恵庭岳、12月28日

前日に札幌のSさんから電話で恵庭岳へのお誘いがあった。
因みに、Sさんは今回で今年38回目の恵庭岳だと言うから凄い。
蛇足だが、私も今年は随分と恵庭岳に登り、今日で15回目になった。

登山口付近は20cm程の積雪に、最初からスノーシューでスタート。
無積雪時と違い、雪の為に枝などが登山道に被さって歩きにくかった。
(雪があることで、登山道の浮き石などが埋まっていると言う点では歩きやすかったけれど)

最大の難所と思われる登り下り専用のロープ場のロープは、殆どが埋まっていたがアイゼンに履き替えることなく、何とかスノーシューのままで登りきった。
第1見晴台から先は全くトレースの痕跡がなく、Sさんと先頭を交代しながら頂上(第2見晴台)に到着。
第1から第2見晴台の間は、雪の付着した枝が登山道に被さって非常に煩わしかったので、それを避けて通るうちに何度か正規の登山道から大きく外れてしまった。
そして無積雪時と比べ、頂上までたっぷり倍の時間がかかった。

今回、かすかとは言え、トレースが使えたことで第2見晴台まで何とか行けたけれど、全くトレースがなければ第1見晴台で下山したと思う。
積雪は全般を通してせいぜい膝下程度だったのだが。

もう一つ蛇足だが、登山口の標識のところにある2,3台分の駐車スペースは除雪されていなくて、二人でスコップを使って2台分のスペースを作ったため登山前に一汗かいた。

ともあれ、遅遅として進まないペースに第1見晴台で時間切れと内心思っていたから、頂上(第2見晴台)まで登りきったことで大満足の恵庭岳だった。
Sさんも同様に思っていたらしく、頂上と下山後の登山口ではがっちり握手を交わした。

山行記録
頂上(第2見晴台)まで休憩を含め登りに3時間59分、下りは1時間31分
f0138096_12291693.jpg

登山口の駐車スペースに2台分の除雪で、登山前に一汗かいてしまった
f0138096_12292565.jpg

Sさんはウエアをどんどん脱いでいって2合目では長袖シャツスタイル
f0138096_1229341.jpg

3合目と4合目の間の短いロープ場を登るSさん。下山時、今後やって来る登山者のためにロープを掘り出すという思いやりに感心した
f0138096_12295078.jpg

登り専用ロープ場を進むSさん。雪が締まっていないからスノーシューがスリップしてストレスがたまった
f0138096_12295850.jpg

夏の2倍時間がかかったけれど、第1見晴台に到着
f0138096_123068.jpg

第1見晴台で支笏湖をバックに自家製のHGを撮る。Sさんにもお裾分け
f0138096_12301842.jpg

8合目まで来ると青空が出て頂上岩塔も見えだした
f0138096_12302994.jpg

第2見晴台からの眺望。支笏湖ブルーも冬バージョン?になっていた
f0138096_12303841.jpg

頂上標識を掘り出して、とりあえず証拠写真
f0138096_1331123.jpg

頂上岩塔をバックに2個目のHGを。後ろで立ったまま昼食中のSさん。Sさんからも自家製HGを頂いた。今日は我々二人だけの恵庭岳だった
f0138096_1332573.jpg

昼食後直ちに下山開始
f0138096_1333669.jpg

下山途中で枝越しに真っ白なオコタンペ湖を写す
f0138096_1334788.jpg

夏道から外れ、雪庇近くを下山するSさん
f0138096_134069.jpg

ここは9月11日の記録的大雨で段差の出来たところだが、今は雪に埋まって歩きやすい
f0138096_1341564.jpg

下りでは二人とも太ももがパンパンになったけれど無事下山。大満足の恵庭岳だった。
カメラはパナソニックのGM1
by tarumae-yama | 2014-12-29 14:30 | 北海道100名山 | Comments(6)
Commented by OBTA at 2014-12-29 20:44 x
お疲れ様でした!
私が入った日は、第1見晴台迄で3時間半かかりましたよ。
今度は冬尾根ですね♪頂上まで(^^)v
Commented by ピータンまま at 2014-12-29 21:50 x
恵庭岳から見える丸い支笏湖の景色がやっぱり好きです♪
今年は一度も登れませんでしたがまた来年挑戦したいです。
もう2ヶ月近く山へは行ってません
気分が沈みがちになるので冬は嫌いです
藻岩山へ登るだけでも気晴らしになるのでしょうけどね( ̄w ̄)
友人が来年は干し柿作りに挑戦したいと言っていました
何事にも好奇心旺盛で話題が尽きません(=^・^=)

どうぞ良いお年をお迎えください。
Commented by tarumae-yama at 2014-12-30 09:31
OBTAさん
お早うございます。
重い雪の単独ラッセルは厳しかったでしょうね。
もしトレースがなくて私一人なら早々に撤退したと思います。
OBTAさんのトレースのおかげで、我々は何とか第2見晴台まで登る事が出来て達成感を味わいました。
来年の恵庭岳の初登は冬尾根からになりそうですが、またお会い出来ることを楽しみにしています。
Commented by N君 at 2014-12-30 09:32 x
ラッセル要員、お任せください!
Commented by tarumae-yama at 2014-12-30 09:39
ピータンままさん
お早うございます。
塩谷丸山以来山はご無沙汰ということで、公私ともにお忙しいのでしょうか。
恵庭岳から見える支笏湖の丸いラインは、女性的で優雅ですね。
晴れていれば登山の素晴らしさを実感出来ますね。
来年はぜひ頂上岩塔の下からオコタンペ湖を堪能して下さい。

お友達の干し柿と来年は山で物々交換したいです。
Commented by tarumae-yama at 2014-12-30 09:42
N君
日曜日の超長距離縦走で、ラッセルには絶対的な自信を持ったことと思います。
来月の樽前山ではずっと先頭でお願いします。
それと、行きたいという方がいるのでオコタンペ山もその後に計画してくれると有り難いです。
名前
URL
削除用パスワード
<< 2014年の山行 恵庭岳、12月28日-速報版- >>