恵庭岳の新登山口

今日も恵庭岳に登ったSさんからメールが届いた。
それによれば、下山中にスライドした二人組は駐車場を出てから登山口が分からず、札幌方面へ随分と歩いたらしい。

その二人組は、11月4日、私が風不死岳に登ったとき、ニセピークでお話をしたスパッツ隊のお二人とのこと。
ニセピークではお二人から、10月8日の風倒木被害の直後に恵庭岳に登ったのだが、倒木帯を越えるのが大変で5合目付近から引き返したと聞かされた。
それで、迂回ルートが出来ていることを伝えたところ、今度挑戦したいとの事だったから、それが今日だったのだろう。

だが、お二人は日の出前のまだ暗いうちにスタートしたため、登山口になる境界見出しのポールを見落としたらしい。

16日に樽前山へのゲートが冬季閉鎖されたために、本格的な冬山になる前の恵庭岳に切り替える登山者が増えるかも知れない。

迂回ルートを開拓した隊長Oさんが、ヤマレコなどで登山道への入り口を写真付きで丁寧に書いていたから、改めてブログに紹介するのはおこがましい気がしないでもないけれど、私も紹介させてもらおうと思う。
実は、10月7日に恵庭岳に登った時、この登山口についてかなり詳しく書いたつもりだったのだが。
f0138096_20312923.jpg

駐車帯を越えて札幌寄りに20mほど歩くと、左手笹の中に境界見出しのポールがある
f0138096_20314127.jpg

見にくいが、赤丸内に境界見出しのポール。写真の上でクリックすると大きくなります。上の2枚は11月16日の撮影
f0138096_20315210.jpg

11月4日、風不死岳のニセピークでスパッツ隊の3名を入れて。左端が隊長さん
f0138096_2032772.jpg

恵庭岳の6合目で、Sさんとスライドしたスパッツ隊のお二人。今日(11月18日)Sさんからブログで紹介してとメールで送られてきた写真
by tarumae-yama | 2015-11-18 20:43 | 登山 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 恵庭岳西峰と本峰、11月16... 恵庭岳西峰と本峰、11月16日... >>