樽前山と風不死岳、11月4日-樽前山編-

10月26日に樽前山に登ったときは、5合目のゲートから7合目のヒュッテまで路肩に雪があったけれど、今回はすっかり消えていた。

登山道上も日陰の一部を除いて雪がなく、完全に夏山という状態に戻った。
外輪山分岐から樽前神社奥宮近くまで風が強かったものの、その先はウソのように穏やかで、木段の上で苫小牧のご夫婦を追い越し、分岐手前で大阪からやって来たという青年とスライドした後は、ずっと一人旅だった。

すでにシラタマノキの白い実やコケモモの赤い実の一つすら見られず、岩石だらけの荒涼とした光景が広がっていたけれど、小春日和の温かさ、溶岩ドームの噴煙も珍しいほど少なくて、11月とは思えない樽前山だった。

山行記録
7合目の駐車場07:41→外輪山分岐08:15→西山頂上08:51~08:56→風不死岳登山口09:38
写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_10115463.jpg

支笏湖ブルーが綺麗。左端に風不死岳、中央に追い越した苫小牧からのご夫婦
f0138096_10121035.jpg

前回は雪の多かった登山道だが、すでに解けてしまった。前方に大阪からやって来たという青年。東山は風が強くて大変だったと言うから、西山の方は風が弱いはずだから一緒に行く?と誘ったものの、飛行機の時間まで余裕がないからと、東山だけで下山して行った
f0138096_10122053.jpg

外輪山分岐。窪地に僅かに雪が残っている。風が強く、東山をパスして西山へ
f0138096_10122969.jpg

左端の西山と溶岩ドームの間に羊蹄山
f0138096_10123988.jpg

樽前神社奥宮でまた家内の体調回復を祈願
f0138096_10124918.jpg

同上、羊蹄山が見える
f0138096_10125726.jpg

同上
f0138096_101365.jpg

溶岩ドームをアップで、珍しいことに噴煙が殆ど見えない

f0138096_12402920.jpg

左端に西山に向かう登山道が見える。 この1枚だけオリンパスのTG-850で撮影
f0138096_10131469.jpg

左端に白老三山、中央下に多峰古峰山
f0138096_10132194.jpg

飛行機雲を入れて、太平洋がキラキラと輝いている
f0138096_10133169.jpg

西山頂上、溶岩ドームの右に東山頂上
f0138096_10133881.jpg

西山頂上から、支笏湖と奥に恵庭岳がクッキリ
f0138096_10134893.jpg

風不死岳を真ん中にして左に恵庭岳、右にイチャンコッペ山や紋別岳
f0138096_10135798.jpg

分岐標識から932m峰へと伸びる登山道。中央付近に3名の登山者が見える

なお、樽前山のゲートの冬季閉鎖は、苫小牧市のHPによると11月16日11時の予定らしい。
by tarumae-yama | 2015-11-05 10:48 | 樽前山 | Comments(2)
Commented at 2015-11-05 22:57 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tarumae-yama at 2015-11-06 08:49
鍵コメさん
コメントを有り難うございます。
ゲートが閉まる前にぜひ登って見て下さい。
天気と眺望に恵まれると良いですね。
名前
URL
削除用パスワード
<< 樽前山と風不死岳、11月4日... 樽前山と風不死岳、11月4日-... >>