稀府岳と伊達紋別岳、5月5日-伊達紋別岳編-

稀府岳下山後、伊達紋別岳の駐車場で昼食を摂り、11時36分に登り始めた。
この山もスパイク長靴のつもりだったが、頂上まで雪がなくて登山道は乾いているとの話しに、スニーカーで登る事に。

駐車所の周りには桜が咲いていて気持ちが良い。
登山道にはスミレが多く、他にはマイズルソウ、エンレイソウ、シラネアオイ、ヒメイチゲなども眼に入ったけれど、多分1週間後にはこれらの花が見頃を迎えていると思う。

さすがにスパイク長靴からスニーカーにした分、足は軽い。
登りに2時間、下りに1時間30分と計算していたが、登山道はずっと乾いていた上に、ほてった身体にやや強めの風がほど良く冷やしてくれたおかげで、我々はそれより短時間で往復出来た。

頂上から遠望が利けば、洞爺湖の奥に白い羊蹄山がクッキリと望めるのだが、黄砂の影響らしく湖すら判然としない霞みようだった。

前日のブログで書いたように、以前山でスライドしたり、途中から同行したりした顔見知り3組と遭遇したのは驚きであり嬉しくもあった。

山行記録
登山口11:36→いっぷく広場12:36~12:39→前伊達紋別岳12:59→伊達紋別岳13:14~13:21→前伊達紋別岳13:37→登山口14:37
f0138096_1246127.jpg

登山口周辺の桜の開花状況を見るN君
f0138096_12461349.jpg

スタートしてから5,6分後、ポストで登山名簿に記入。記入している登山者は多くなさそう
f0138096_12462445.jpg

2合目付近で、白花のシラネアオイを撮影中のN君
f0138096_12463514.jpg

一望台まで26分、ここの桜は満開に近い
f0138096_12464335.jpg

いっぷく広場で休憩していた3人のタイ人を入れて。一緒のアメリカ人ははるか前方
f0138096_1246516.jpg

八合目付近を行くN君。前方に前伊達紋別岳
f0138096_1319750.jpg

頂上で、アメリカ人に撮ってもらう
f0138096_13192271.jpg

頂上から、正面に霞んでいるが洞爺湖と左に有珠山
f0138096_12465920.jpg

下山時、遅れていたタイ人女性2名が登ってくる
f0138096_1247759.jpg

下山時、前伊達紋別岳の標識を入れて
f0138096_12471339.jpg

遠方に凄い勢いで登ってくるソロの登山者が見え、(当然)男性と思っていたが、スポーツクラブに勤務する(女性)インストラクターとのこと。なるほどと納得。山報告はYAMAPを使っているらしい
f0138096_12472231.jpg

f0138096_12473021.jpg

f0138096_12473759.jpg

f0138096_12474446.jpg

f0138096_12475223.jpg

f0138096_12475910.jpg

花の名前には自信がないので写真のみ
by tarumae-yama | 2015-05-08 07:26 | 登山 | Comments(6)
Commented by N君 at 2015-05-08 22:58 x
伊達紋別岳、結構歩きごたえありますよね。
いっぷく広場過ぎて稜線に出てもアップダウンがあり景色を見ながら楽しいです。
自分もいつか知ってる顔の人とばったり会ってみたいものです(笑)
Commented by なお at 2015-05-08 23:52 x
ブログ拝見しました。
出会いがあったようでいいですね。

私はまだまだ登山回数は少ないですが、あのように話しかけられたのは初めてですね。
自分からも札幌岳ですれ違った方にあとどのくらいで山頂か聞いたことくらいしかないです。

またどこかでお会いするかもですね。
Commented by tarumae-yama at 2015-05-09 08:32
N君
最初の登りが少々きつく感じますが、花を見ながら頑張っていっぷく広場まで行けば、あとは気持ちの良い稜線歩きですね。花は更に種類を増すでしょうし。
ただ、N君には物足りない距離ですね。
年間100座のペースで登っているのですから、多分以前にスライドした登山者が何人もいると思いますよ。
Commented by tarumae-yama at 2015-05-09 08:43
なおさん
コメントを有難うございます。
この山は登山口が一つでコースも往復するのみですから、必ず登山者とスライドしますね。
その点、樽前山だと外輪山一周やお花畑コースなどがあって、必ずしも登山者とスライドする訳ではありませんから、例え知人が登っていても会えない可能性があります。

なおさんが、山で頂まであとどのくらいか聞いても参考にならないのではないでしょうか?
グイグイ登ってくるスピードにN君と感心していたくらいですから。
Commented by なお at 2015-05-10 12:47 x
私は初心者なので知識もない中登ているので、かなり下調べをして行くのですが、札幌岳のときはよく分からずに登ってしまったので、小屋からあとどのくらいかは参考になりました。

確かに山ガールの本などでのコースタイムを参考にしますが、殆どはそれを上回りますね。
でもタイムはそれ以上かからないと予測がつくので、やはり山行計画には必要ですね。

昨日同僚に先日恵庭岳の前まで行ってみたが、やはりひどいししばらくは修復しないと書かれていたと言ってました。
Commented by tarumae-yama at 2015-05-10 18:13
なおさん
今日は。
重ねてのコメントを有り難うございます。

ガイドブックやHPなど、自分と同じくらいのタイムのものを見つけると参考になると思います。
YAMAPの他にヤマレコなども役立つかと思います。

恵庭岳は、登山口の駐車場が昨年9月の大雨の被害でひどい状況になっていますが、駐車場を迂回するコースがあり、2合目から上では大雨前と殆ど変わっていないと言えます。
明日、夏道から恵庭岳に登る予定ですから、良ければ山行の参考にして下さい。
ただし、私のタイムはなおさんには(遅すぎて)役立たないと思います。
名前
URL
削除用パスワード
<< 壮瞥公園の梅林 伊達紋別岳、5月5日-驚きの出... >>