樽前山、2月8日-その1-

快晴、風の強さも2月の樽前山では考えられないような穏やかさ。
これ以上は望むのは欲深すぎると思わせる素晴らしい景色に歓声を上げながら932m峰のピークに立ち、溶岩ドームを反時計回りに歩いて東山の頂上を踏んだ。

ここまで登山者にスライドすることなく、我々5名で独占した山。
冬の樽前山は何度も経験しているけれど、格別感動的な樽前山だった。

山行記録
ゲート前06:35→5合目ゲート07:26→ヒュッテ08:20→932m峰09:48

同じような写真が多いけれど、写真の上でクリックして大きなサイズでご覧下さい。
f0138096_7552833.jpg

つぼ足でスタートし、5合目ゲートの先からスノーシューを履いた
f0138096_7553961.jpg

ヒュッテの近くから、正面に樽前山
f0138096_7555199.jpg

トイレの横から林に入り、少し登ってから東山の斜面をトラバースして932m峰を目指すつもりだったが、ヒュッテ前からお花畑コースにトレースがあったため急遽ルートを変更
f0138096_756099.jpg

だが、林を抜けるとトレースが風で消え、後は先頭を行くMさんの判断にまかせて932m峰へ。右手に支笏湖
f0138096_756983.jpg

右手前方に目指す932m峰
f0138096_7561786.jpg

前方に2日前に登った風不死岳。右に支笏湖と右端に紋別岳
f0138096_7562671.jpg

f0138096_7563487.jpg

f0138096_75646100.jpg

中央やや右に羊蹄山が見えてきた
f0138096_7565417.jpg

前方に932m峰
f0138096_757410.jpg

f0138096_7571367.jpg

雪庇の上で。Sさん以外ザックをコルにデポして
f0138096_7572135.jpg

f0138096_7573159.jpg

f0138096_7573965.jpg

振り返ると正面に溶岩ドーム
f0138096_7574890.jpg

正面にホロホロ山、左端にオロフレ山、右端に白老3山。写真では感動が薄いが肉眼ではホロホロ山が白く輝いて峻烈の美しさだった
f0138096_7575659.jpg

f0138096_758429.jpg

932m峰頂上
f0138096_7581660.jpg

ウサギの足跡を入れて、奥に風不死岳
by tarumae-yama | 2016-02-09 08:23 | 樽前山 | Comments(10)
Commented by infiniti_q45_213 at 2016-02-09 09:00
お疲れ様です!
この日は絶好の山日和でしたね!

ワタクシは午前10時頃にホロホロ山の
山頂に立って樽前山を見ていましたが、
2.0の視力でもさすがに皆さんの姿までは
確認することが出来ませんでした。

午前5時頃に大滝村のトイレでMご夫妻を
お見かけして支笏湖方面に走って行ったので、
どこに登るのだろうと思っていました。
Commented by tarumae-yama at 2016-02-09 09:17
まっきぃさん
お早うございます。
この日は最高でしたね。
実は、今日はまっきぃさんご夫妻はどこに登っているのかと話題になりました。
下山中、あの長い林道歩きでまっきぃさんの(ブログの)宣伝を愛読者のM夫人がれいこさんに盛んにしていたので、読者が一人増えたと思います。
このコメント、M夫人も見ていると思われ、きっとトイレでお会いしたと知ってビックリしているかも。
Commented by zeropo7 at 2016-02-10 06:10 x
お早うございます。

快晴の樽前山、どれも素晴らしい景色の写真ばかりですね!

私も是非行ってみたいです。

やはり、ピッケルやアイゼンは必要ですか?

Commented by zeropo7 at 2016-02-10 06:10 x
お早うございます。

快晴の樽前山、どれも素晴らしい景色の写真ばかりですね!

私も是非行ってみたいです。

やはり、ピッケルやアイゼンは必要ですか?

Commented by zeropo7 at 2016-02-10 06:18 x
ごめんなさい、2回も同じコメントおささったみたいです。。。
Commented by tarumae-yama at 2016-02-10 08:38
zeropo7さん
お早うございます。
私のブログは、コメントが少ないので2回でも5回でも歓迎です(^o^)
厳冬期の樽前山で、これだけ穏やかな日はそうないと思います。
われわれは大変幸運でした。
往復の林道歩きは結構しんどいですが、こんな光景が待っているなら登る価値はありますね。
雪(氷)の状態によると思いますが、しっかりしたアイゼンはあった方が良いと思います。
我々は持参しました。
今回のような932m峰に登るようにトラバースし、外輪山から東山や西山に向かうならスノーシューでも大丈夫ですが、それでも斜面の状態によることと山岳用のスノーシューという条件付きです。
下山は、東山から真っ直ぐ急斜面をスノーシューで下りましたが、結構緊張しました。
今回溶岩ドームの周回区間、アイゼンやつぼ足では埋まり、スノーシューが必要だったので、用具の選択や持参には悩みますね。
Commented by ぶるまま at 2016-02-10 09:51 x
溶岩ドームの写真きれいですね~♪
この日はお天気も良かったですよね。
実は・・・七条大滝&氷濤まつりを楽しんでいました。
すべり台は子供達に占領されていたので
今年は残念ですが諦めました。
スノーシューとアイゼンがあれば樽前山OKなのですね。
7合目まで歩くのもリハビリに丁度いいかも!!かな。
Commented by izumisawa at 2016-02-10 09:54 x
こんにちは、素晴らしい天気でしたね。
先週、樽前山に登ろうとしましたが、国道からの入口が作業中のため諦めて、紋別岳に行きました。
歩いて通れるのは大丈夫でしたか?
Commented by tarumae-yama at 2016-02-10 21:43
ぶるままさん
コメントを有り難うございます。
同じ日、支笏湖だったのですね。
今年の氷像は雪が交じっていなくて氷の質が良いそうですから、楽しまれたことと思います。

樽前山、7合目までで引き返すのは勿体ないですね。
もう10分歩けば支笏湖がクッキリと望めます。
ここまでならアイゼンは必要ありません。
Commented by tarumae-yama at 2016-02-10 21:51
izumisawaさん
今晩は。
年末の風不死岳以来、今年はまだ一度もご一緒していませんね。
樽前山に登りながら、メールが来ないなぁ~と考えていました。

次第に状況が厳しくなってきているので、もうしばらくすると午前中といえども山どころではなくなるかも知れませんが、都合がつけばご一緒します。

我々はゲートを6時35分に出ましたが、途中伐採作業員の通勤の車に追い抜かれたり、苫小牧方面からも車がやって来ましたが、注意されることはありませんでした。
ただ、除雪されているので、5合目まではスキーでは苦労すると思います。
名前
URL
削除用パスワード
<< 山専ボトルの中せん 風不死岳、2月6日-同行者から... >>