イチャンコッペ山と幌平山、4月22日-速報版-

朝から良い天気だが、午前中来客があり、午後からでも登れる山と言うことで4ヶ月ぶりのイチャンコッペ山へ。
少し霞んでいて支笏湖や周りの山がクッキリとはいかなかったけれど、久しぶりにソロでの登山を楽しんだ。

下山途中から、幌平山にも登ってきたが、頂上標識が見つからず随分先まで探し回った。
3月1日に登った時は目の高さにあったという意識が強く、標識の回りを探していたのは正解だったのに、高い位置に付け替えたかと思うほど積雪が少なくなっていて、探す視点が低すぎた。

実は、幌平山下山後に紋別岳も登る予定だったが、幌平山の雪の状態が悪く、思わぬ時間がかかって断念。
イチャンコッペ山はまだまだ雪山だが、登山道のない幌平山はもう終わりに近いと感じた今日の山だった。

とりあえず写真を5枚アップし、山報告は明日以降にしたい。
f0138096_1721527.jpg

左端に紋別岳、支笏湖の奥の樽前山や風不死岳は霞んで見える
f0138096_1722283.jpg

イチャンコッペ山の頂上標識はようやく顔をのぞかせ出した
f0138096_17221067.jpg

幌平山頂上から、崩れた雪庇と奥に恵庭岳
f0138096_17221949.jpg

この標識を見たとき、上に付け替えたと思ったほど随分高く感じた
f0138096_17225838.jpg

今年の3月1日に登った時は、確かに頂上標識は目の高さにあったのだが・・・
by tarumae-yama | 2015-04-22 17:32 | 登山 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< イチャンコッペ山と幌平山、4月... 白老3山、4月19日-白老岳... >>