樽前山、3月6日

8時頃ゲートに到着するとヒュッテ管理人さんの車だけで、私が一番乗りの様子。
スノーシューをザックに歩くスキーでスタートしたが、有り難いことに前日のものと思われるスキーのトレースが続いていた。
積雪は前回1月19日に登った時よりずっと増えていて、ヒュッテに到着すると管理人さんがせっせと除雪作業をしていた。
その管理人さんの話だと、先月の下旬から連日の降雪だそう。

今回思うところがあって、登山靴もアイゼンも携行をしなかった。
今年は暖冬だから斜面はカリカリに氷化していず、スノーシューだけで登れると。
まあ、直登が無理なら932m峰方面へトラバースして、適当なところから外輪山上の夏道に出れば良し、それも無理なほどカリカリなら引き返せば良いだけのこと。

思惑どおり東山の斜面は氷化はしていなかったものの、新雪が積もっていて軽いラッセルを強いられながら、とりあえず932m峰に向かった。
歩くスキーの専用靴にスノーシューだから、ロングスパッツをしていてもゴア製ではないこの靴は徐々に浸みてきて、この点は判断ミスだった。
それに、東山の頂上からの急な下りは、この専用靴では心許なく、登山靴のようにはつま先を護ってはくれなかった。

結果的に、932m峰も東山の頂上も歩くスキー用の靴とスノーシューで登ったけれど、確かに軽量にはなったものの、この組み合わせはアイデア倒れだった。

今日は私を含め4組5名の登山者だったが、実際にスライドしたのは札幌からのスキーとボードの2人組だけだった。
実は、同じ市内在住のizumisawaさんも私の直後に単独で樽前山に登ったらしい。
ゲートで私の車を見て電話をくれたのだが、その時イヤホンで音楽を聞きながら登っていて、下山後携帯を見るまで気がつかなかった(^^;)

私が932m峰に向かっているところが見えたとのことだが、izumisawaさんは時間がなくて東山のピストンで下山したらしい。
時間にして僅か2,30分の差だったようで、お会い出来ず何とも残念だった。

山行記録
ゲート前08:10→7合目ヒュッテ09:48~10:05→932m峰11:17~11:22→樽前山東山頂上12:14~12:18→7合目ヒュッテ12:43~13:00(昼食)→ゲート前13:51
写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_14434758.jpg

樽前山に登る前に、モラップから支笏湖と対岸の山並みを撮影
f0138096_14441774.jpg

7合目ヒュッテは目前。正面に噴煙を上げる樽前山
f0138096_14442661.jpg

前方に風不死岳を見ながら932m峰へ
f0138096_14443633.jpg

樽前山の東山斜面と噴煙
f0138096_14444671.jpg

トラバース中に、支笏湖と奥の紋別岳
f0138096_14445581.jpg

前方に目指す932m峰が白く輝いている
f0138096_1445950.jpg

撮影する自分の影を入れて支笏湖を
f0138096_14451931.jpg

932m峰の尾根に取りついて、振り向けば噴煙と雲が一体となった溶岩ドーム
f0138096_14452865.jpg

932m峰の頂上から風不死岳と支笏湖。雪が降り出してきた
f0138096_14453674.jpg

932m峰をバックに東山に向かう。私のスノーシューの跡の隣にはスキーのトレース。izumisawaさんのものだろうか
f0138096_14454596.jpg

頂上は小雪と濃いガスで視界は10m程度。下山の方向を間違えないよう、ここでザックからGPSを取り出す
f0138096_14455330.jpg

下山時、雲の下に出て視界が良くなって来た。はるか下に登山者が2人見える
f0138096_1446277.jpg

その登山者と挨拶を交わし、見送る。ボーダーの男性はヤマレコの会員だった
f0138096_1446116.jpg

急斜面の下山は、歩くスキー用の靴ではつま先が痛くて辛かった。とりあえずヒュッテまで無事下山
f0138096_14462378.png

GPSの軌跡
by tarumae-yama | 2015-03-07 15:10 | 樽前山 | Comments(6)
Commented by kitcat at 2015-03-08 09:46 x
○ 冬の支笏湖がこんなにきれい…
 どこまでも澄んだ青い空に、透明感のある雪、クリーンな空気… 冬山ならではの光景ですね…♪
 樽前山が活火山だとは知りませんでした。
 危険なときは、スキーだとピュ~と逃げられそうです。
 CPSの軌跡を、自分でもやってみなくっちゃ…。(カメラ機能にあるのだから…)
              <ののちゃんより>
Commented by izumisawa at 2015-03-08 13:55 x
姿は遠くに見えていましたが、追いつけず…
頂上で昼食とりながら待っていましたが、寒さに耐えられず、滑って下山しました。
お会いできず、残念でした。
頂上以外は天気が良くて気持ち良かったですね。またよろしくお願いします!
Commented by tarumae-yama at 2015-03-08 21:24
kitcatさん
コメントを有り難うございます。
樽前山から見る支笏湖が大好きです。
例年ならもっと厳しい冬山なのですが、今年は暖冬なので随分と登りやすいです。
支笏湖のブルーも、昨年9月の記録的大雨で緑色に濁っていたのですが、ようやく本来の碧に戻りました。

樽前山は、3重活火山として有名な山です。
いつの日にか噴火することがあるのでしょうね。

(カメラの)GPSの軌跡の取得方法、難しいのでしょうか?
Commented by tarumae-yama at 2015-03-08 21:27
izumisawaさん
コメントを有り難うございます。
樽前山でお会い出来ず、何とも残念でした。
頂上到着時はともかく、朝は素晴らしい青空でしたね。

次回ご一緒するとき、天気と眺望に恵まれて欲しいです。
予報では風が強そうですね。
Commented at 2015-03-31 13:53 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tarumae-yama at 2015-03-31 17:06
M6さん
コメントを有り難うございます。
最近、ブログを見ているという方から立て続けにコメントが入り、嬉しいことです。

樽前山のゲートから先の路面状況の件ですが、1週間ほど前に5合目までロータリー除雪車が入ったそうです。
ただ、積雪が1.7mと例年より多く、除雪は1.5mの深さまでで残りの20cmほどは凍っていてそのまま残っていると言う関係機関の話し(3月31日)です。
それから1週間経っているので、場所によっては路面が露出しているかも知れません。
実は、明日樽前山に登る予定ですから、ブログで報告したいと思います。
名前
URL
削除用パスワード
<< 徳舜瞥山、3月8日-速報版- 樽前山、3月6日-速報版- >>