風倒木で恵庭岳も樽前山も登れない、10月10日

今朝385回目の恵庭岳を目指したSさんから、風倒木のあまりの多さに5合目で引き返したというメールを受け取った。
3合目辺りで倒木を巻いたときに登山道を見失ったと言うから、新しい登山ルートを使い年内に400回達成を目指し、これからペースを加速するつもりがすっかり水を差された様子で、今年はもう諦めたとの事。

今回、恵庭岳には小樽からの6名パーティーの他に、やはり倒木のためゲートが閉まっていて樽前山から転進したソロの男性がいたとのことだが、皆さんはもっと手前で諦めたらしい。

今日は昼から紅葉の具合を見に樽前山に登るつもりだった。
Sさんのメールと電話で樽前山も登れないと分かったけれど、それでも倒木の様子などを撮ろうと出かけ、ゲートを越え歩き出して間もなくソロの女性が下りてきた。
状況を聞くと、30分ほど歩いたところで業者が倒木の処理をしていて、そこから引き返したとのこと。
重機まで入っていたそうだから、樽前山はこの連休中にも通行出来るようになるのかも知れない。

まあこれは登山者のためと言うより、ヒュッテ(に泊まり込み)の管理人さんが、噴火など万が一の際スムーズに避難できるようにするための緊急出動処理なのだと思う。

今樽前山は紅葉のピークだと思うけれど、7合目の駐車場まで通行出来るかは、苫小牧市役所のHPで確認してから出かけるのがよろしいかと。

ソロの女性から話を聞いた私はそうそうに引き返し、登れる可能性がある紋別岳へ向かった。
f0138096_1749382.jpg

倒木の奥に樽前山から転進したソロの男性が写っている
f0138096_17495927.jpg

f0138096_17501496.jpg

f0138096_1750282.jpg

f0138096_17504593.jpg

f0138096_17505753.jpg

小樽からの6名パーティー。イチャンコッペ山の駐車場から藪漕ぎをして大岩の上の登山道まで大変な思いをしてやって来たらしいが、下山中のSさんから登るのは難しいと言われ、一緒に沢を使って国道に出たそうだ。このあとイチャンコッペ山に向かったらしい。私のブログにパーティーの写真を載せることはSさんが了解を取ってくれたとのこと。上の6枚は全てSさんが10月10日恵庭岳で撮影したもの
f0138096_1751242.jpg

樽前山へのゲートは閉まっている。10月10日13時過ぎの撮影
f0138096_17513540.jpg

ゲートのすぐ奥の処理された倒木
f0138096_17514451.jpg

歩き出してすぐにスライドしたソロの女性。遠く滝川からやって来て登れないのは残念という事で一緒に紋別岳へ
f0138096_1751523.jpg

紋別岳もゲートのすぐ先に処理された倒木があったけれど、後は頂上まで全く問題なし
f0138096_1752024.jpg

転身組を含め沢山の登山者とスライドしたが、最後のパーティーに何となっちさん(右から2番目)がいた。やはり樽前山から転進したと。左端は滝川からのCさん
f0138096_175281.jpg

昨年12月21日イチャンコッペ山でお会いしたときの写真。左端がなっちさん
f0138096_17521551.jpg

黄葉している紋別岳の登山道、滝川のCさんを入れて
f0138096_17522479.jpg

紋別岳の頂上から逆光の支笏湖

by tarumae-yama | 2015-10-10 18:16 | 登山 | Comments(14)
Commented by まっく at 2015-10-10 18:58 x
僕も今日、樽前山撤退→紋別岳でした。
道路は予想以上に酷い状態のようですね。
風不死岳・北尾根入口近くの駐車帯にも多くの車が停まっていたので、そちらへ転進した方も多かったかもです。
さすがに紋別岳は登れました。
Commented by tarumae-yama at 2015-10-10 23:12
まっくさん
コメントを有り難うございます。
千歳市内はそれ程の暴風とも感じなかったのですが、恵庭岳はひどい状況のようで、今年はもうダメかも知れません。
樽前山もどの程度なのか心配です。

紋別岳は転身組が多かったですね。
イチャンコッペ山登頂の報告は今日ありましたが、風不死岳はどうなのでしょうね。
Commented by tamataro1111 at 2015-10-11 06:22
お早うございます。
ニュースで報道されていましたが。。。
想像を絶する被害が出ているのですね。
障害物の撤去にご尽力されて、ほんとうにご苦労さまです。
Commented by ぶるまま at 2015-10-11 09:11 x
昨日午後からゆっくり樽前山を楽しもうと
張り切って出掛けましたが・・・・
ゲートが閉まっていてがっかりでした。
紋別岳へ変更しようかと思いましたが止めました。
行ったらお会い出来ましたね。

その代わりに、林東&青葉公園を散策してきました。
大きな鹿がいてちょっぴりびっくりしました!
Commented by 夏山子 at 2015-10-11 10:40 x
今日は!
こっちにいると、北海道が暴風雨だとわかっても、実際にどんな状況かわからなくて、まさか樽前山へ登れなくなってるなんて驚きました。

昨日はこっちの近くても割とガッツリ登れる山、塔の岳に行って参りました。今日は筋肉痛です。

年末は帰らないんですよー。来年、夏に帰った時にどの山かに連れて行ってくださいっ!っておねだりしちゃうかも?です。
Commented by tarumae-yama at 2015-10-11 15:43
tamataro1111さん
コメントを有り難うございます。
道東の被害は大変だった用ですが、幸い千歳市街は風雨の被害はなかったと思いますが、
恵庭岳について言えば、もう今シーズンは登れないかも知れません。
魅力的な山だけに残念です。

Commented by tarumae-yama at 2015-10-11 15:59
ぶるままさん
コメントを有り難うございます。
もう樽前山を歩ける状態まで回復しているのですね。
紋別岳でお会い出来なかったのは残念でした。

林東&青葉公園を散策したとは驚きました。
シカの他にリスもいますし、運が良ければタヌキにも出会えます。
また散策に来て下さい。
Commented by tarumae-yama at 2015-10-11 22:40
夏山子さん
コメントを有難うございます。
8日から9日にかけての暴風雨は、特に道東で大きな被害を受けました。札幌も風による被害があったようです。

樽前山の倒木の状況は良く分かりませんが、恵庭岳はかなりひどい状況の様です。

丹沢山系の塔ノ岳に登ったのですね。
私は100名山巡りで、塔ノ岳経由丹沢山(蛭ヶ岳)まで大倉登山口から日帰りピストンしましたが、さすがにバテバテでした。
2008年5月23日の記事に少しアップしています。
http://tarumaezan.exblog.jp/8171907/

東京生活の間に、沢山登って下さいね。
北海道に戻ってきたとき、まだ私の足腰がしっかりしていたなら山にお誘いしたいです。
Commented by なっち at 2015-10-12 21:11 x
先日は、紋別岳でばったりお会いできて嬉しかったです(^^)
あの日は、楓沢~樽前ヒュッテを初挑戦しようと山友のみなさんと5人二台の車でゲートへ!で、ゲートが閉まってる(@_@;)!でした。
山の変更も督瞬山かイチャンかと考えましたが倒木を考えて紋別に変更しました。
私たちが登った時は強風で山頂の建物の影に隠れてのランチでした。が、景色は最高の見晴らしでした。

恵庭岳の画像、倒木で凄いですね。。。
雪の降る前に今年も登ろうかと考えていましたが、掲示板のコメントを読ませて頂きましたが・・・年内は無理そうなのですね。 残念です。

画像、頂いていきますね。
ありがとう御座いました(^。^)
またよろしくお願い致します。
Commented by tarumae-yama at 2015-10-12 22:27
なっちさん
コメントを有り難うございます。
紋別岳ではビックリの出会いでした。
本当に樽前山ではゲートが閉まっていてガッカリでしたね。
もうそろそろ倒木処理が終わるかも知れませんが、風不死岳は問題なく登れそうなので、楓沢から風不死岳というコースも良いかも知れませんね。
紅葉が見頃の様ですから、ぜひまた挑戦してみて下さい。

恵庭岳の倒木は、あの北大のポプラ並木が倒れた11年前の18号台風の比ではないようですから、今年は無理でしょうね。
来シーズンもどうなのか心配です。

またどこかの山でお会い出来ることを楽しみにしています。

Commented by 120oh at 2015-10-15 18:10
tarumae-yamaさま こんばんわ。
隊長Oです。今日、恵庭岳の風倒木地帯の巻き方、偵察を兼ねて、第2見晴台まで上がって来ました。
三合目の風倒木帯は、標高440m附近に作業道跡があり、これを右折、尾根の右端を登って鹿道などで三合目上のトラバース道取付きに抜けれます。
トラバース道は問題ありません。
四合目~五合目付近の風倒木帯の風上側(北側)、尾根の右端を登ります。
トラバース道が終わった所から登山道を外れ、五合目半の標高730m附近で登山道に戻ります。ブッシュはほとんどありません。
標高650m附近では沢の南側の細い尾根を登ります。
登山道の六合目より上は風倒木の影響はありません。
5合目半からの上の登山道、一か所、風倒木が濃い所がありますが、南側の溝から抜けれます。
明日、オレンジテープを付けに行きますので、お試しください。
Commented by tarumae-yama at 2015-10-15 20:15
隊長Oさん
今晩は。
コメントを有り難うございます。
あの大量の倒木の中を第2見晴台まで登ってきたとは、ただただびっくりです。
実は、隊長OさんからコメントがあったことをSさんに電話したところ、早速明日そのルートで偵察に行こうという事になりました。
隊長Oさんは明日もオレンジテープを付けに行くとのこと、
出来ればご同行をお願いしたいところですが、連絡手段がありません。
それで、このコメントを明日の早朝まで見ることを期待し、我々は新登山口の駐車場に8時45分集合としました。
もしよろしければご案内をお願いしたいです。
明日の朝までにご連絡があれば時間の変更は可能です。
お会い出来れば嬉しいです。
Commented by 120oh at 2015-10-15 20:48
了解いたしました。
Commented by tarumae-yama at 2015-10-15 23:03
隊長Oさん
明日、よろしくお願い致します。
名前
URL
削除用パスワード
<< 紋別岳、10月10日 恵庭岳、10月7日-西峰から... >>