風不死岳、2月6日

前日の予報はパッとせず、遠方から来る山友のガッカリを考えると決行には逡巡するものがあった。
だがしかし、登っている最中に僅か一時雲が増し雪も降って来たけれど、頂上到着と同時に雲が切れ視界が開けてきた。
そして、下山を開始する頃には支笏湖や樽前山、恵庭岳もクリアに見られるようになった。
多峰古峰山の奥には白老3山やホロホロ山等も出現。
太陽が元気になると、青空をバックに樹氷が白く輝き出し、夢中になって撮った。

帰宅途中雪が降ってきて、午後の病院からは、晴れていると樽前山から風不死岳、恵庭岳、空沼岳等の山並みが見られるのだが、風不死岳がスッポリと雪雲に隠されていた。
我々は実に絶妙なタイミングで登ったのかも知れない。

山行記録
林道ゲート前06:51→頂上09:03~09:26→林道ゲート10:38
f0138096_9134975.jpg

駐車場からH原さんのみがアイゼンを装着、他の6名はスノーシューを履いてスタート
f0138096_9135738.jpg

4合目の先、傾斜がきつくなるところで6名はスノーシューをデポしてアイゼンに換装
f0138096_914781.jpg

途中、青空が広がり恵庭岳もクッキリ、笑顔のまっくさん
f0138096_9141672.jpg

だが、8合目付近では雲が増して雪が飛んでくるようになった
f0138096_9142666.jpg

頂上は目前
f0138096_9143556.jpg

頂上到着と同時にガスが切れて視界が開けてきた
f0138096_9144446.jpg

頂上で撮影中のSさんとまっくさん
f0138096_9145282.jpg

樽前山溶岩ドームからの噴煙も見える。奥に太平洋。我々は風不死岳で誰にもスライドしなかったけれど、帰宅途中樽前山のゲート付近に10台ほどの車があったから、樽前山には結構な登山者だったのだろう
f0138096_915193.jpg

下山開始
f0138096_9151099.jpg

Mさんの後ろには白老3山やホロホロ山などが見えている
f0138096_9151864.jpg

M夫人の前方には紋別岳が見える
f0138096_9152732.jpg

Mご夫妻
f0138096_9153699.jpg

樹氷の中を下山する同行者。奥に恵庭岳
f0138096_9154410.jpg

太陽が出ると樹氷が輝き、幻想的な光景が広がる。1月31日に登った時はスノーシューで快調に頂上まで行けたけれど、今回5合目から上では吹き溜まりが結構あって、前回より苦労を強いられた
by tarumae-yama | 2016-02-07 09:40 | 北海道100名山 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 風不死岳、2月6日-同行者から... 風不死岳、2月6日-速報版- >>