく日を連絡していただければ、喜んで知人にも声をかけて一緒したいと思います。
Commented by tarumae-yama at 2016-02-24 21:16
鍵コメさん
コメントを有り難うございます。

12月に入れたという家内のコメントを読みました。
その頃は家でかなり体調が悪く、自分のタブレットでブログなどを見ることがほとんどなくなっていました。
一番のお気に入りブログでしたから、体調の良いときにコメントを入れたのだと思います。

元気を取り戻したならそちらにドライブしたいと言っていたので、それが叶わず残念です。
Commented by zeropo7 at 2016-02-24 21:36 x
こんばんは。

この度はtarumaeyamaさんに元気の出るような言葉が中々見つかりませんが、山に登って元気が少しでも出るのなら、お供致します!

優しい笑顔がまた見たいです(^_^)
Commented at 2016-02-24 21:50 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-02-24 23:19 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tarumae-yama at 2016-02-25 08:52
zeropo7さん
お早うございます。
今日の千歳は晴天です。
木曜日ですから、きっと山に行かれているのでしょうね。
行きたいと言っていた樽前山、風不死岳北尾根、オコタンペ山辺りならご一緒します。
都合のつく日をメールしていただければと思います。

寂しさは時が少しずつ薄れさせてくれるのかも知れません。
Commented by tarumae-yama at 2016-02-25 08:56
鍵コメさん
お早うございます。
弔電を有り難うございました。
3月になれば春の陽気に包まれ、少しは元気を取り戻し山に向かっていると思います。
花のシーズンが待ち遠しいですね。
Commented by tarumae-yama at 2016-02-25 09:02
鍵コメさん
お早うございます。
気にかけていただき有り難うございます。

平日に登るなら誘って欲しいとのこと、私の山友と一緒で構わないのならOKです。
非公開コメントでメールアドレスを教えて下さい。
Commented at 2016-02-27 16:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-02-29 16:18 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tarumae-yama at 2016-03-01 00:05
鍵コメさん
コメントを有り難うございます。

昨日、鍵コメさんのことをH原さんからお聞きしました。
ブログを見ていただいているそうで、有り難うございます。
支笏湖周辺の山ばかりですから食傷気味とは思いますが、これからもよろしくお願い致します。
Commented by tarumae-yama at 2016-03-01 00:08
鍵コメさん
コメントを有難うございます。
ブログを少し拝見しました。
ベテランとお見受けしましたから、私(達)に同行をお願いするまでもないと思います。
でも、近日中にメール致します。
名前
URL
削除用パスワード
<< 想いで KOKIA、「ありがとう」 >>