樽前山、7月5日-その1-

約束の時刻より早めに駐車場に到着し、朝食のパンを食べながらSさんとKさんの到着を待っていたのだが、その間にも続々と上がってくる登山者の車で駐車場がみるみる埋まり、通行規制で閉め出されないかハラハラドキドキものだった。

Kさんは3,4年ぶりの樽前山だったようだが、こんな状況になっている人気ぶりに驚くというか呆れていた。
同じ北海道100名山(この山は日本200名山でもある)と言えども、週末なのに誰ともスライドしない山を幾つも経験している身としては、確かに樽前山の登山者数は突出しているかも知れない。

ともあれ、ガスのお花畑から932m峰に向かって風不死岳の分岐まで登って行くうちにガスはどんどん消え、我々の頭上には青空が広がった。
もっとも、支笏湖は低い雲にビッシリ覆われていて、青い湖水がチラリとも見えなかった。
多分これは、地面と水面の温度(比熱)の違いで、昇温とともに山側のガスが先に消散したと言う事なのだろう。

だが、932m峰の頂上に立つと、スッキリと支笏湖ブルーが見られ、その奥に羊蹄山や尻別岳が鮮明だった。

山行記録
ヒュッテ前登山口06:42→932m峰頂上08:08
写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_13551825.jpg

お花畑コースで、タルマエソウを撮影中のKさん(手前)とSさん
f0138096_13552748.jpg

タルマエソウ
f0138096_13553975.jpg

頭上は青空だが、前方の支笏湖は雲の下。雲の上から僅かに紋別岳頂上部が見える(中央やや左)
f0138096_13554937.jpg

932m峰頂上直下を進む同行者。左端にクッキリと徳舜瞥山やホロホロ山が見える
f0138096_13555721.jpg

932m峰頂上近くでタルマエソウを撮影するKさん。真ん中に溶岩ドーム、左に東山、右に西山
f0138096_13561528.jpg

932m峰頂上、後続の登山者に撮ってもらったのだが、万歳を要求され(^^;)
f0138096_13562376.jpg

支笏湖を覆っていた雲も消えつつある。中央に紋別岳
f0138096_13563257.jpg

マルバシモツケを入れて樽前山
f0138096_13563942.jpg

西山に向かう途中、大岩の下に咲くイワヒゲを撮影中のKさん
f0138096_1356479.jpg

大岩の上に立つ同行者。この岩の上にタルマエソウが咲いている
f0138096_13565633.jpg

大岩に咲くイワヒゲ、バックに西山
f0138096_13574100.jpg

大岩でタルマエソウを撮影中のSさん。左下に羊蹄山
f0138096_13571430.jpg

大岩を下りたところでスライドした札幌のOさん親子。岩に登る事を勧めてそのOさん親子を撮影
f0138096_13572278.jpg

大岩の下で挨拶をした登山者と記念写真。右のお二人は岩見沢市のSさんとMさん。真ん中の女性は恵庭市のSさん。Sさんも西山に向かうと言うことで、この後外輪山分岐まで我々と一緒する事に
by tarumae-yama | 2015-07-06 14:18 | 樽前山 | Comments(8)
Commented by murakami2231 at 2015-07-06 23:19
今晩は!
樽前山がbusyになるのは、tarumae-yamaさんのブログの魅力では(*^^)

Sさんの復活が大変嬉しいです!
tarumae-yamaさんの人脈の広さ(*^^)

800X600ですか?私は1200X900で、圧縮すると拡大されるEXITEのブログの世界。それでも解像度が落ちない写真、特にタルマエソウに惹き付けられて、登山者の行列が出来るのも時間の問題ですか?
白馬大雪渓に行列3000人。盛夏でも涼しい(10℃前後)大雪渓。盛夏には20℃を越える樽前山。もし、樽前山が富士山と同じ標高なら氷河もあり、苫小牧沖50kmまで裾野を広げます(計算上)樽前山の体積の460倍。

北海道新幹線は苫小牧側を通らないため、七合目から支笏湖まで車が数珠つなぎという、本州の常識の様にはなりません。その位人が動かないと北海道のGDPは増えません。
北海道の将来を生きるHiroの世界を少しでも活性化出来れば嬉しいですが。
Commented by tamataro1111 at 2015-07-07 08:46
お早うございます。
いいですね。本州 ( 横浜 ) ずっーと雨の日々です。(泣)
北海道の写真を観て我慢しますね。。。??
Commented by ぶるまま at 2015-07-07 10:22 x
タルマエソウの産毛が可愛いですよね~。
何とかしてタルマエソウだけでも
見たい!!
比較的空いている?平日なら行けるのでは(笑)と
あれこれ考えてしまいます。

☆☆☆トリオのバンザ~イ写真いいですね~。

Commented by tarumae-yama at 2015-07-07 13:52
murakami2231さん
コメントを有り難うございます。

樽前山に限らず、今登山ブームなのでしょうね。
山ガールの本が出るなんて、3,4年前には思いもしないことでした。

私の圧縮ソフトは、基本的に1024x1024のピクセルサイズにしているのですが、時々上手くいかなくてそれより小さくしたり、画像の鮮鋭化のチェックを外しています。

本州の山では貴重な花の撮影には順番待ちと聞いたことがあります。
白馬大雪渓に私が登ったのは10月の事なので,登山者とはスライドする事無く、一緒になったのは工事関係者のグループでした。
7年前の事です。

Hiro君にはぜひ北海道で大活躍してもらいたいです。
写真を見る度に大人びた表情になっていることに驚きます。
Commented by tarumae-yama at 2015-07-07 13:54
tamataro1111さん
コメントを有り難うございます。
本州の梅雨明けが遅れているのでしょうか?
台風もこの後接近しそうで、気分は晴れませんね。
私のブログの写真で気分転換できるなら幸いです。
Commented by tarumae-yama at 2015-07-07 14:02
ぶるままさん
コメントを有り難うございます。
案外タルマエソウの花期は長いのでまだまだ見られるかも知れません。
1時間歩けるなら、お花畑コースの後半部分にまだ咲き残っていると思います。
7合目の展望台から外輪山まで登れるなら、もっと沢山のタルマエソウが見られるでしょうが、アップダウンのないお花畑コースがお薦めです。

そんな状況まで快復してきているのですか?
ご一緒出来ればと思います。
Commented by naoto at 2015-07-07 20:51 x
4日土曜日に樽前山に登ってきました。
ご来光登山を目論みましたが、あいにく太陽は隠れ気味。その代り雲海を堪能する事が出来て同行者も喜んでいました。
あちこちにタルマエソウが咲き誇り、歩くより地べたに這いつくばって写真撮っている時間が長かったような。

楽しい山ですね!
Commented by tarumae-yama at 2015-07-07 22:59
naotoさん
コメントを有り難うございます。
この日、悪天で樽前山を断念した知人が二組いましたが、ご来光時は案外良い天気だったのですね。
実は、私はこの日3人で恵庭岳の予定でしたが、悪天予報から延期しました。

タルマエソウはいま見頃になって来ましたね。
このところちょくちょく樽前山に登っているので、同じような写真ばかりのタルマエソウになっています。
腹ばいになると違った印象の写真になることがありますね。

naotoさんのタルマエソウと滝雲?の写真、素晴らしいですね。感動的です。
名前
URL
削除用パスワード
<< 樽前山、7月5日-その2- 樽前山、7月5日-速報版- >>