上ホロカメットク山避難小屋周辺の花、7月16日

上ホロの避難小屋に到着後、ザックをデポしてカメラとGPSだけ持って上ホロの頂上を目指した。
稜線を忠実に上ホロに登り、そのまま上富良野岳を目指せば時間の短縮にはなるけれど、避難小屋から斜面をトラバースして上富良野岳へ向かうコースが、お花畑を通るだけにずっと魅力的。

登頂数を一つ加えることと、お花畑の花を楽しむ事を両立させるならこのコース取りになると思う。

避難小屋からエゾコザクラやエゾノツガザクラなどの群生が続いていたために、今回上富良野岳までの所要時間は、ガイドブックより大幅にかかってしまった。
まあ、ここ数年毎年このコースを歩いていて、何時もの事ではある。

それだけ広大なお花畑を横切るようなこの登山道は素晴らしい。

山行記録
上ホロ避難小屋08:20→上ホロカメットク山頂上08:37~08:41→上ホロ避難小屋08:52~09:03→上富良野岳09:58

枚数があり、同じような写真が多いかも知れない(^^;)
f0138096_21224312.jpg

上ホロ避難小屋近くにザックをデポ。正面に上ホロカメットク山
f0138096_2122549.jpg

登っている途中から、イワヒゲを入れて十勝岳
f0138096_2123358.jpg

十勝岳を入れて上ホロ頂上
f0138096_21232392.jpg

エゾイソツツジを入れて
f0138096_21233297.jpg

群馬から来たと言う。真ん中の女性は、北海道にある日本100名山を今回全て踏破し、合計82座になったとのこと。右端に上ホロの頂上標識が見える
f0138096_21234993.jpg

f0138096_21235659.jpg

上2枚、コエゾツガザクラ?
f0138096_2124863.jpg

上富良野岳をバックにチングルマの群生
f0138096_21241740.jpg

同上、エゾイソツツジ
f0138096_21242515.jpg

避難小屋近くのエゾコザクラの群生
f0138096_21243495.jpg

同上、十勝岳をバックにエゾノツガザクラなど
f0138096_21244345.jpg

f0138096_21245238.jpg

上2枚、エゾノツガザクラ
f0138096_21245987.jpg

エゾコザクラ
f0138096_2125839.jpg

ジムカデ
f0138096_21251794.jpg

チングルマ
f0138096_21252475.jpg

イワヒゲの群生
f0138096_21253361.jpg

メアカンキンバイ?
by tarumae-yama | 2015-07-19 06:44 | 登山 | Comments(2)
Commented by fu-co at 2015-07-19 11:01 x
上富良野岳の手前で、お会いした者です。
その節は、せっかくお話中のところに割り込んでしまい大変失礼いたしました。
あの日は北海道の最終日、5日間で、暑寒別岳、沼巡り、石狩岳、赤岳などを歩きましたが初日以外はお天気に恵まれず、少し残念だったのですが、16日は遠くまで見渡せる素晴らしい好天で富良野岳を満喫することができました。
早朝には白虹を見ることができたとのこと、羨ましいかぎりです。
それにしても上ホロカメットクのお花畑は素晴らしいですね~
上富良野岳から下ってしまったことが悔やまれます。
でも、今は北海道で出会ったお花たちに感謝しながら写真の整理をしているところです。
また北海道に出かけたくなりました!
Commented by tarumae-yama at 2015-07-20 11:23
fu-coさん
コメントを有り難うございます。
ゆっくり山や花などのお話しが出来ずに残念でしたが、16日は本当に天気と眺望に恵まれましたね。もちろん、花も一杯で大満足でした。
今回私が歩いたコースでは、富良野岳もお気に入りですが、上ホロの避難小屋周辺と避難小屋から上富良野岳への登山道脇にお花畑が広がっていて大好きです。

何度も北海道にいらっしゃっているのですね。それもお花がメインの目的のようで、アポイ岳はともかく伊達紋別岳まで登っている事に驚きました。

私のブログによく登場する樽前山も6月から7月は花が多くて素晴らしいです。
今度北海道に来られるときにはぜひ登ってみて下さい。

またブログに遊びに来ていただければ嬉しいです。
名前
URL
削除用パスワード
<< 上富良野岳から富良野岳分岐まで... 十勝岳~上ホロ避難小屋まで編、... >>