多峰古峰山、1月23日

2日連続で多峰古峰山に登り、それなりに状況を記事にしたためこれ以上詳細に書く気はないのだが、昨日下山時に札幌からの男性3人パーティーとスライドした。
彼らの車はどこに停めたのか不明だが、苔の洞門までの間に2,3ヶ所路肩が除雪されていて、そこに縦列で3台の車があったから、それが彼らのものかも知れない。

多分だが、日曜日は伐採作業が休みだと思うので、閉じられたゲートの前に1,2台は停められると思う。
そして頂上までのルートは、23日に我々5名と3名のトレースで一級国道並み?にしっかり踏み固められたから、その後大雪にでもならない限りそのトレースを使えると思う。

まあ、タフなくーたさんのように頂上まで急な尾根を直登するなら別だが。
ところで、3名パーティーの一人から、この山は最近人気が出て来たねと言われたのだが、それは事実なのだろうか?

私が最初に登ったのは丁度10年前のことで、それ以来毎年登っているけれど、たまにソロやガイドに先導されたパーティーに会ったくらいで、何時もマイナーな山と思っていたのだが。

ただ、晴れているならとても眺望が良く、紋別岳のように短時間で登れるお手軽な山だ。
なので、せめて風不死岳北尾根登山口近くの駐車帯並みのスペースがゲート近くにあるなら、(紋別岳のような目障りな人工物もないし)もっともっと人気が出るはずとは思う。

山行記録
ゲート前07:14→頂上08:59~09:34→ゲート前10:48
f0138096_1391153.jpg

バックに恵庭岳、停まっている車は伐採作業関係者のもの
f0138096_1392482.jpg
中央上に同行者が見える

f0138096_1393372.jpg

f0138096_1394289.jpg

f0138096_1395053.jpg

f0138096_1310084.jpg

f0138096_1310765.jpg

羊蹄山をアップで。前日は頂上部に雲があったけれど、今日はスッキリ
f0138096_13101453.jpg

多峰古峰山頂上標識の前で記念写真
f0138096_13102178.jpg

f0138096_13103114.jpg

f0138096_13104018.jpg

f0138096_13104820.jpg

f0138096_13105545.jpg

Mご夫妻から何時もの様にロールケーキのお裾分け
f0138096_1311271.jpg

雪庇に出来たツララを撮影するH原さん
f0138096_1311103.jpg

れいこさんも同じツララを撮影
f0138096_13111754.jpg

f0138096_13112454.jpg

f0138096_13113116.jpg

f0138096_13114127.jpg

倒木からジャンプしたれいこさん
f0138096_13114854.jpg

倒木からジャンプするM夫人。2枚ともタイミングが悪かった(^^;)
f0138096_13115590.jpg

2日連続で多峰古峰山に登って唯一スライドしたのは札幌からのベテラン3人パーティー
f0138096_1312558.jpg

by tarumae-yama | 2016-01-25 07:04 | 登山 | Comments(2)
Commented by くーた at 2016-01-25 22:40 x
こんばんは!
昨シーズンに訳も分からぬまま直登しましたが、悪天候で展望ゼロでしたので新鮮な風景です。
ここは駐車に困りますよね。向かいの歩道も普通車では乗り上げるのも一苦労ですし(^_^;)
ちなみにこの山ですが「北海道スノーハイキング」という初級者向けの冬山ガイド本に載っているそうですよ!

それにしても、同じ支笏湖周辺でも南側はずいぶんと笹が出ていますね。今年は雪解けも早いとの予報ですし、残雪期の歩き易い時期はすぐに終わってしまいそうですね。
Commented by tarumae-yama at 2016-01-26 11:10
くーたさん
コメントを有り難うございます。
晴れならこの山は支笏湖の一級の展望台だと思います。
ぜひまた挑戦して下さい。
昔は、ゲートの先の路肩が除雪されていて、そこから適当に沢を登り稜線にでました。くーたさんならその方が面白いかも知れません。
「北海道スノーハイキング」は発売されてすぐ買いましたが、殆ど読んでいません(^^;)

紋別岳や多峰古峰山は恵庭岳や漁岳などよりはずっと雪が少ないようですね。

ところで、空沼岳から漁岳を計画しているようですが、樽前山から多峰古峰山の縦走も面白いです。
駐車スペースに戻ってこられるので、単独でもOKです。
2010年4月17日に歩きました。
http://tarumaezan.exblog.jp/13450823/
名前
URL
削除用パスワード
<< 七条大滝、1月23日 多峰古峰山、1月23日-同行者... >>