恵庭岳、2月12日

今回の恵庭岳、山の知人であるsnufkinjrさんが前日の11日に降雪の中を登っているとブログ(非公開)で知った。
単独の上、新雪のラッセルと降雪のため視界不良で想定のルートから外れたりして大変だったらしい。

11日は、気象庁のレーダーエコー図等から夜間も降り続いた様子だったが、道道から尾根に取りつく地点にsnufkinjrさんのトレースが新雪に埋まらず残っていた。
我々はそれを有り難く使わせもらい、頂上へ。
トレースそのものは標高950m辺りまでで、その先は強風で埋まっていたが、それでもトレースのないところではスノーシューを履いていてもそれなりに沈んだから本当に有り難かった。

標高1100m辺りから時々雪が降ってきたけれど、差ほど気温は低くなく風も殆どなかったため、冬山の厳しさを感じることなく頂上に立った。

最大の懸念は頂上岩塔のクーロワールの通過と思っていたから、その下でアイゼンを装着したけれど、柔らかめの積雪のため拍子抜けするほど。
その分、傾斜がついて四つん這いで登る状況だったけれど。

風が弱いと言ってもさすがに日が差さなければ寒さを感じる頂上、クーロワールを下りきった先で昼食を摂った。
その後、952mのポコの手前までアイゼンで下り、そこからスノーシューに履き替えて下山。

スタート時、ゲート近くの別の駐車場にワゴンが停まっていて4人パーティが準備中とSさんが言っていたけれど、そのパーティはオコタンペ山か漁岳にでも向かったのかスライドすることなく、我々だけが楽しんだ恵庭岳だった。

山行記録
駐車場08:16→頂上11:58~12:54(昼食)→駐車場14:42
f0138096_1813038.jpg

我々はピッケルを車に置いて来たけれど、さすが慎重な小幡さんはザックにくくりつけて
f0138096_181406.jpg

前日登ったsnufkinjrさんのトレースが見える。有り難く使わせてもらった
f0138096_1814979.jpg

私より5歳年長のSさんだが、さすが恵庭岳で鍛えているだけあって、登攀力が凄い!
f0138096_1815749.jpg

岩塔基部の吹き溜まりを進む小幡さんとizumisawaさん
f0138096_182677.jpg

青空が覗き白いオコタンペ湖がクッキリと見えだした
f0138096_1821455.jpg

アイゼンに履き替え頂上岩塔に向かう同行者
f0138096_1822174.jpg

ロープ場で余裕のizumisawaさん
f0138096_18229100.jpg

頂上で三脚を出し全員の記念写真を撮ろうとするSさん
f0138096_1824057.jpg

自家製HGをスマホで撮る小幡さん
f0138096_1824733.jpg

青空が出て展望が得られたところで撮影中のSさんとizumisawaさん
f0138096_1825625.jpg

ロープ場で、下山時
f0138096_18354.jpg

同上
f0138096_1831516.jpg

雲が切れて紋別岳も見えてきた
f0138096_1832413.jpg

クーロワールの手前でスノーシューをデポ。ここで昼食
f0138096_1833486.jpg

登りはこの岩塔の右を通過。下りは左を廻った
f0138096_1834361.jpg

952mポコの手前まで下りて振り向くと頂上岩塔がクッキリ
by tarumae-yama | 2015-02-13 18:22 | 北海道100名山 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 恵庭岳、2月12日-同行者から... 恵庭岳、2月12日-速報版- >>