徳舜瞥山とホロホロ山、6月29日

徳舜瞥山には山全体がまだ真っ白な3月8日に登って以来
樽前山から予定外の徳舜瞥山とホロホロ山だったから長靴の用意をしてこなかった。
案の定、昨日からの雨もあって登山道は一部水たまりになっていて、登山靴もズポンも泥だらけ。

途中、ゴゼンタチバナやマイズルソウ、ウコンウツギ等の花を目にしたが、徳舜瞥山の頂上周辺とホロホロ山に向かう登山道沿いに格別種類も量も多かった。

今日は、花さえ撮れたなら眺望が得られなくても良いつもりだったけれど、ホロホロ山に向かう途中からガスが時々切れて青空が覗くようになった。
昼から晴れるとの予報どおりで、駐車場に戻ると青空に徳舜瞥山がクッキリだった。

山行記録
登山口11:03→徳舜瞥山12:24~12:45→ホロホロ山13:26~13:36→徳舜瞥山14:13→登山口15:03

明日は二つの山で撮った花をアップしようと思う。
f0138096_173331.jpg

5合目の水場辺り。苔が美しかった
f0138096_1731272.jpg

早々と下山してきたのは白老町のれいこさんとか
f0138096_1732214.jpg

ガスの徳舜瞥山頂上。今日は私の車を含め10台と平日としては思っていたより多かった
f0138096_1733194.jpg

ホロホロ山に向かう途中スライドした女性は、6月26日に風不死岳頂上で一言挨拶をした札幌のTさんだった。
風不死岳では私のすぐ後に到着したのだが、頂上を素通りしたからそのまま北尾根に下りていったのかと思った。ところがしばらくして戻り、また頂上に寄らずに樽前山方面に下りていったので、印象に強く残った。Tさんは私のオレンジのザック(Amazonで567円!で買ったもの)で思い出してくれた。正面の写真は遠慮されたので後ろ姿を。奥に徳舜瞥山
f0138096_1733958.jpg

Tさんに続いてホロホロ山から下山してきたソロの山ガール。辞退されたので顔にマスキングした。私の顔ではなく声で2週間前樽前山でスライドしたとき話しをしたオジサンだと思い出したそうだ。6月21日の恵庭岳でも後ろから追いついたさとみさんに、下り専用コースに私がいると分かったと言われたから、私の声は記憶に残るほどひどいのだろうか?(^^;)
f0138096_1735185.jpg

6月15日の樽前山で。左の山ガールに今回出会った。ウエアが変わっているけれど赤いザックで思い出した
f0138096_174226.jpg

ヨツバシオガマを入れてホロホロ山から徳舜瞥山に戻る時に撮影
f0138096_1741295.jpg

ガスが切れて登山道も見える様になった徳舜瞥山
f0138096_1743218.jpg

白老コースからホロホロ山経由で徳舜瞥山まで行ってきたという札幌のSさん。この区間でSさんと往復2度会ったことになる。バックはホロホロ山
f0138096_1744148.jpg

この日2度目の徳舜瞥山。私に続いて登り返したのは瀬棚町からやって来たという男性
f0138096_1745191.jpg

下山時の駐車場から。青空に徳舜瞥山の頂上部がクッキリ見える
by tarumae-yama | 2015-07-01 06:53 | 北海道100名山 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 徳舜瞥山とホロホロ山の花、6... リコーGRの福袋 >>