白老3山、4月19日-白老岳から北白老岳経由で下山編-

白老岳から北白老岳へは尾根を忠実にたどるつもりだった。
しかし、白老岳から見ると、手前のピーク近くの尾根上には雪解けのためハイマツ地帯が広がっている。
それで、手前のピークへほぼストレートに登った(4月19日の記事にGPSの軌跡あり)。

このピークに出ると、支笏湖方面の素晴らしい光景が一気に展開される。
ここから北白老岳への歩きとその後もしばらく続く尾根歩きは本当に素晴らしい。

ただ、北白老岳でスノーシューやワカンに履き替えるのを面倒がってアイゼンのまま下山したため、何度か踏み抜いてしまった。
雪解けが急ピッチのこの時期、予想もしないところで落とし穴にはまるから変に疲れる。
まあそれでも、腐れ雪で余り滑らない尻滑りを楽しみながら無事下山。

山行記録
白老岳11:43→(途中で昼食)→北白老岳12:39~12:46→登山口駐車場13:51
f0138096_15491450.jpg

白老岳から左端の北白老岳に向かう。北白老岳と手前のピークの間から支笏湖が僅かに見える。手前のピークの直下は雪が解けてハイマツ帯が広がっている
f0138096_15492381.jpg

手前のピークの直下を直登するN君
f0138096_1549303.jpg

最後尾のHさん。バックに白老岳
f0138096_1675946.jpg

N君、手前のピークに到着
f0138096_1549465.jpg

そのピークから、支笏湖と右に風不死岳や溶岩ドームを乗せた樽前山
f0138096_15495415.jpg

素晴らしい眺望を右手に見ながら前方の北白老岳に向かう同行者
f0138096_1550352.jpg

北白老岳頂上の同行者
f0138096_15501784.jpg

北白老岳で撮影中の同行者を
f0138096_15512934.jpg

枯れ木のオブジェ。枯れ木の奥に尻別岳と右にとうとう雲の取れなかった羊蹄山
f0138096_15513886.jpg

正面に白老岳と右にピラミダルな南白老岳。登山道のないこれらの山はそろそろ終わりだろうか
by tarumae-yama | 2015-04-22 07:16 | 登山 | Comments(4)
Commented by N君 at 2015-04-22 12:30 x
北白老岳、素晴らしい眺めでした!
自分のSNSの投稿にも書きましたが、素晴らしい眺めにカップヌードルも美味くなりましたよ~(^^)
来シーズンは、白老3山セットで登りますよ!
また、よろしくお願いします(^^)/
Commented by カナ at 2015-04-22 13:42 x
tarumae-yamaさん 先日の再会 びっくりしました。
またお会いできて嬉しかったです♪
白老三山、初めて登りましたが 眺望が素晴らしくってまた来年も!と思っています。
南白老、ザック、シューもデポして ツボ足で挑みました。ザクザクでした。
下り、、とても怖かったです(>_<)
また どこかでお会いできるのを楽しみにしています。
Commented by tarumae-yama at 2015-04-22 17:40
N君
北白老岳は登りに使っても下りに使っても、ここからの展望は素晴らしいものがありますね。
雪が締まってくる時期なら、3つ登っても5時間程度ですから本当に手頃な山ですね。
南白老岳の急斜面だけはやっかいですが、毎年この3山をセットで登りたいですね。

昼食のカップヌードル、本当に美味しそうでした。
私は相も変わらずの菓子パンで、もう飽きました。

来年もまた賑やかに行きましょう。
Commented by tarumae-yama at 2015-04-22 17:57
カナさん
コメントを有り難うございます。
驚きの再会でした。
時間的に白老岳で昼食を摂るならそこでまたお会いしてお話しが出来るかもと期待したのですが、殆ど話しが出来ず残念でした。お互い団体行動だから仕方がないですね。

ヤマレコで、予定外の南白老岳にも登頂したと知りました。
更に、その南白老岳で登り返して尻滑りを楽しんだとのこと。
どおりで、駐車場にまだ皆さんの車が残っていた訳が納得でした。

確かに、南白老岳のあの斜面は急ですから、特に下りでは緊張しますね。
リーダーの、スリップしないでくれという願いは良く分かります。

白老3山は、それぞれ特長があって楽しめますね。
3つ登ってもそれ程時間はかかりませんし、毎年セットでぜひ登って下さい。

またお会いする機会があれば嬉しいです。
名前
URL
削除用パスワード
<< イチャンコッペ山と幌平山、4月... カタクリの花とタマゴケ >>