イチャンコッペ山と幌平山、12月20日-その1-

イチャンコッペ山登山口の駐車場に8時前には全員合流。
札幌組は積雪の少なさに驚いている様子、持参したスノーシューやアイゼンを携行するかどうかで一寸協議があった。

昨年も同じ時期の12月21日に登っているのだが、その時より随分と少なく、登山道からそれ、支笏湖を右手に見ながらの外輪山歩きが笹漕ぎになるかもと不安になった。

結果的に、イチャンコッペ山も幌平山も藪漕ぎと言うほどでもなく、その気になればつぼ足で上り下りが可能だったけれど、やはり傾斜がきつくなるとアイゼンの効果は素晴らしく、体力の消耗を考えれば積極的に使った方が良いと思う。

今日は我々以外にはソロの男性3組に会っただけという案外ひっそりとした山行だった。
最後にスライドした男性、何とブログにリンクしている「旅の途中」のくーたさんには驚いたけれど、その話は「その2」で触れようと思う。

山行記録
登山ポスト08:13→旧反射板ピーク09:54→イチャンコッペ山頂上10:13
写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_10454115.jpg

記帳するTOMさんと横を進む同行者
f0138096_10454918.jpg

途中登山道から外れ、外輪山のビューポイントで恵庭岳をバックに記念写真
f0138096_10455680.jpg

登山道に戻らずそのまま尾根沿いに進む
f0138096_1046585.jpg

つぼ足でも埋まるのはくるぶし程度
f0138096_10461236.jpg

旧反射板ピークへの登りに入る前にアイゼンを装着するなおさん
f0138096_10462037.jpg

前方に旧反射板ピークが見える
f0138096_10462725.jpg

旧反射板ピークの手前から、頂上部が雲の中の恵庭岳。丁度この頃その恵庭岳に登っていた山の知人のpositive51さんは同行者2名と第2見晴台の手前から登頂を断念し下山したらしい
f0138096_10463673.jpg

旧反射板ピークは目の前
f0138096_10464360.jpg

旧反射板ピークで
f0138096_10465310.jpg

前方にイチャンコッペ山頂上部が見える
f0138096_1047443.jpg

支笏湖をバックに頂上で我が家自家製の干し柿を持って記念写真
f0138096_10471199.jpg

i-tomoさんが三脚を立て、全員の記念写真を撮る前に
f0138096_10472061.jpg

頂上でHGを食べる左かられいこさん、Mご夫妻
by tarumae-yama | 2015-12-21 20:01 | 登山 | Comments(4)
Commented by positive51 at 2015-12-21 17:39 x
こんにちは。
昨日恵庭岳の帰りにエクストレイルをお見かけしました。プリウスもあったのでi-tomoさんもご一緒なんだなと思っておりました。昨日は予報が外れましたね。晴天を期待していたのですが第2見晴台から上はガスに巻かれてしまいました。イチャンコッペや紋別岳は薄日が差しているな~と思いながら眺めていました。

HGは大人気ですね。みなさんの笑顔がとても印象的です。そのうちまたご一緒させて下さい。
Commented at 2015-12-22 09:47 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tarumae-yama at 2015-12-22 12:25
positive51さん
コメントを有り難うございます。
恵庭岳の登山口にpositive51さんの車があったと同行者から聞いていました。
中々頂上部の雲が取れなかったですね。

第1見晴台から第2見晴台までの間は、積雪があると枝が邪魔をして夏道の上を歩くのが困難になりますね。
私もルート採りに苦労したことが何度かありますし、更に第2見晴台の先でも苦労しました。
晴れたときに再挑戦でしょうか。

HG、好評だったのが嬉しかったです。
またご一緒に登る機会が近いことを楽しみにしています。
Commented by tarumae-yama at 2015-12-22 12:26
鍵コメさん
コメントを有り難うございます。
お忙しいようですから、時間が取れたときによろしくお願い致します。出来上がりを楽しみにしています。
名前
URL
削除用パスワード
<< イチャンコッペ山と幌平山、1... イチャンコッペ山と幌平山、12... >>