風不死岳楓沢コースから樽前山、9月6日-速報版-

シルバーカルテットに40代のTOMさんの5名で楓沢コースから樽前山に登って来た。

苔の洞門を抜けるまで2時間たっぷりかかり、その間高度はたったの200mしか稼げなかった。
その後、少々の藪漕ぎをしてスタートから3時間後樽前山の登山道に合流したのだが、全員とても面白かったと大満足の様子。
もちろん、私も苔の洞門の美しさとワイルドなこのコースがとても気に入った。

だがしかし、途中巻き道を探したり、段差の大きいところでは引っ張り上げてもらったり尻を押し上げたりと少々難儀なところがあり、支笏湖周辺の低山なのに中々ハードルが高かった。

まあそんなところが達成感をより強めてくれたのだろうと思うけれど。

とりあえず、速報版として写真を8枚載せた。
詳細は明日にでもアップしたい。

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_14115121.jpg

f0138096_1412051.jpg

f0138096_1412953.jpg

f0138096_14121750.jpg

f0138096_14122546.jpg

f0138096_14123290.jpg

f0138096_14124199.jpg

二股のところで現在地を確認するH原さんとSさん
f0138096_1412492.jpg

藪漕ぎを終えるとドンピシャで風不死岳と樽前山の分岐地点に出た。左端の二人は樽前山から下山中の千歳のSご夫妻
by tarumae-yama | 2015-09-06 14:18 | 樽前山 | Comments(6)
Commented by まっく at 2015-09-06 22:49 x
楽しそうなルートですね。
苔のカーテンが美しいです。
Commented by なお at 2015-09-07 00:16 x
このルートなんか見覚えが?って思ったら、
知人が5月末に登っていました。
かなり大変だったとサイトにアップしていました。

身軽じゃないときつそうですね。

天気はまずまずでしたか?ネット予報では登山指数がBでイマイチだったので、やめましたが・・・
Commented by tarumae-yama at 2015-09-07 10:11
まっくさん
コメントを有り難うございます。
今回車の関係で声をかけませんでしたが、紅葉の時期に歩いて見ますか?
きっと苔の美しさに感嘆の声が挙がるかと。
Commented by tarumae-yama at 2015-09-07 10:15
なおさん
コメントを有り難うございます。
道新に楓沢の紹介があったので、最近人気が出てるみたいです。
ヤマレコを見ると、我々の1時間後に3名パーティが登ってきて風不死岳に向かったようです。

朝は晴れていたのですが、次第に雲が増して来ました。
それでも樽前山の登山道に出ると、遠望が利いて中々楽しい山行でした。
Commented by すみたこ at 2015-09-09 21:11 x
楓沢、なつかしく拝見しました。沢が終わったあと、半ば遭難気味に硫黄の匂いをたよりに登山道にむかったこと。多分、一台限定の同じ場所に置いた車を回収するのが大変だったことを思い出しました(^_^;)
よくよく見たらこの湖畔の道路に架かる橋の下はほとんど楓沢と似た感じなんですよね…。
他の沢も気になりますが、こんな美しいところはここだけかも知れませんね…(^_^)
Commented by tarumae-yama at 2015-09-09 22:29
すみたこさん
コメントを有り難うございます。
この楓沢を歩いているのですね。
地元の私以上に支笏湖周辺の山を登っているようで驚きです。
この時は、風不死岳を登って北尾根を下りたということでしょうか?
もし、樽前山なら車の回収は本当に大変ですね。

明日のブログの記事で触れようと思っているのですが、確かに楓沢に似たようなところが地形図から数本読み取れますね。
機会をみて楓沢のすぐ隣の沢を歩いて見ようと思います。
同じように苔が美しいことを期待して。
名前
URL
削除用パスワード
<< 風不死岳楓沢コースから樽前山... 実業団陸上競技部の合宿 >>