スノーシューで紋別岳、11月28日

1月2日から5日と空けずに山を続けて来たけれど、今回は16日の恵庭岳以来10日以上も遠ざかってしまった。

山に登ったからと言って哀しみや辛さが癒やされたり消えたりする訳ではないのだが、少なくとも私には登っている最中無心になれるのが何よりと思える。

紋別岳の駐車場に到着すると、思いの外積雪があるのに驚いた。
先行者のつぼ足のトレースがあったので、スノーシューをザックに私もつぼ足でスタート。
出だしは10cmほどだったけれど、高度を上げるにつれ積雪も深さを増していき、膝下くらいまでになった。

登山ポストから2000mほど行ったところで、ソロの男性が下りてきた。
途中まで行ったけれど、膝丈の積雪に引き返したとのこと。
直後に追いついたご夫婦は、2249mの標識からやはり戻るとのこと。
以前紋別岳でお会いし、写真を撮らせてもらったことがある苫小牧のSさんだった。

頂上まで4849mあるのだが、3000m辺りでソロの男性が引き返したらしく、そこから先は一切踏み跡がなかった。
引き返した地点より手前でこの冬初めてのスノーシューを履いたけれど、そこそこ沈む上に湿って重い雪に汗をたっぷりかかされた。

だが、直登コースからのつぼ足の跡が再び現れ、それが保全道路の途中からワカンを装着したようで、尾根上の電柱沿いにトレースが延びていた。

そんなトレースを有り難く使わせてもらったものの、それでも夏のほぼ倍の時間を要してヨレヨレで頂上到着。
ワカンの先行者にトレースのお礼を言って、しばし彼と山談義。

それにしても、保全道路も頂上直下の斜面もスキーにはもう十分な積雪に驚いた。
もっとも、湿った重い雪だから滑走には苦労すると思うけれど。

山行記録
登山ポスト12:09→頂上14:22~14:37→登山ポスト15:41
f0138096_21154496.jpg

紋別岳頂上から、逆光の支笏湖
f0138096_21155657.jpg

支笏湖温泉から正面に紋別岳
f0138096_2116513.jpg

キャラバンGK10ケブラーの山初デビュー
f0138096_21161795.jpg

2000m付近でスライドした苫小牧のHさん。膝丈の深さになったために引き返したと
f0138096_21162537.jpg

Hさんの直後にスライドしたのは同じ苫小牧からのSさんご夫妻。以前この紋別岳でお会いしている。顔はNGとのことで今回も後ろ姿で
f0138096_21163396.jpg

2600m辺りからスノーシューを装着。この冬初めて
f0138096_21164293.jpg

3000m辺りから一切踏み跡がない
f0138096_21165060.jpg

樹氷の奥に支笏湖と恵庭岳
f0138096_21165787.jpg

ワカンのトレースをたどって尾根上の電柱沿いを登る。振り返って支笏湖。時々雪雲が襲来する
f0138096_2117582.jpg

雪雲が去って恵庭岳が姿を現した
f0138096_21171463.jpg

頂上のアンテナ群
f0138096_21172475.jpg

頂上で「もりもと」の雪鶴。シケさん風に
f0138096_21173225.jpg

頂上から、奥に恵庭岳。支笏湖は雪雲に隠された
f0138096_21173926.jpg

頂上から、支笏湖の奥に樽前山(左)と頂上部が雲の中の風不死岳
f0138096_21174878.jpg

頂上で自家製HG。山で初めて食べたけれど味は上々
f0138096_21175928.jpg

ワカンで登った先行者。同じ千歳のTさん
f0138096_21182047.jpg

下山時、夕陽を浴びた恵庭岳。その右に漁岳や小漁山など
f0138096_2118303.jpg

同じ所から、樽前山と風不死岳
f0138096_21183864.jpg

松と恵庭岳
f0138096_21184660.jpg

苫小牧方面は雪が少なさそう。奥に太平洋。 写真の上でクリックすると大きくなります
by tarumae-yama | 2015-11-29 06:59 | 登山 | Comments(26)
Commented by ポッケ at 2015-11-29 08:55 x
暫しブログの更新がなかったので
何かあったのでは?と心配していました
 
山に登る理由は様々でしょうが、私も心に哀しみがあったり
辛い山行ほど、ただ登ることだけを考えるので
無心になり、気分転換になります
Commented by シケ at 2015-11-29 15:52 x
HGおいしく出来上がったようですね。
逆光の支笏湖、白い樹氷、美しい写真ばかりです。

ワタシもキツイ登りが無心になれるので好きです。

Commented by qquy3z6d at 2015-11-29 16:26
ブログの更新があって少し安心しましたが、やはり何かおありだったようで心配です。

私は冬山と運転用にとサングラスを購入してきました。
冬山行くには、もっと肝心なものがありますよね。汗。
Commented by N君 at 2015-11-29 17:40 x
こんにちは。
ブログの更新が無く、自分も心配していた1人です(^^;)

本日、藻岩山スキー場にH原さんにお会いしました。前回も7月のスキー場コース(^^)
嬉しかったですね。
その後も山レコオフ会の中に知った顔の方が!久しぶりにお会いして楽しいひと時を。

年明けからはTarumae-yamaさんチームに加わろうと考えております。
また、よろしくお願いします(^^)

あ!自分も山登りの時は不思議とイヤな事を考えてないですね。リフレッシュできます(^^)/
Commented by positive51 at 2015-11-29 17:44 x
こんにちは、ご無沙汰しております。
昨日紋別岳に登られたんですね。私は今朝登ってきましたがトレースのお陰でツボ足で登ることができました。ありがとうございます。
「登っている最中無心になれるのが何より」の心境分かる気がします。
Commented by i-tomo at 2015-11-29 19:24 x
ご無沙汰してます!
山は無心になれるし自分にも向き合えるし色んな意味で癒してくれますよね。
写真とってもきれいですね!
Commented at 2015-11-29 22:43 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by TOM at 2015-11-29 22:54 x
こんばんは!

HG持って紋別岳だったんですね!

登ってる時は無心になれる...分かる気がします。
嫌なことは忘れられるというか考えていないというか。
色んな意味で癒してくれる...ほんとその通りだなと
思います。
Commented by zeropo7 at 2015-11-30 13:31 x
心配してました。

《山は君の全ての疑問に答えてくれるだろう》

大好きなメスナーの言葉です。

山に登ると、言葉として返っては来ないけれど、全てを忘れさせてくれる事が答えなのかなと私は思っています。

生きていると色々な事がありますね。

素敵な写真、また楽しみにしています!
Commented by M夫人 at 2015-11-30 14:56 x
私も何かあったのでは?と心配していました。
山は確かに無心になれますね。私の場合はしんどすぎて何も考えれなくなるのですが…それはそれであれこれ考えず良いのかもしれないです。
HGもとても美味しそうですね。これももまた山の醍醐味ですね。
私も今日イワオヌプリでスノーシューデビューでしたがラッセルが大変で辛かったです。
tarumae-yamaさんとご一緒する時迄には足手まといにならない位登れるようになりたいです。



Commented by eikou711 at 2015-11-30 17:11
また、ご一緒できる日を楽しみにしています。
Commented by まっく at 2015-11-30 20:54 x
様々な事、お察し致します。
山は無心にさせてくれます。
また、色々な事を考えさせてくれます。
是非、またご一緒させてください。
Commented at 2015-11-30 22:57 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tarumae-yama at 2015-12-01 10:39
ポッケさん
お早うございます。
ご心配をおかけしていますが、何とかやっています。
外出しづらくなった分、家でポッケさんの読んだという本を図書館から借りてきました。
と言いつつ、天気が良ければ日曜日には山友と紋別岳の予定です。



Commented by tarumae-yama at 2015-12-01 10:43
シケさん
コメントを有難うございます。
HG、お裾分けしたいところですが深川からだとやはり遠いですね。
何年か前にわざわざカタクリの花を見に家内と深川まで高速で出かけましたが、遠いと思いました。

来年はお孫さんを連れて一緒に山に登れますね。
私は体重があるので、無心になれてもきついのは苦手です。
Commented by tarumae-yama at 2015-12-01 10:46
qquy3z6dさん
コメントを有り難うございます。
ご心配をおかけしましたが、むしろこれからが試練かなぁ~と思っています。

冬山用にサングラスを買われたとのこと、そのうち支笏湖周辺の山でもご一緒する機会があれば嬉しいです。
Commented by tarumae-yama at 2015-12-01 10:53
N君
コメントを有り難うございます。
H原さんからも藻岩山で会ったとメールがありました。
FBを見るとH原さんとN君の笑顔がはじけていました。
ヤマレコでその日は山友も沢山登ったと知りました。

新年はぜひ樽前山に行きたいですね。
また先頭でラッセルをお願いします(^^;)
Commented by tarumae-yama at 2015-12-01 10:59
positive51さん
コメントを有り難うございます。
私が登った翌日、ご来光登山で紋別岳だったとヤマレコを見て知りました。
直登コースが保全道路で合流する先からのトレースは、千歳のTさんがワカンで歩いたもので、私も有り難く使わせてもらいました。
結構沈みましたが、それでもトレースがあると本当に助かりますね。
Commented by tarumae-yama at 2015-12-01 11:06
i-tomoさん
コメントを有難うございます。
落ち込んでいても無心で登れる山は良い気分転換になりますね。

日曜日に奥様とご一緒に参加出来れば嬉しいです。
Commented by tarumae-yama at 2015-12-01 11:08
鍵コメさん
ご心配をおかけしたようでスミマセン。
先が見えないのが不安です。

今年もカレンダーを当てにして良いのでしょうか?
Commented by tarumae-yama at 2015-12-01 11:23
TOMさん
コメントを有り難うございます。
今、半日以上の山に登るのは難しくなりつつあり、ゲートの閉まった樽前山や恵庭岳は遙かな山になりそうです。
なので、短時間で登れる紋別岳が専らになりそうです。

日曜日に奥様や息子さんに久しぶりにお会いできそうで、とても楽しみにしています。
もちろん、HGを忘れずにご家族分用意して行きます。
Commented by tarumae-yama at 2015-12-01 11:32
zeropo7さん
コメントを有難うございます。
ご心配をおかけしたようでスミマセン。
8000m超の山14座?を全て登頂したメスナーと、1000m足らずの支笏湖周辺の山しか知らない私とでは比較になりませんが、低くても山から得られるものは大きいと思います。

日曜日の件でメールを出しています。
皆さんと一緒に参加されるなら嬉しいです。
Commented by tarumae-yama at 2015-12-01 11:37
M夫人さん
コメントを有難うございます。
ご心配をおかけしたようでスミマセン。
むしろ試練はこれから押し寄せて来るでしょうが、負けずに頑張ります。

日曜日は残念ですが、ご一緒出来る機会が近いことを楽しみにしています。
スノーシューで頑張っているのですね。
Commented by tarumae-yama at 2015-12-01 11:40
eikou711さん
コメントを有り難うございます。
冬山を楽しみにしているのでしょうね。
雪を漕いでご夫妻がグイグイ登るところを(後ろから(^^;))見てみたいです。
Commented by tarumae-yama at 2015-12-01 11:43
まっくさん
コメントを有り難うございます。
まっくさんほどの試練をまだ受けていませんが、私も前を向いて行こうと思います。

皆さんの都合で土曜日ではなく日曜日になりそうですが、ぜひ参加して下さいね。
Commented by tarumae-yama at 2015-12-01 11:45
鍵コメさん
コメントを有り難うございます。
ご心配をおかけしたようでスミマセン。

HGの事でメールをしましたが、ひょっとして不達かもと心配しています。
名前
URL
削除用パスワード
<< GK10ケブラー 積雪の恵庭岳、11月22日-山... >>