支笏湖氷濤まつり 2015

幌平山に登る前、毎年支笏湖湖畔で開催される氷濤まつりの制作会場を見てきた。
もう氷像がかなり出来ているのかと思っていたのだが、まだ骨組みだけだった。

そう言えば今回は、中国の旧正月に合わせて開催日を遅らせると報じられていた。
思惑どおり中国からの観光客で賑やかな氷濤まつりになるだろうか。

何れにしても、支笏湖からくみ上げた水を24時間体制で霧状態に吹き付け、氷を成長させる作業がそろそろ始まると思う。

ただ、9月の記録的な大雨で、湖水が蒼い本来の支笏湖ブルーから、オコタンペ湖のようなコバルトブルーに変わってしまい、いまだ完全には戻っていないので、関係者も氷像がどのような色合いになるのかヤキモキしているらしい。

でも案外、コバルトブルーの氷像が好評だったりして・・・、そんな気がしないでもない。
f0138096_13334667.jpg

まだ骨組みだけの支笏湖氷濤まつり会場
f0138096_1334082.jpg

支笏湖畔から、正面に風不死岳と左に真っ白な樽前山。 12月19日の撮影
by tarumae-yama | 2014-12-21 07:17 | その他 | Comments(2)
Commented by ぶるまま at 2014-12-21 12:10 x
氷濤まつり!
今年も楽しみました~!!
氷の滑り台を満喫しましたよ(笑)
2015も行きますよ。
Commented by tarumae-yama at 2014-12-21 18:14
ぶるままさん
毎年の様に氷濤まつりを楽しんでいるのですね。
氷の滑り台は大人でも満喫できますね。

今日のイチャンコッペ山、参加出来なくて残念でした。
案外良い天気で、楽しめました。
1月はN君やSさん、Kさん達と樽前山に登ろうと言う話しになりました。
名前
URL
削除用パスワード
<< イチャンコッペ山と幌平山、12... 幌平山、12月19日 >>