風不死岳と樽前山、5月24日-速報版-

男性シルバーカルテットで北尾根から風不死岳に登り、下山後樽前山西山のピークに立った。
その後、東山には寄らず7合目の駐車場へ。

明日14時に5合目のゲートが開放されると言うことからなのだろう、苫小牧山岳会の17名が登山道の整備やゴミ拾い等で汗を流しているところにぶつかった。

7時半にはすでに5合目ゲート付近に20台以上の車が路肩駐車していたから、ゲートが開放された後の週末は、多分7時頃までに駐車場に入らなければ、5合目のゲートで交通規制に遭うかも知れない。

例によって速報版と言う事で、とりあえず写真を4枚アップした。
詳細報告は明日にでも。

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_16435749.jpg

風不死岳の鎖場を下りるKさん
f0138096_16441048.jpg

桜を入れてバックに支笏湖と恵庭岳
f0138096_16441957.jpg

コメバツガザクラを前景に樽前山の溶岩ドーム
f0138096_16442735.jpg

登山道脇に早くも白いコマクサが蕾を付けていた
by tarumae-yama | 2015-05-24 16:47 | 北海道100名山 | Comments(6)
Commented by ひかる at 2015-05-24 19:44 x
ご無沙汰してます。5合ゲート下山後に北尾根登山口戻ると赤い車にもしかして(違ったかもですが)とブログ拝見。時間差で北尾根からスタートとニアミスのようでした。東山経由にコマクサ状態見れませんでしたが、間もなく開花のようですね。
Commented by murakami2231 at 2015-05-24 22:03
こんばんは。
樽前山にはコマクサは自生していませんでした。
富良野岳のあのコマクサと同様の園芸種です・・・

樽前山は、コマクサや砂礫層に咲くリシリヒナゲシの種を蒔けば、ちょっと暑いけど、大生息地になり得ますよね?
心ない、人間とは言えない怪物が植えた白花のコマクサ。花に罪は無いのでしょうけど、全て消去を!
そう思い除草剤を背負って登りましたが、蒔けばタルマエソウも500年は根付きません。

高山植物は、踏みつけにさえ弱いのです。ましてや、除草剤は分解されません。心ない人達によって自然界は大混乱です。カブトムシも外来昆虫なので、北海道では駆除の対象です。その他、例は山ほど。
tarumae-yamaさんは、樽前山に植えられた(私の花壇にもあります)コマクサをどう思われますか?
私の庭より涼しい樽前山なら、コマクサ(園芸種です!)は環境も最高ですね。外来種(園芸種)で砂礫地が覆われ、綺麗ですが、樽前山では無いと思います。そうなっても、リセットに除草剤も蒔けません。ちょっと残念な風景でした。
Commented by なお at 2015-05-24 22:18 x
こんばんは。
風不死岳と樽前山行ったんですね。
もう雪はない感じですね。

私は7合目まで行けるようになってから風不死岳行こうかと思っています。もしくは北尾根登山口から行くか・・・?

私は今日はアポイ岳行ってきました~
Commented by tarumae-yama at 2015-05-25 09:21
ひかるさん
お早うございます。
ヤマレコを見て同じコースを歩いたと知り驚きました。
私達は北尾根を10分遅れでスタートしたようです。
その後は離されるばかりで、風不死岳の頂上ではもう樽前山に向かって下りた後だったみたいで、会えずに残念でした。

コマクサは抜かれる運命かも知れませんが、白いコマクサはあと10日もすれば開花しているかも。
Commented by tarumae-yama at 2015-05-25 09:31
murakami2231さん
お早うございます。
リシリヒナゲシも樽前山の地質なら大生息地になる可能性はありますね。
コマクサがもともと樽前山に自生していたものではないことは承知しています。
ある人が植えたと言う事を伝聞で知っていますし、その後の経過なども色々見聞きしています。
ただ、私の考えを今このコメント欄で書くのは止めておこうと思います。
今度山を一緒するときにでも。

そう言えば、富良野岳のコマクサは樽前山の様には増えていないように見えます。何か対策を取っているのでしょうか。

富良野岳は6月下旬に計画しようと思っています。
Commented by tarumae-yama at 2015-05-25 09:36
なおさん
お早うございます。
アポイ岳は花がいろいろ咲いていて楽しんだのではないでしょうか。

風不死岳も樽前山も僅かに残雪を見ることが出来ますが、登山道はほぼ完全に乾燥状態で歩きやすいです。

なおさんの脚力なら、樽前山の7合目から風不死岳と樽前山の二つは軽いと思います。
或いは、北尾根から風不死岳を登り、樽前山の外輪山を一周してからまた風不死岳に戻り、北尾根を下山すると言うのもなおさんならありかと思います。
名前
URL
削除用パスワード
<< 風不死岳と樽前山、5月24日... 千歳市郊外の菜の花畑 >>