風不死岳北尾根、2月26日

26日は単独で樽前山を予定していた。
すると、前日にizumisawaさんから山のお誘いメールが来て、結局風不死岳となった。
風不死岳は彼と昨年3月初めて一緒に登った山だが、風雪のために途中で撤退している。
今回、体力ばりばりの札幌のSさんも同行出来るとのことで3名パーティとなった。

4合目まではうっすらと新雪が乗っていたけれど、しっかりとトレースがあって有り難かった。
そこから先はトレースが風雪のために判然とせず、合目毎に先頭を交代して登った。
8合目辺りでアイゼンに交換したけれど、思いの外埋まって想定外に時間がかかった。

我々と来月エベレストに向かう小幡さんを加え4人で登った恵庭岳も、厳冬期とは思えない穏やかな天気だったけれど、今回も同様の穏やかでやはり誰にも会わない静かな山だった。

山行記録
登山口08:42→頂上11:23~11:50(昼食)→13:08
f0138096_12121990.jpg

入山名簿に記入するSさん
f0138096_12123486.jpg

スノーシューを履いてスタート
f0138096_12124467.jpg

スノーシューでも結構沈む
f0138096_1212537.jpg

スノーシューをデポし、アイゼンに交換して進む。木の枝に回収忘れ?のスノーシューが
f0138096_1213345.jpg

振り返ると支笏湖と奥に恵庭岳が綺麗
f0138096_12131211.jpg

膝くらいまで埋まり、ラッセルに苦労
f0138096_12131923.jpg

頂上への尾根にようやく到着
f0138096_12132896.jpg

樽前山を眼前に頂上は目前
f0138096_12133623.jpg

頂上標識を掘り出そうとしたが、結局叶わず
f0138096_12134398.jpg

頂上で記念写真のSさんとizumisawaさん
f0138096_12135227.jpg

下山時、ビューポイントの二人
f0138096_12140100.jpg

支笏湖に飛び込むような感じが中々面白い
f0138096_121473.jpg

だが、スリップするとピッケルでも停められないような急斜面を緊張しながら下山
f0138096_12141419.jpg

雪庇近くのルート
f0138096_12142153.jpg

支笏湖と中央に紋別岳
f0138096_12143487.jpg

デポしたスノーシューを回収。枝のスノーシューは持ち主に戻るのか?
f0138096_12144762.png

GPSの軌跡。下りは林道歩きをカットしたが、アイゼンではかなり埋まってしまった
by tarumae-yama | 2015-02-27 13:07 | 北海道100名山 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 風不死岳、2月26日-同行者か... 風不死岳北尾根、2月26日-速報版- >>