恵庭岳、8月31日

登山口の駐車場には数台の車があったので、先行者がそれなりにいると思いつつ登ったのだが、その大半は工事関係者の車だったようだ。

昨年9月の記録的豪雨で壊れた砂防ダム等を新たに造るらしく、登山ポストの近くで測量や枝払いの作業が行われていた。

前日の食べ過ぎで身体が重く、第1見晴台までで何時もより30分は余分にかかった。
第2見晴台の直下でスライドしたソロの男性と話しをしたところ、私のブログを時々見ていると言う札幌のKさんで、settidazeさんの友人とのこと。
そのsettidazeさん達とシルバーウィークに白馬岳へ登りに行くそうだ。
もっとも、settidazeさんにはお会いしたことがないのだが、私の山の知人らにユニークで長いコメントをたびたび入れていて、しっかりお名前は記憶していた。

Kさんの話ではこの先誰もいないとのこと。
なるほど、第2見晴台でも頂上でも貸し切りで、下山時に第2見晴台の近くで札幌のTさんご夫妻と挨拶したのみだった。

それにしても、約3週間ぶりの恵庭岳だったのだが、登山道で掘れているところが何カ所かあり、樽前山の東山コース同様登りにくくなっていた。

紅葉にはまだまだ間があるけれど、オオカメノキやナナカマド、マイズルソウの実が赤く色づき、マイズルソウの黄葉に秋を感じた恵庭岳だった。

山行記録
登山ポスト09:25→第1見晴台11:03→第2見晴台11:42→頂上12:05~12:22→第2見晴台12:37~12:47(昼食)→第1見晴台13:09→登山ポスト14:06
f0138096_1520320.jpg

一昨年11月の道迷い遭難死した場所への沢には緑色のロープが張られている(左下)のだが、その近くで砂防ダム造りのための測量が行われている
f0138096_15201014.jpg

キノコがびっしりだが食べられるのだろうか?
f0138096_15201878.jpg

第2見晴台の直下でスライドした札幌のKさん。シルバーウィークに白馬岳遠征だそうだ。正面の写真は遠慮されたので後ろ姿を
f0138096_15202611.jpg

第2見晴台に到着。支笏湖は雲の下で殆ど見えず
f0138096_1520348.jpg

ダイモンジソウ
f0138096_15204139.jpg

この岩塔の左にオコタンペ湖があるのだが、雲のため見えず
f0138096_15204922.jpg

頂上のロープ場の近くでイワギキョウが咲いていた。中央奥に霞んでいるピークは西峰
f0138096_15205838.jpg

頂上は虫が多いので、ロープの基部でガスの切れるのを待っている。自分の足を入れて
f0138096_1521845.jpg

一瞬、オコタンペ湖が見えた
f0138096_15211595.jpg

頂上から、西峰もクッキリと姿を現した
f0138096_15212378.jpg

雲が僅かに切れて支笏湖の一部が見えだした
f0138096_15213191.jpg

下山時、第2見晴台の直ぐ下でスライドした札幌のTご夫妻。頂上岩塔までは行かないと
f0138096_15214042.jpg

マイズルソウの黄葉
f0138096_15214745.jpg

第1見晴台でシラタマノキを入れて、中央奥に頂上岩塔
f0138096_1521582.jpg

ツルリンドウが実を付けている
f0138096_1522982.jpg

ツルリンドウの花
f0138096_15223853.jpg

オトギリソウなのか?
by tarumae-yama | 2015-09-02 07:04 | 北海道100名山 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 樽前山の林道、路肩崩れ 恵庭岳の道迷い対策 >>