紋別岳、11月7日

朝、支笏湖のライブカメラでは曇り空で、恵庭岳の頂上は雲の中だった。
ところが、昼頃見ると快晴に近い状況になっていた。
それで、公園散歩を止めカメラとスポーツドリンクを持って紋別岳へ。

11月16日に樽前山へのゲートが冬季閉鎖され、その後積雪状態になれば恵庭岳や風不死岳はもちろん、イチャンコッペ山ですら夏のように気軽には登れなくなる。
その中で、冬期間でも特に週末登山者のトレースが期待出来る紋別岳は、私にとってこれから貴重な山になる。

前置きが長くなったが、舗装されたNTTの管理道路を歩くつもりで、今日はスニーカーという足回り。ポケットにはスニッカーズを入れて。

登山道上には落ち葉が乗っているだけで、雪はどこにも見られず快適に歩けた。
すでにこうようのこもなかったけれど、中腹で見たツルウメモドキのオレンジ色の実が目に鮮やかだった。

山行記録
登山口12:38→頂上13:45~13:56→登山口14:40
写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_15435120.jpg

支笏湖と樽前山、風不死岳を額縁?に入れて
f0138096_1544571.jpg

紋別岳の駐車場は、工事のための資材や産廃の置き場となっていて、このすぐ下の駐車場か路肩に停めている登山者の車が多かった
f0138096_15441551.jpg

どうやら古いU字溝を更新するための工事のようで、近くに新しいU字溝が置かれていた
f0138096_15443028.jpg

f0138096_15443842.jpg

中央上の木のない部分はスキーの滑走には素晴らしい斜面だが、まだ雪がなく青々している
f0138096_15444873.jpg

ツルウメモドキの実
f0138096_1545045.jpg

追い抜いた登山者を入れて支笏湖。登山者は千歳のAご夫妻
f0138096_15451025.jpg

ゲートが開いていたために知らずに登山者が車で上って来たのかと思ったけれど、U字溝を設置する業者のご夫婦だった。NTTの請負で今週から今月一杯の予定で15ヶ所のU字溝を更新するそうだ。平日の登山者数などの状況を聞かれたけれど、登山禁止になることはなさそうだ
f0138096_15453833.jpg

別の請け負った業者なのか、頂上近くの3ヶ所はすでに新しいU字溝になっていた
f0138096_15452063.jpg

ワンちゃんを連れたご夫婦がくつろいでいた。了承を得て
f0138096_15455214.jpg

同上。恵庭岳をバックに
f0138096_154639.jpg

逆光の支笏湖
f0138096_15461257.jpg

頂上から、定番の写真
f0138096_15462263.jpg

ツルウメモドキの実を入れてバックに紋別岳
f0138096_15463040.jpg

登山者が落としたものであろうボトルが登山道脇の枝に引っかけられていた。駐車場から頂上までの4849mに200m毎に標識が付けられているが、1000m標識の100mほど上の山側の枝にありますよ、落とし主さん!
by tarumae-yama | 2015-11-09 07:09 | 登山 | Comments(2)
Commented by zeropo7 at 2015-11-09 12:17 x
tarumaeyamaさんこんにちは。

樽前山のGATEがしまってしまうんですね。

とうとう山を始めた友人を連れて行けずに今年は終わりそうです。

情報ありがとうございました。

昨日銭天で見つけた花の名前が分からずにいたらtarumaeyamaさんのブログでわかりました!
ツルウメモドキの実なんですね!

ありがとうございました!

Commented by tarumae-yama at 2015-11-09 23:05
zeropo7さん
コメントを有り難うございます。
樽前山のゲートは、16日の11時に冬季閉鎖と苫小牧市役所のHPに載っていますが、その前でも降雪次第では閉じられる可能性があるそうです。
ゲートが閉まってからでは往復13kmほど余分な歩きがありますから、お友達を案内するのは難しいかも知れませんね。

銭天でツルウメモドキが見られたのですね。
記録を見ると、銭天には16年前に登ったきりです。年月の早さにびっくりです。

名前
URL
削除用パスワード
<< 落ちないリンゴ ブログの紹介 >>