白老3山、4月19日-南白老岳から白老岳編-

南白老岳では目的の赤い頂上標識を見つけて写真に納めることが出来た。
想定の時間内で登れたこともあり、満足しながら次の白老岳へ。

だが、下りの急斜面は雪が腐っている分アイゼンではかえって降りにくく、2度3度スリップしかけた。
後続のN君は途中から尻滑り気味に下り、続くHさんは前転したのか、何と両手を前に腹滑り?状態だった。

ともあれ、15分かからずザックをデポしたコルまで降り、アイゼンのまま白老岳に向かった。
ここから白老岳まではアイゼンでも殆ど埋まらず順調だった。
しかし、頂上部はハイマツや笹が出ていたため、迂回気味に頂上に立った。
頂上近くで、北広島市から来たと言う10名を超すパーティーとスライド。
その中の一人は、以前Hさんと北広山でお話しをした人らしい。

大パーティーに続いて降りてきたカナさん達のパーティーと今日2度目の出会いがあった。
リーダーのyamanaka1114さんと少々山情報の交換。

今や無人となった頂上で、3月26日に登った時は雪の下だった大きな木彫りの標識を持ち上げて記念写真を撮った。

山行記録
南白老岳10:54→白老岳11:36~11:43

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_15425094.jpg

あちこちに亀裂があるので、24日に再訪するときはこの斜面を登れるか?
f0138096_15425934.jpg

南白老岳は遠くなった。中央左の奥にホロホロ山と徳舜瞥山
f0138096_1543869.jpg

白老岳の頂上直下。ハイマツが出ていて左側から迂回して登る同行者
f0138096_1543163.jpg

同上。少しアップで
f0138096_15432436.jpg

コルに昼食などが入ったザックを置いて軽身で頂上にやって来た北広島市からのパ-ティーが降りるところとスライド
f0138096_154332100.jpg

大パーティーに続いてカナさん達のパーティーが降りてきた
f0138096_15434044.jpg

斜面が急なためか、スノーシューを手に持ってカナさん達が降りていく。前方に頂上部が雲の中の羊蹄山
f0138096_15434885.jpg

雪が解けハイマツが出ている頂上で同行者。二人の間から恵庭岳が見える
f0138096_15435757.jpg

雪崩斜面を見せている南白老岳。左端に徳舜瞥山、右端にルスツのスキー場が見える
f0138096_1544571.jpg

記念撮影後、北白老岳に向かう
by tarumae-yama | 2015-04-21 07:16 | 登山 | Comments(2)
Commented by N君 at 2015-04-22 12:25 x
2月に登ったときは、強風とガスで眺望なし。
今回は納得の頂上からの眺め。羊蹄山に雲がかかってるのが残念でしたが。
大きい頂上看板あるとは知りませんでしたね。
思わず持ち上げてしまいましたが(笑)
Commented by tarumae-yama at 2015-04-23 07:36
N君
お早うございます。
コメントを見逃し、遅くなってゴメンナサイ(^^;)
頂上にハイマツが現れている時に登ったのは随分昔なので、その時この大きな看板があったのかどうか記憶にありません。
N君の顔がもう少し出ていたなら良かったですね。
Hさんのおかしそうな表情が良いと思いました。
名前
URL
削除用パスワード
<< カタクリの花とタマゴケ 白老3山、4月19日-南白老岳編- >>