ホロホロ山、9月22日-その1-

ホロホロ山白老コースの登山口に到着すると4台の車が停まっていた。
実は、晴天の祝日だから駐車場や路肩が車で溢れていたなら、オロフレ山への転進も考えていたので、これは拍子抜けだった。

恐らく、シルバーウィークの後半は、紅葉見頃の大雪山に殺到して、その分ホロホロ山に向かう登山者が少ないのだろう。

それでも、乗用車だと林道の運転に気を遣う白老コースからのホロホロ山と違い、駐車場まで舗装されている徳舜瞥山は登山者で賑わっていたし、徳舜瞥山からホロホロ山をピストンする登山者も比例して多かった。

紅葉を愉しむなら、私は徳舜瞥山からホロホロ山を登るより、水(沢)と紅葉のしっとりした雰囲気が素敵な白老コースのホロホロ山から徳舜瞥山の方を選択する。
今回の同行者も、このコースの雰囲気をとても気に入ってくれたように思う。
ただ、惜しむらくは紅葉の最盛期には少々早すぎた。

山行記録
登山口08:30→4.5合目の林道合流地点09:08→ホロホロ山頂上10:44
f0138096_10141794.jpg

登山ポストで記帳するのはTOMさん。ヤマレコでお馴染みのTOMさんとは8月23日のニセイカウシュッペ山で偶然一緒になり、今回声をおかけしたところ家族での参加となった
f0138096_10143061.jpg

TOMさんの息子さん、中学2年生とのこと
f0138096_10144249.jpg

f0138096_10145235.jpg

ツルリンドウの実
f0138096_1015423.jpg

ツルリンドウの実を撮影するSさん
f0138096_10151221.jpg

4.5合目の林道合流地点に到着
f0138096_10152277.jpg

f0138096_10153048.jpg

f0138096_10153949.jpg

展望台で休憩中のKさんとTOMさんご一家。ここから支笏湖が綺麗に見えるのだが、今日は霞んでいた
f0138096_10154795.jpg

f0138096_10155662.jpg

ナナカマドの実
f0138096_1016448.jpg

ヨツバシオガマが咲き残っていてビックリ
f0138096_10161213.jpg

バックにオロオロ山。少し色づきだした
f0138096_10162062.jpg

正面に霞んでいるが支笏湖が見える
f0138096_10162884.jpg

頂上直下の岩場。一番乗りはSさんのようだ
f0138096_10163758.jpg

ホロホロ山頂上から徳舜瞥山
f0138096_10164625.jpg

ホロホロ山の岩場で昼食を終え、休憩中のTOMさんご一家。正面に5月1日に登ったオロオロ山
by tarumae-yama | 2015-09-23 10:42 | 登山 | Comments(4)
Commented by N君 at 2015-09-23 12:37 x
お疲れ様でした。

羊蹄山からの徳舜瞥~ホロホロも考えていたのですが、2日連チャンの羊蹄山、足にきてました(^^;)
樽前山東山頂上で満足して帰りましたよ(笑)
Commented by tarumae-yama at 2015-09-23 20:25
N君
コメントを有り難うございます。
二日続けての羊蹄山、本当に頑張りますね。
下山後、樽前山にも登ったことはFBで見ました。

羊蹄山の紅葉も見たいけれど、もう無理かも。
ニセコの沼の紅葉も考えてはいるのですが、果たしてどうなりますか。
Commented by tamataro1111 at 2015-09-24 06:40
お早うございます。
天気に恵まれたようで。。。
北海道はそろそろ紅葉も終盤でしょうか。。。 ! ?
Commented by tarumae-yama at 2015-09-24 13:17
tamataro1111さん
コメントを有り難うございます。
ホロホロ山の頂上で昼食中にガスが入って来ましたが、全般的には良い天気だったかと思います。
紅葉は、大雪など2000m級の山ではもう終盤かも知れませんが、ニセコや支笏湖周辺ではまだこれからです。
恵庭岳や樽前山では来月に入るのかも知れません。
そんな紅葉の時の写真をアップ出来ればと思っています。
名前
URL
削除用パスワード
<< カトちゃんさんから送られて来た写真 ホロホロ山、9月22日-速報版- >>