樽前山で逆療法?、7月30日

先日捻挫との診断を受け、医師から2週間程度大人しくしていなさいと。
しかし、毎夜の間食は止められないから、2週間も家に閉じこもっていたなら2,3kgは体重が増えそうだし、その間の筋力の衰えを取り戻すのは容易なことではない。
それに、医師は大人しくとは言ったけれど、安静にしていなさいとは一言も言わなかった(と思う)。

実は、痛みが弱くなったなら樽前山に登りに行きたいと相談している。
そんな経緯もあり、腫れと痛みが取れてきた30日、早速樽前山に登って来た。
私としては素人考えだが、痛みがなくなったなら歩くことで回復を一層早めたい、これを逆療法というのかは知らないけれど。

ただ、登山靴は初級者レベルのものではなく、しっかりかかとを包み込む靴に代えた。
この山では持つことのないポールもダブルで使うことにして、それなりの注意は払った。

前置きが長くなったけれど、今樽前山を代表するタルマエソウは完全に終盤に向かっている。
この週末、お花畑コースではタルマエソウをポツポツとしか見ることが出来ないと思う。
外輪山を一周するならそこそこまだ咲き残っているだろうが、株の近くに花を沢山落としているタルマエソウが多いことに気がつくと思う。

今、樽前山で見頃なのはウラジロタデで、シラタマノキも随分と目に付くようになった。
外輪山分岐から西山まではイワギキョウも案外多い。
そして、24日には見つけられなかったネジバナを見ることができた。
それも、今年は例年より多い様に感じた。
モウセンゴケも今年は格別多い様に思う。特に木段の山側に多かったけれど、今は両側で見ることが出来る。

スライドした方から東山頂上の虫が凄いと聞いたので、外輪山分岐から東山に向かうのは虫(無視)、もとい、パスして西山に向かい、今回も6日前と同じように錦岡コースへとトラバースして西山ピークに立った。
このトラバースする登山道周辺が一番タルマエソウが多いけれど、それもせいぜい数日間の事かも知れない。

それにしても、気温が高い上に湿度も高く、汗が大量に出てしんどい樽前山だった。
ただ、右足の痛みは殆ど感じる事なく、3時間少々を案外普通に歩けたのは嬉しかった。
f0138096_8315522.jpg

登山ポストで記帳し、林に入ると途端にセミの鳴き声がかしましい。近くの木にはセミの抜け殻が幾つも目に入った
f0138096_832374.jpg

f0138096_8321966.jpg

上2枚、ミヤマホツツジ。展望台周辺やお花畑コースに多い
f0138096_832287.jpg

ウラジロタデは今が見頃
f0138096_8323653.jpg

f0138096_8324461.jpg

f0138096_8325348.jpg

f0138096_833027.jpg

上4枚、イワギキョウ
f0138096_83376.jpg

シラタマノキをバックに
f0138096_8331526.jpg

f0138096_8332296.jpg

霞んでいるけれど、奥に支笏湖
f0138096_833305.jpg

上4枚、ネジバナ
f0138096_8333684.jpg

西山頂上下の錦岡コースで、コケモモの実
f0138096_8334347.jpg

f0138096_8335018.jpg

f0138096_8335751.jpg

f0138096_834434.jpg

白と紫色のタルマエソウ
f0138096_8341131.jpg

上5枚、タルマエソウ
f0138096_8341894.jpg

ノギラン
f0138096_8342588.jpg

風不死岳分岐近く、支笏湖や奥の山が霞んでいる
f0138096_8343278.jpg

オニノヤガラ
f0138096_8344037.jpg

今年はモウセンゴケがとても多い。真ん中にシラタマノキ
f0138096_8344958.jpg

モウセンゴケの小さな花をアップで
f0138096_8345896.jpg

シラタマノキとバックに溶岩ドーム。 カメラはパナソニックのGM1KとオリンパスのTG-850で撮影
by tarumae-yama | 2015-07-31 13:59 | 樽前山 | Comments(4)
Commented by じん at 2015-08-01 13:11 x
こんにちは。足の具合はどうですか?
ワタシも以前正座でしびれた足で立とうとした時に結構ひどい捻挫をしました。(ボキッと言う凄い音と一気に血の気が引いたので折れたかと思いました…笑)
病院に行かなかったので本当に捻挫だったのか?という感じもあるのですが、寒い日はたまに関節が痛みます。
後々痛みとかが出ないと良いですよね…お大事にしてください^^

お花の写真も綺麗です!
Commented by なお at 2015-08-01 20:51 x
こんばんは。捻挫大丈夫ですか?クセになるかもしれないので気をつけてください。またどうしても登りたいなら、テーピングを勧めます。あと、下山後の冷却ですね。

大雪登る予定だったとのことですが、残念ですね。
でも流石に捻挫中はやめたほうがいいですね。

私もこの間の大雪でリフト乗らずに下山していたら、少し急ぎ足だったため、捻挫しそうになりちょっと怪しかったのですが、その後歩いていたらすぐに治っちゃいました。今まで捻挫という捻挫はこんなに運動しているのにないです。

靴はなるべくどのスポーツも足首までのを使っているからかもしれないです。
Commented by tarumae-yama at 2015-08-01 23:07
じんさん
今晩は。
ご無沙汰しています。

正座のしびれも辛いものがありますね。
池田の寒さは厳しいですから、関節の痛みはきついかと思います。
おかげさまで、私の捻挫は順調に回復しているように感じています。
山へ行けそうですが、あまり無茶をしないように気をつけます。
Commented by tarumae-yama at 2015-08-01 23:14
なおさん
今晩は。
おかげさまで、随分と良くなって来たと感じています。
近いうちに大雪山にも登れそうです。
と言っても、なおさんのように4色登山は無理ですが。

テーピングと下山後の冷却は実践したいと思います。

なおさんも山にはまったようですから、下山時の捻挫やケガには気を付けて下さいね。
名前
URL
削除用パスワード
<< 極楽寺のアジサイ 献血 >>