樽前山、2月8日-その2-

昨日、2ヶ月毎に通っている内科医院で血液検査と胃カメラ検査を受けた。
この医院で前回胃カメラを飲んだのは4年前のこと、看護師さんの話ではオリンパス製の胃カメラは昨年更新したとのことで、4年前より画像がずっと鮮明になったらしい。

胃に2mmほどの(良性?の)ポリープがあり、血液検査では腎臓の機能が低下しているとのこと。
まあ、歳も歳だから腎臓の機能低下もポリープも他人事のように聞いてきた。
もっとも、胃にがんが見つかり、それもいきなりステージⅣと言われたなら狼狽えると思うけれど。

タイトルとは関係のない話が長くなってしまった(^^;)

樽前山の-その2-に行こうと思う。
932m峰に向かったのは、2日前に登った風不死岳の樹氷がとても感動的だったので、932m峰からもう一度風不死岳の樹氷が見たかったからなのだが、残念ながら北尾根のような見事なものではなかった。
それでも、放射冷却による逆転層の上から、羊蹄山の他に芦別岳、夕張岳に遠く日高山脈まで頭を見せ、眺望は素晴らしかった。

今、樽前山はゲートから3kmほど先で伐採作業が行われているためか、5合目ゲートまで除雪されている。
苫小牧側も除雪されていて、丁度我々が道道を歩いている時に、伐採作業の関係者の車が支笏湖側からも苫小牧側からもやって来た。

5合目のゲートから先ヒュッテまでは、ゲートは開放されているものの除雪はされていない。
我々が頂上からヒュッテまで下りてきたとき、テレマークスキーのカップルが下山して行くところだったが、除雪区間が滑りにくいとこぼしていた。

今回の樽前山、前日の降雪で20cmほどのラッセルとなったけれど、東山の斜面は相変わらず積雪が少なくて、ボードやスキー(の滑走)には快適とはとても言えない状況だった。

山行記録
932m峰09:56→外輪山分岐11:41~11:47→東山頂上11:58~12:02→ヒュッテ12:35~12:40→5合目13:19(スノーシューからつぼ足)→ゲート14:10

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_2131323.jpg

932m峰頂上
f0138096_2132484.jpg

f0138096_2133218.jpg

コルにデポしていたザックを回収
f0138096_2134142.jpg

f0138096_2134969.jpg

溶岩ドームが頭を出している
f0138096_2135862.jpg

f0138096_214624.jpg

スノーシューからつぼ足になって進むSさん
f0138096_2141473.jpg

下層のもやが薄れ羊蹄山が綺麗に見えだした
f0138096_2142268.jpg

荒々しい溶岩ドームをバックに
f0138096_2143127.jpg

噴煙と左端に西山
f0138096_2144198.jpg

f0138096_2144950.jpg

外輪山分岐でMご夫妻から何時ものロールケーキをいただく。バックに東山頂上部
f0138096_2145715.jpg

f0138096_215743.jpg

f0138096_2151652.jpg

f0138096_2152526.jpg

東山頂上からスノーシューのまま急斜面を下る
f0138096_2153283.jpg

f0138096_2154446.jpg

ただ一人山でスライドした男性は、苫小牧の静雲クラブのNさんとか。足下はアイゼンだった
f0138096_2155670.jpg

Nさんは夏道を登ってきたようだが、我々はヒュッテ目指し直行
f0138096_21342590.jpg
ゲートから3kmほどの所に出来た伐採作業現場

by tarumae-yama | 2016-02-11 07:27 | 樽前山 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 除雪機、初出動 山専ボトルの中せん >>