恵庭岳西峰と本峰、10月22日-西峰まで編-

zeropo7さんと友人のjujucaさんとは恵庭岳新登山口の駐車場で初対面の挨拶。もちろん、二人はH原さんやMご夫妻とも初対面。

予め簡易アイゼンの持参を連絡していたが、山には積雪がなさそうに見えたので、少しでも身軽でスタートしたかったため置いて行くことに。

恵庭岳に何度も登っているH原さんだが、新登山口から沢を下って登山道に合流する区間を歩いて見て、とても気に入った様子。
砂防ダムが完成し、来春今までの登山口から歩けるようになったとしても、案外ここを利用する登山者が多そうな気がする。

倒木帯を迂回するルートには更にテープが増え、まず迷うことなく5.5合目付近の登山道に合流すると思う。
それでも同行のMさんは、登りでも下りでも、この辺にあれば安心という地点にピンクテープを付けていた。
登山者の身長が違えば、付けた人の目線とは異なるだろうから、多いに越したことがないとは思う。
とは言うものの、ベテラン登山者の中にはテープの多さを苦々しく感じる方がいるかも知れないとも思う。

ともあれ、我々はテープに導かれるように第1見晴台に到着。
そこから先は霜柱やうっすらと白くなっている雪を横目に第2見晴台へ。
そして、羊蹄山がクッキリ見えるうちにと頂上岩塔へ進んだ。

第2見晴台から先に進んだことがないと言うzeropo7さんやjujucaさんは、回り込んだ岩塔下からのオコタンペ湖や奥に連なる山々に感動を受けた様子。

ルンゼの下に女性軍と私はザックをデポし、軽身で西峰に向け藪に突入。
すぐに西峰前峰の尾根に乗るのだが、そこから眼前に支笏湖ブルーの支笏湖が現れ、その奥にキラキラと輝く太平洋を見て、女性軍からは一段と大きな声が出た。
zeropo7さんの、「やばすぎる!」という感嘆の言葉には一寸ビックリ。

H原さんも8月8日に西峰に登った時は一面雲海に覆われ、支笏湖もオコタンペ湖も全く見えなかったので、このピークから見たかった光景を前に、きっと嬉しく感じたに違いない。
私は4回目の西峰で、そのうちの3回は眺望に恵まれているため、素晴らしい光景に接して嬉しかったのは間違いないけれど、感動の同行者を間近に見る喜びの方が大きかった。

山行記録
新登山口駐車場07:57→登山道合流08:09→第1見晴台09:55~10:00→第2見晴台10:30→ルンゼ10:55~11:01→西峰11:25
f0138096_14265080.jpg

新登山口に向かう前に、正面に恵庭岳
f0138096_1427340.jpg

沢を下って、登山道と合流地点付近
f0138096_14271244.jpg

左端に砂防ダム建設現場。大岩で恒例の儀式?
f0138096_14272891.jpg

倒木帯を避けて進む
f0138096_14273746.jpg

登山道に復帰して6合目標識あるところで一行を写す
f0138096_14274573.jpg

登り専用ロープ場の途中から支笏湖を撮影するzeropo7さん
f0138096_14275897.jpg

第1見晴台で、左端に頂上岩塔
f0138096_1428923.jpg

何時もここからの写真が多いけれど、今回は近くの岩に乗ってもらって人物を前景に
f0138096_14281934.jpg

頂上岩塔の下を行く、ルンゼは目前
f0138096_14283131.jpg

ルンゼにザックをデポして藪に突入、上に西峰
f0138096_14284048.jpg

尾根に出ると素晴らしい光景が現れ、同行者から感嘆の声が上がる。支笏湖の上に輝く太平洋
f0138096_14284957.jpg

左端の西峰に向かう先頭のH原さんと続く女性軍
f0138096_1429789.jpg

西峰頂上直下のハイマツが少々やっかい
f0138096_14291746.jpg

岩の割れ目を進むM夫人。両側が切れ落ちて気を抜けない場所
f0138096_14292669.jpg

岩の割れ目を通過すると西峰の頂上は目の前。正面に羊蹄山、右にコバルトブルーのオコタンペ湖
f0138096_14293757.jpg

西峰2度目のH原さんと初登になるMご夫妻、zeropo7さん、jujucaさん
f0138096_14294686.jpg

西峰頂上からの眺望。遠く無意根山や余市岳も見える
f0138096_14295526.jpg

頂上で撮影中のH原さん
f0138096_14442747.jpg

西峰の頂上で、左からMさん、H原さん、zeropo7さん、jujucaさん
by tarumae-yama | 2015-10-23 15:34 | 北海道100名山 | Comments(8)
Commented at 2015-10-23 22:29 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by jujuca at 2015-10-23 22:35 x
昨日は本当にありがとうございました!
初めて登れた西峰&岩頭からの絶景は1日経ったいまでも目に焼き付いてます。

そして初めてのコラボ登山は とっても楽しくて
初めて会う人々とは思えないほどの馴染みようだったのは私だけでしょうか (笑)

また機会がありましたら 是非ご一緒させていただければと思います!!
Commented by M夫人 at 2015-10-24 01:02 x
今晩和。
一昨日はお疲れ様でした。
今年はもう恵庭岳には登れないと思っていたのでtarumae-yamaさんのお陰で登れて良かったです。
初めての西峰に美しい支笏湖とオコタンペ湖が見れて感無量でした。
登りが苦手な恵庭岳でしたが皆様とわいわいお喋りしながら登ったので楽しく登る事が出来ました。
この度は本当に有り難う御座いました!
Commented by 夏山子 at 2015-10-24 08:49 x
おはようございます。
空が青くてキレイ!

いつも思っていたのですが、ピンクのテープは誰でも貼っていいものですか?
だとしたら私も迷ったことのある道に貼って来たかったです。ベテランさんの見るところと私の見るところは違う気がします〜。
Commented by tarumae-yama at 2015-10-24 09:35
鍵コメさん
コメントを有り難うございます。
機会がありましたなら、ぜひ。
Commented by tarumae-yama at 2015-10-24 09:41
jujucaさん
コメントを有り難うございます。
これ以上ないと言うほどの天気と眺望でしたね。
我々は本当にラッキーでした。
お話しをする機会は殆どありませんでしたが、M夫人とは親友のようにお話しが出来たようですね。
最後尾から笑い声を聞きながら、私も嬉しかったです。

岩登りなど、安心して見ていられました。
Commented by tarumae-yama at 2015-10-24 09:52
M夫人さん
コメントを有難うございます。
Mご夫妻のお陰で、どれほど場が和んだことかと感謝しています。
デザートを人数分用意する心遣い、ご馳走になろうとしたときに隊長さんが上がってきてお裾分けしたために、Mご夫妻は二人で一つになりました。
お若いのに、そのようなことがすんなりと出来ることに感心しました。

それにしても、素晴らしい天気と眺望でしたね。
隊長さんが頂上で言ってましたが、これからはもう冬山ですから、本当に穏やかにくつろげるシーズン最後の日だったかも知れません。
Commented by tarumae-yama at 2015-10-24 10:00
夏山子さん
コメントを有り難うございます。
22日は本当に素晴らしい恵庭岳でした。
北海道に戻ってきたときに、西峰までご案内出来ればと思います。

ピンクに限らず、テープや標識など自分が所有する山でない限り個人が付けるのは本来まずいと思っています。
なので下山時には回収するのが原則なのだと。
ヤマレコにも、同じ疑問を持っている人の質問と回答があります。
http://www.yamareco.com/modules/plzXoo/index.php?action=detail&qid=2100
名前
URL
削除用パスワード
<< 恵庭岳西峰と本峰、10月22... 恵庭岳西峰と本峰、10月22日... >>