紋別岳、12月6日

11月28日に紋別岳に登った時は、駐車場が工事現場となっていて停められなかったけれど、どうやら工事は終わったらしく、我々の車は全て登山口の駐車場に収まった。

私のブログにリンクを貼っている「森ぶらりん」のmoriさんは、前日に急遽参加出来ることとなったのだが、私以外のメンバーとは初対面ということでお互いに挨拶を交わし、予定通りの時間につぼ足でスタート。

スタート直後に早々と下りてきてTOMさんと話を始めた青年は、何とやはり私のブログにリンクしている「旅の途中」のくーたさんだった。
彼のブログを見ると、下山後七条大滝へも行ったらしい。
徹夜とのことだから、全く疲れを知らない彼の若さが羨ましい。

スタート時は青空が覗き、紋別岳の頂上も見えていたというのに、高度を上げるにつれ雲が増して雪も降ってきた。
先行者のトレースをたどり、我々も保全道路から尾根に乗り電柱沿いのコースを進み、途中でつぼ足からワカンやスノーシューを装着。

そこから頂上までは20分もかからずに到着したけれど、タイミング的には一番状況が悪かったかも知れない。
風雪のために視界は2,300mほどだろうか、当然支笏湖すら見えなかった。
アンテナの塔屋を風よけに使ってしばしおやつタイム。

紋別岳は初登という同行者がいたため、下山は同じルートを使わず、直登コースを下りた。
こちらは傾斜がきついからさすがにスノーシューでは不安を覚え、途中からつぼ足になったけれど、もう少し積雪があれば尻滑りが楽しめたかも知れない。

同行のまっくさんのブログ
TOMさんのブログ

山行記録
登山ポスト08:09→頂上09:50~10:13→登山ポスト11:27

f0138096_16133716.jpg

スタート前の記念写真。moriさんは顔出しNGとのことでマスキング。バックに支笏湖と樽前山が見える
f0138096_16135055.jpg

登山ポストで記帳して一寸だけショートカット
f0138096_16135934.jpg

早々と下山してきた青年は、何とくーたさんだった
f0138096_1614878.jpg

この辺りはつぼ足でも快適だが、雪がちらついてきた
f0138096_16141537.jpg

それまでの保全道路から先行者のトレースに従って尾根道へとそれる。関係ないけれどmoriさんのブーツもSOREL(^^;)
f0138096_16142342.jpg

ガスのために視界が悪化してきた。まだつぼ足
f0138096_16143491.jpg

ますます視界が悪くなってきたが、風は思ったより弱いのが有り難い
f0138096_16144341.jpg

先行者のトレースがつぼ足からスノーシューに変わって我々もスノーシューを装着。H原さんはワカン
f0138096_16145193.jpg

風雪の頂上で同行者を撮影しようとするH原さん。座って母親を待つのはTOMさんの息子さん
f0138096_1615031.jpg

頂上でTOMさんご一家
f0138096_1615854.jpg

ボケているけれど、皆さんにお裾分けしたHG。味はボケていない(^^;)
f0138096_16151533.jpg

頂上でHGを掲げて全員の記念写真。HGを持っていない同行者は登山口で早々と食べてしまったらしい
f0138096_16152336.jpg

風雪の中、下山。支笏湖の湖面が少しだけ見えだした
f0138096_16153229.jpg

途中で尻滑りをする息子さん
f0138096_16153932.jpg

下山時、昼食中のお二人を撮らせてもらった。名前を失念してしまったけれど江別から来たとのこと
f0138096_16154712.jpg

雲の下に出たのか、視界が良くなって来た
f0138096_16155553.jpg

絶えず同行者を注意深く見守るH原さん
f0138096_1616993.jpg

直登コースにある橋を渡る息子さんと後ろにお母さん
f0138096_16161836.jpg

登山ポストで記帳して駐車場へ。無事下山(^o^)
by tarumae-yama | 2015-12-07 16:44 | 登山 | Comments(12)
Commented by N君 at 2015-12-07 19:18 x
こんばんは。
昨日はお疲れさまでした。
楽しい企画ですよね~(^^)
自分はまだ夏山気分でいたくて伊達の稀府岳を登っていました。
サラッと雪が積もってるくらいの登山道でした。
FBにアップしております。
Commented by くーた at 2015-12-08 00:37 x
昨日はお会いできて嬉しかったです(´▽`)
実はほぼ毎日ブログを拝見していますので、日曜に紋別岳に登る計画をされていたことを後から思い出しました。
私が山頂にいた時間も展望は無く、支笏湖の端も見えませんでした。天候は予想外でしたね・・。
紋別岳には何度も登っていますが、直登コースは歩いたことがありません。ひたすら電線に沿って下山するのでしょうか?
またお会いできる日を楽しみにしております(´▽`)
Commented at 2015-12-08 00:38
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-12-08 00:46 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by zeropo7 at 2015-12-08 15:29 x
紋別岳お疲れ様でした!

行けなくて残念でしたーT_T

中々都合が合いませんがまたお声をかけて下さい!!
Commented by tarumae-yama at 2015-12-08 17:32
N君
コメントを有り難うございます。
今度HGを食べる会にお誘いします。

一昨日は稀府岳だったのですね。
Facebookを拝見しました。

以前一緒に伊達紋別岳とセットで登りましたね。
手入れが行き届いて気持ちの良い山ですね。
Commented by tarumae-yama at 2015-12-08 18:05
くーたさん
コメントを有り難うございます。
相変わらずエネルギッシュですね。
ブログ楽しく拝見しています。

紋別岳の直登コースは、ひたすら電柱に沿って下山すると、200m毎にある標識のうち600mと表示されている付近で保全道路と合流します。

こちらこそお会い出来ることを楽しみにしています。
Commented by tarumae-yama at 2015-12-08 18:07
鍵コメさん
有り難うございます。
後ほど連絡します。
Commented by tarumae-yama at 2015-12-08 18:10
zeropo7さん
コメントを有り難うございます。
師走に入って皆さんお忙しいでしょうから、連絡は新年に入ってからでしょうか。
年が明ければ、幌平山、オコタンペ山、多峰古峰山などが登れる様になるかと思います。
それまでHGが残っていれば良いのですが。
Commented by tarumae-yama at 2015-12-08 18:12
鍵コメさん
了解です。
慣れて来ると有用性が分かるかと思います。
要は使い分けでしょうか。
Commented by なお at 2015-12-09 13:13 x
みなさんツボ足にスノーシューだったんですね。
私は長靴とか必要なのかなとか考えていました・・・

雪も降って寒そうに見えますが大丈夫でしたか~

恵庭岳も昨日登られたようですごいですね。
Commented by tarumae-yama at 2015-12-09 22:43
なおさん
コメントを有り難うございます。
長靴は登山道が泥濘状態だったり、冬は雪が締まっている時に有効で、今の紋別岳では中腹から上では埋まってしまいます。
もちろん長靴で途中からスノーシューを履くというのならあり得ます。
その辺の足回りのことは、経験を積めば自然と身につくと思います。

雪の恵庭岳も楽しいです。
ただ、このコースで登れるのももう少しかも知れません。
体力のある人ならまだまだ登れるでしょうが。
名前
URL
削除用パスワード
<< 紋別岳、12月6日-同行者から... 紋別岳、12月6日-速報版- >>