イチャンコッペ山と紋別岳、12月4日-イチャンコッペ山編-

ひょっとして恵庭岳に、先日ご一緒したSさんが登っているかと思いつつイチャンコッペ山の駐車場に向かった。
恵庭岳の周辺には車がなかったけれど、イチャンコッペ山登山口近くの駐車場には先行者の車がぽつんと1台だけ停まっていた。

登山靴とスノーシューも持参したけれど、周囲の積雪状況からスパイク長靴を選択。
先行者とは幌平山の斜面をトラバースした先で交差。
いかにも山男という雰囲気が渋かった。山岳会に入って行動していたとの事に納得。
苫小牧のS木さんと名乗り、初対面だがブログを見ていて顔を知っていると(^^;)。

その後は、誰もいないイチャンコッペ山となった。
この山は、2時間もかからず登れる手頃な山にしては眺望が中々良く、多い年には10回も登ったことがあるけれど、近年鹿の増加に伴ってダニが目立つようになった。
そんな訳で、今は晩秋から残雪期までが楽しめる山なのかも知れない。

粘土質のところの急傾斜の下りは、雪が乗っているためにスリップの不安があったけれど、スパイク長靴のピンが良く効いて、足回りの選択は大正解だった。

下山時には青空がどんどん広がり、ようやく本来の支笏湖ブルーにかなり近づいた湖がきれいだった。

登りに1時間32分、下りに57分。
f0138096_91517100.jpg

出だしの急斜面の途中では、積雪10cmくらいだろうか
f0138096_9152870.jpg

青空をバックに松林の中を歩くのは気持ちが良い
f0138096_9153737.jpg

10時過ぎに苫小牧のS木さんとスライド。足元はプラブーツだった
f0138096_9154583.jpg

反射板があった785mピークから正面にイチャンコッペ山の頂上
f0138096_9155344.jpg

頂上。思ったより積雪が少なかった
f0138096_916180.jpg

下山時、正面奥に恵庭岳。頂上部は雪雲の中
f0138096_916979.jpg

もう何度もブログで紹介したから見飽きた写真かも。風不死岳の雲も取れてきた
f0138096_9161784.jpg

9月11日の記録的大雨による土砂流入で色の変わった支笏湖が、蒼い本来の支笏湖ブルーにようやく戻って来た様に見える
f0138096_9162468.jpg

国道453号線と奥の恵庭岳。頂上の岩塔が見えてきた
f0138096_9163195.jpg

下山後、紋別岳に向かう途中で。支笏湖の奥に白い樽前山と風不死岳(右)
by tarumae-yama | 2014-12-05 09:27 | 登山 | Comments(4)
Commented by N君 at 2014-12-05 10:08 x
21日に恵庭岳…なんて言ってましたが、もしご一緒できればイチャンコッペ山か風不死岳のどちらか行きましょう(^^)/
ホントは7日にイチャンコッペ山へ行く予定の人がいたけど積雪になるとのことで中止。
も~軽く誘える季節ではないですからねぇ。
Commented by tarumae-yama at 2014-12-05 16:45
N君
今後の降雪次第ですが、7日のイチャンコッペ山は夏靴でも登れると思います。
何カ所かある急なところだけ下りで気をつければ大丈夫かと。
それで7日はどこに登るのですか?
私はかなり不確定ですが、風不死岳の北尾根をのぼろうかと。

21日はN君がラッセルを頑張ってくれるなら第2見晴台までは行けるかも知れません。
まあ、直前まで様子見と言う事で。
Commented by N君 at 2014-12-05 18:41 x
7日は始めたばかりの方とお話ししてたんです。雪もあり寒さもあるので、また来年の暖かくなってから行きましょうという事にしました。
7日は藻岩山に行くかもしれません。
Commented by tarumae-yama at 2014-12-05 22:04
N君
始めたばかりの人が、イチャンコッペ山で風雪に晒されたら山嫌いになるかも知れず、正しい決断だったかもと思います。
N君はミクシーや私のブログでも顔出ししているから、藻岩山で声をかけられたりして(^o^)

報告、楽しみにしています。
名前
URL
削除用パスワード
<< イチャンコッペ山と紋別岳、1... イチャンコッペ山と紋別岳、12... >>