風不死岳、4月26日

路肩にまだかなりの積雪があったけれど、路面は7合目のヒュッテ前まですっかり乾燥していて、電動アシスト自転車「ハリヤ」を使ったのは大正解だった。

今日はスパイク長靴でスタートしたが、ヒュッテからはワカンを履いた。
この時期としては気温が高く、出だしから腐れ雪だったのでつぼ足ではかなり埋まったと思う。

やや霞んでいるものの、青空が広がり体調も良くて順調に風不死岳の登山口まで1時間かからず到着。
今日は夏道を通らず、沢筋を進んでニセピークの尾根に取りつき頂上を目指すつもり。
ところが、2年前に2度使っているルートにもかかわらず、なぜか風不死岳からどんどん離れ、今は登山禁止の苔の洞門コースに入り込んでしまった。

GPSを取りだし現在位置を確認して愕然となったけれど、そこで風不死岳の頂上をあらためて登録。
GPSが示す頂上方向の手前には四つん這いになるほどの急登があり、冷や汗をかきつつ予定より1時間も余計にかかって何とか風不死岳に到着。

それにしても、2年前の記憶が全く飛んでいることに暗然たる気持ちになった。
これからは、目をつぶっても歩けると思っている樽前山にさえGPSを持って行かなければならないのかも。

帰宅時刻まで余裕がなくなり、4月1日以降間が開いたので状況を知りたくて登る予定だった樽前山を断念、5合目からの舗装路を瞬間時速50kmでゲートまで駆け下りた。

山行記録
ゲート07:41→5合目ゲート07:55→ヒュッテ08:10~08:15→風不死岳頂上11:18~11:57(昼食)→ヒュッテ13:43~13:53→5合目ゲート14:02→ゲート14:10
f0138096_11403197.jpg

ゲート横の駐車場でバッタリの出会いだったmurakami2231さん達と樽前山をバックに記念写真。mino321さんにシャッターを押してもらう
f0138096_11404020.jpg

樽前山のお花畑コースは殆ど雪の下。右手に支笏湖
f0138096_11404912.jpg

支笏湖と奥に紋別岳
f0138096_11405722.jpg

風不死岳の登山口を示す矢印の岩、登山口は右端。ここを登らず夏道を右手に見ながら沢地形へ
f0138096_1141533.jpg

下山時、矢印の岩の後ろから、樽前山の溶岩ドームが正面に。右端は932m峰
f0138096_11411375.jpg

ルートを間違え苔の洞門コースへ下ってしまった
f0138096_11412129.jpg

頂上に到着すると苫小牧からの4人パーティが下山準備中で、降りる前に写真を撮らせてもらった。左端の女性がY君の友人とのこと
f0138096_11412876.jpg

樽前山をバックにヤマレコでお馴染みのsyunpaさんに撮ってもらう。mino321さんにはマスキング
f0138096_11594218.jpg

昨年4月25日に撮影した樽前山。上の写真と比べると雪解けが進んでいる。もっとも一昨年の4月は今年より雪が多かったから、昨年は格別少雪だったのかも知れない
f0138096_11413625.jpg

mino321さんとsyunpaさんはヤマレコの友人同士とのことで、樽前山を眺めながら昼食中の二人を。上空にはレンズ状の高積雲が二つ。この雲は高さ4,5000mくらいだろうか。雲の形からこの高さも強風のようだ
f0138096_11414389.jpg

奥に徳舜瞥山とホロホロ山
f0138096_11415088.jpg

ニセピーク手前で振り向くと、頂上で手を振るmino321さんと中1のお嬢さん
f0138096_11415646.jpg

ニセピークから支笏湖と恵庭岳
f0138096_1142582.jpg

樽前山の東山頂上は強風だったと言う登山者とスライド。この先から斜面のゼブラ模様を撮影すると。中央左に932m峰、右に風不死岳
f0138096_11421266.jpg

下山時、スノーボードを背負った青年が登ってきた。手前の車はヒュッテ管理人さんの愛車
f0138096_11422183.jpg

5合目ゲートと愛車の「ハリヤ」。もう1台のマウンテンバイクはヒュッテ前で会ったボーダーのものか?
ゲート前の立て看板にはこのゲートは5月31日まで閉鎖と表示されている
by tarumae-yama | 2015-04-28 12:09 | 北海道100名山 | Comments(3)
Commented by minoko at 2015-04-28 21:26 x
こんばんは!
ほんと、びっくり&嬉しい出会いでした。
genさんに話すと羨ましそうでした。
また一緒に登りたいなと常々言っていましたので。
あっ、今も「タイミングさえ合えば、いつでもご一緒する気ではいます!」と言っています(笑)
娘達も「楽しいおじさんだったね」と。
山頂で頂いたマシュマロは忘れないでしょう。
また支笏湖周辺でバッタリお会いできそうな予感がします。その時は、たくさんお話しさせてくださいね。
Commented by tarumae-yama at 2015-04-28 23:25
minokoさん
今晩は。
コメントを有り難うございます。

思いがけずminokoさんとお嬢さん二人にお会いすることが出来、本当に嬉しかったです。
ヤマレコでご家族が楽しそうに登っているのを何時も微笑ましく拝見していましたから。
ご主人とは白老岳でご一緒でしたが、今回は突然なことにびっくりでした。
北尾根からの風不死岳に変更して一緒に登らなかったのが悔やまれます。

「楽しいおじさんだったね」は嬉しいですが、お菓子で釣った感じがしないでもありません(^^;)

今度、ご主人を含め皆さんとご一緒する機会があればと願っています。

これからもよろしくお願い致します。
Commented at 2015-04-29 23:10 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
名前
URL
削除用パスワード
<< 小幡さん、エベレストで雪崩に巻... アズキナ採り >>