風不死岳楓沢コースから樽前山、9月6日-その1-

TOMさんの車を樽前山7合目駐車場にデポしたのは6時45分頃だったのだが、すでに駐車場はほぼ満杯で驚いた。
この日は7時45分に5合目のゲートで通行規制が行われたらしい。
紅葉シーズンの週末なら6時に来なくては停められないのかも、樽前山の人気は本当に凄いと思う。

下見の時に停めた駐車スペースは、釣り人の車があるのではと心配したのだが、幸運にも空いていた。
そこから支度をして、紋別橋を下りたのは7時6分。
それからやがて現れる苔の洞門の素晴らしさに何度も感嘆の声が出た。
何しろ5名全員がこの楓沢コースは初めてだから、この先に何があるのかワクワク感で一杯だった。

途中2ヶ所ほど大きく巻くところがあり、特に2度目の巻き道ではすんなりと回廊に戻ることが出来なかった。
ソロでは多いに不安にかられるところだが、さすが5名10個の目玉で辺りをうかがうとそれなりに踏み跡やピンクのテープが見つかるものだ。

2時間ほど洞門を堪能した後は、V字型の沢を詰め少々藪漕ぎをしてお花畑コースから風不死岳に向かう登山道にぶつかった。
途中、2名とは藪漕ぎの最中にはぐれるというハプニングがあったけれど、お互い声で位置を確認しながらそれぞれ無事登山道に出た後、分岐標識のところで嬉し涙?の再会。

山行記録
紋別橋07:06→二股09:19→登山道合流10:09
f0138096_9122778.jpg

駐車スペースから紋別橋まで3,4分国道を歩く
f0138096_9123543.jpg

f0138096_9124320.jpg

f0138096_9125211.jpg
最初の巻き道をロープを使って登るH原さん
f0138096_913052.jpg

f0138096_9131058.jpg

小石の乗っている部分の砂は雨で流されないための現象らしい
f0138096_9132211.jpg

第2の巻き道を進む同行者。ここでは少しだけ迷走
f0138096_9133033.jpg

舞茸を見つけたかと狂喜したがどうやら糠喜び
f0138096_913383.jpg

第2の巻き道からロープを使って回廊に戻るTOMさん
f0138096_913465.jpg

苔の実?
f0138096_9135458.jpg

二股地点で地図を広げるH原さん
f0138096_914367.jpg

f0138096_914123.jpg

上2枚、ミヤマウズラ?
f0138096_9142170.jpg

大昔の溶岩流で炭化した木であるらしい。前を行くのはKさん
f0138096_9142960.jpg

狭い沢を藪漕ぎしながら進むSさん、その前をTOMさんが行く。この後このお二人とははぐれる?
f0138096_9143851.jpg

シラタマノキ
f0138096_914483.jpg

藪を抜けるとはぐれた二人が見えた。前がSさん、後ろがTOMさん。後ろの山は風不死岳
f0138096_9145820.jpg

藪を抜けると分岐標識が目の前にあった。藪を抜けたKさんとバックに支笏湖
f0138096_9151015.jpg

駐車地点から7合目駐車場までのGPSの軌跡
by tarumae-yama | 2015-09-07 09:36 | 樽前山 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 風不死岳楓沢コースから樽前山、... 風不死岳楓沢コースから樽前山、... >>