来馬岳とオロフレ山、6月1日-来馬岳編-

シラネアオイが素晴らしいと聞き、意を決して来馬山に登ってきた。
意を決してと大袈裟に書いたのは、この山には強烈な思い出があるから。

14年前の6月11日家内と伊達紋別岳に登り、その後1人で来馬岳に登った。
下山後、麓のカルルス温泉で汗を流そうと裸になると、男の大事な〇〇宝の袋にダニが食いついていた。
まだ頭が入り込む前だったから、家内が笑いをこらえながらヒゲ抜きで取ってくれた。
余談だが、今までダニに喰われて3度医者の世話になっている。

そんなダニ事件以来、足が全く向かなかった来馬岳。
当時と何も変わっていない登山道だが、スキー場のコースを登る5合目までは、斜面がきつい上に直射日光を受けて辛かった。

7合目を過ぎるとお目当てのシラネアオイが目に付くようになって来たが、どちらかと言うとポツポツという感じ。
ところが、頂上を目前に突然の大群落。
少し場所が変わるとシラネアオイの群落にサンカヨウが負けじとかたまってあった。

そのシラネアオイの群落で、6時前にスタートした男性が写真を撮っていた。
その男性は、何と室蘭でラーメン店を経営するなかよしさんだった。

6年前の北海岳でHYMLのペナントをザックにくくりつけていたので、挨拶をしたのが最初だったけれど、その1年後室蘭岳で再会し、更に昨年、風不死岳の頂上近くで3度目のスライド。
そんな出会いがあったなかよしさんから、シラネアオイ畑で色々山関係者の面白い話しなどを聞かせてもらいながら、とても楽しい撮影会だった。

夕張岳のシラネアオイの群落にも感激したが、なかよしさんに他にシラネアオイの見事なところを尋ねると、大千軒岳で色も濃いと即答だった。

頂上でこれから尾根を縦走しカルルス山に向かってオロフレ峠に降りると言うなかよしさんを見送り、私はスキー場コースを下った。

来馬岳のシラネアオイには大満足だったけれど、すでにピークを過ぎて色が抜けている花もあったから、多分見頃はせいぜいこの週末までだろうと思う。

蛇足だが、今シーズン初めてダニ対策用にスチックゼノールAを塗って登った。
駐車場でチェックしたが、薬が効いたのかダニは一匹だに(^^;)目にしなかった。

山行記録
登山口06:13→5合目06:52→頂上07:42~08:20→5合目08:39→登山口08:59
f0138096_11345989.jpg

登山ポストと案内板
f0138096_1135773.jpg

下山時撮影、来馬山は中央やや左
f0138096_11351735.jpg

スキー場のコース途中から振り返って、中央付近にカルルス温泉街。奥に海岸線が霞んで見える。この斜面には背の低いタニウツギ?が多かった。1週間は見事かも
f0138096_11352672.jpg

5合目近く。左端にスキー場の第2リフトが見える
f0138096_11353535.jpg

なんとなくこの木が気になったので
f0138096_11354552.jpg

シラネアオイを前景に、この後登るオロフレ山、その右に徳舜瞥山やホロホロ山、その右に霞んでいるが僅かに恵庭岳の頂上部が見える
f0138096_1135528.jpg

サンカヨウとシラネアオイ、その奥になかよしさん
f0138096_1136167.jpg

シラネアオイと撮影ポイントを探すなかよしさん、山の右端に風不死岳と樽前山
f0138096_11361054.jpg

頂上からカルルス山方面への尾根を歩くと、左に洞爺湖が見えた
f0138096_1272513.jpg

来馬岳頂上のなかよしさん
f0138096_11361843.jpg

オロフレ峠に自転車をデポして来馬山にスキー場から登ってきたと。カルルス山へ向かうなかよしさん
f0138096_11362740.jpg

奥に倶多楽湖とその左下に僅かに橘湖が見える
f0138096_11365247.jpg

なかよしさんから戴いたHYMLのワッペン。なかよしさんが自費で50枚刺繍屋さんに注文したもので、何時か私に山で会えるかもと常時ザックに入れて持っていたと。このご好意には涙が出る程嬉しかった
by tarumae-yama | 2015-06-02 11:51 | 登山 | Comments(4)
Commented by ka-ma-s at 2015-06-02 21:06
tarumae-yamaさんの事ですから縦走してしまったのかと思ってしまいました(汗 ハシゴだったんですね。
333枚ですかぁ 堪能されたんですね。
画像は全部残してるんですか?

天気が良ければ2つの山を登れてしまえるんですね。
楽しみが増えました。案内板のUPありがとうございます。
シラネアオイ今週末までですかぁ 悩みます(笑

今週末は何とか天気がもってくれればいいですね。

Commented by tarumae-yama at 2015-06-03 08:56
ka-ma-sさん
お早うございます。
今門限?が16時なので、中々縦走は難しいです。
体力も落ちていますし。

来馬岳とオロフレ岳でシラネアオイを満喫してきました。

画像は一応外付けHDDにバックアップしていますが、全てJPEGですし大した写真でもないので、それ程と言うか全く神経を使っていません。
HDDが壊れたらあっさり諦めるというスタンスです。
ブログの記録があれば十分と思っています。

この週末は天気が良さそうですね。是非来馬岳とオロフレ山に出かけてみて下さい。
どちらの山も登山者とのお喋りで時間が予想よりかかりましたが、ka-ma-sさんなら登りにそれぞれ1時間半はかからないと思います。
Commented by なかよし at 2015-06-05 19:59 x
りょうさんとの山での出会いは今回で4度だったんですね 失礼しました。3回の偶然も自分で凄いと思ってたのに4回とは何かお互いに日程を合わせて登ってるみたい(笑) 先日は峠に着いてからオロフレの頂上へ向かったのですが羅漢岩のチングルマを見て帰ってきました。来週の月曜日もし用事が無ければオロフレのシラネアオイを見て来ようと思ってます。りょうさんの次回のご予定は?
Commented by tarumae-yama at 2015-06-06 16:56
なかよしさん
コメントを有り難うございます。
朝早くから登っている人がいるものだと感心しながら頂上直下まで行くと、その登山者が何となかよしさんでビックリやら嬉しいやらでした。
二人きりの撮影会?は楽しかったですね。
峠で自転車を見つけることが出来ませんでしたが、人目に付かないように置いて行ったのですね。
本当によくお会いするので、まるで約束している様ですね。

今日は樽前山と風不死岳に登ってきましたが、樽前山でも驚きの出会いがありました。
一組の方とは何と半年の間に3度目のご挨拶でした。

月曜日は、雑草が伸び放題の庭仕事になりそうです。
なかよしさんのオロフレ山、天気に恵まれると良いですね。

ワッペン、本当に有り難うございます。
今ザックに付けて山に登っています。

名前
URL
削除用パスワード
<< 来馬岳で見たシラネアオイなど、... 来馬岳とオロフレ山、6月1日-... >>