樽前山、11月17日

17日の11時でゲートが閉まるという日にやって来る登山者はさすがに少なかった。
登山ポストのところでまっきぃご夫妻との再会にはビックリしたけれど、もう一人の登山者とは外輪山分岐付近でスライドした。

その後は貸し切りの樽前山だったけれど、駐車場でヒュッテ管理人さんのOさんからゲートが閉まる前に下りてきてと言われているので、外輪山をゆっくり歩きたいと思ったものの東山のピストンだけで早めに下山した。

今度は自転車を車に積んで来て、静かな外輪山をゆっくり(徒歩で)廻ってみようと思う。
f0138096_12132100.jpg

地震計の更新工事の関係者。簡易アイゼンを着け大きな荷物を背に出かけるところ。今週一杯で作業は完了するそうだ。後ろに風不死岳
f0138096_1214096.jpg

外輪山分岐から、右端に西山。モノクロで撮影
f0138096_1214981.jpg

最後にスライドしたのは苫小牧のOさん。御嶽山の噴火以来ヘルメットを着用しているそうだ
f0138096_1215733.jpg

溶岩ドームをモノクロで撮影
f0138096_122617.jpg

肉眼では中央の奥に羊蹄山がかすかに見えるのだが
f0138096_1221673.jpg

頂上標識近くにあるケルンを入れて支笏湖
f0138096_1222445.jpg

頂上から中央に西山
f0138096_1223164.jpg

スパイク長靴で登ったけれど、まだ夏靴でもOK。中央に風不死岳
by tarumae-yama | 2014-11-20 06:53 | 樽前山 | Comments(4)
Commented by Ei-taro at 2014-11-20 07:25 x
四季折々、樽前山の景観、様々な表情を見せてくれますね。

モノクロ写真、昭和の雰囲気が出ている様にも感じました。これも趣があります。

今年一年、早かった様にも思えたり。
雪の樽前山を歩いたのもつい最近だった様に感じます。

冬は風が強く、樽前のトレースはすぐに消えてしまうのでしょうか。

それとも登山者が多く、トレースは残っているのでしょうか。

昨年登山をシーズンオフしていたので、とんと検討がつきません(^.^)
Commented by tarumae-yama at 2014-11-20 22:38
Ei-taroさん
今晩は。
樽前山は年中楽しめますね。
登山だけでなく、スキーやボードも楽しめます。

私のブログではモノクロの写真は珍しいですね。

樽前山のトレースの事ですが、ゲートから7合目までヒュッテ管理人さんのスノーモービルのトレースがついていることが多いと思います。それから先森林限界までは残っている可能性はありますが、夏道は吹き溜まりがひどいです。
私はトイレの横から林を抜けそのまま東山斜面をジグを切りながら登ることが多いです。
この場合、林の中はトレースが残っていることが期待できるかも知れません。
でも、林の中はラッセルを覚悟で、当てにしない方が精神上良いかと思っています。

12月中に一度歩いて見ようかと。
Commented by N君 at 2014-11-23 14:20 x
今朝、伊達紋別岳へ向かう途中、ゲートが閉まってるのを確認!
また、長い林道歩きをして樽前山を目指したいと思います(^^)/
Commented by tarumae-yama at 2014-11-23 18:44
N君
来月になればゲートからすでに積雪状態になっているかも知れませんが、もしせめて5合目まで乾燥路面なら一度電動アシスト自転車で登って見ようかと思っています。
5合目からならせいぜいヒュッテまでの往復に徒歩で1時間半を加算すれば良いだけなので手頃な運動です。

東斜面がしっかり雪に隠されたとき、アイゼンを持って登りに行きましょう。
その前に恵庭岳ですね。
名前
URL
削除用パスワード
<< 風不死岳北尾根、11月20日 樽前山の頂上標識 >>