樽前山の頂上標識

一昨日樽前山の(東山の)頂上に立って気がついたのだが、標識の脚の間に石が積み上げられていた。
1週間ほど前に登った時はこの石の存在が眼に入らなかった。
なので、この数日の間に他の登山者(や次回の自分)のために風よけとして積んだものと思われる。

17日の11時をもって樽前錦岡線は冬期間閉鎖に入ったので、ゲートから7合目のヒュッテまで往復16.5kmを余分に歩く登山者は今後あまりいないと思われるけれど、これからの樽前山はますます風が強まるため、この風よけは、強風をついて登ってきた者には大変喜ばれることだろう。
f0138096_16051.jpg

11月17日朝の撮影。頂上標識の脚の間に石が積まれている
f0138096_1601645.jpg

この写真は11月11日の撮影。まだ石は積まれていない
f0138096_1602669.jpg

苫小牧や樽前山へのゲートが閉鎖されている。ニセコからの帰りに、11月17日午後撮影。これからの樽前山は、車が使えないのでここからの歩きになり来春まで遠い山になる
by tarumae-yama | 2014-11-19 07:17 | 樽前山 | Comments(4)
Commented by Ei-taro at 2014-11-19 18:37 x
殿をお諌めするのは家臣の勤め

tarumae-yamaさん、こんばんわ。

樽前山登山お疲れさまでした。
これからは少し遠くなりますね。

それから、上記コメント
私には非常に微妙に感じます。
少々、・・・・。
私には理解不可能です。

悪く言えば、不快
柔らかく言えば、黙っておいてね。と。

管理人様の対応に注目しています。
Commented by tarumae-yama at 2014-11-19 20:32
Ei-taroさん
今晩は。
ゲートが閉じられたのでこれからの樽前山は遠くなりますね。
東斜面がカリカリになった頃アイゼンを装着して登るのは気持ちが良いので、その頃ご一緒出来ればと思います。

ところで、コメントはご本人によって削除されたようです。
あれを見たときに感じることがあって、多分環境省かヒュッテの管理人さんなどによって元通りにされるのではないかと。
なぜかというと、樽前山の火山活動が活発になったことで外輪山の中への立ち入り禁止処置が執られたのは13年前のようですが、それまでは噴気口の近くまで行けました。
今でも外輪山から当時の登山道が何本か見えますね。
多分20年くらい経つと思うのですが、その登山道に沿ってケルンがいくつも作られ、それが景観を乱すと言う理由?からきれいさっぱり崩す(撤去)作業が行われたことがありました。
その作業は新聞の記事になったと思います。
そんなことから、景観上か崩れたら危険というような理由でそのうち取り除かれるのではないかと思いました。
Commented by murakami2231 at 2014-11-19 21:50
tarumae-yamaさん、お久しぶりです。
1月2日、息子(当時8歳)と紋別岳下山中にスライドして写真を撮って頂いた者です。
あれからオコタンペ山等を登り、2月からヤマレコにmurakami2231で投稿しています。

息子(9歳)と10月22日恵庭岳の山頂に登りました。まだ、ロープは沢山ありましたが、左端を選択しました。確保に使いましたが、立入禁止ならロープは全て撤去すべきで、必要ないと感じました。自己責任とは、滑落して(その程度の技量しか無くて)「瀕死でも死んでも捜索するな救助するな」と思っています。立入禁止エリアに入る以上、誰にも(ロープも)頼ってはいけない、むしろ、その存在に嫌悪感を抱きます。

樽前山頂の石ですが、私が次回登れば、全て火口側に蹴落とすでしょう(凍結していなければ)どうして、そんな馬鹿げた事をするのでしょう。自然冒涜もいい加減にして欲しい物です。山頂標識も不快です。必要ないです。人工物を全て撤去してこそ、本当の樽前山ではありませんか(平安時代など)宗教団体がマーキングしたり、目に余る行為に憤慨して極端な論調になってしまいました(自然公園として、市民に親しまれるための整備を否定しているのでは無いのですが、打ち込まれた杭からタルマエソウは永遠に育ちません)
樽前山をこれ程愛して、精力的に通っておられるtarumae-yamaさんの本心を伺いたいと思います。不躾で申し訳ありません。
Commented by tarumae-yama at 2014-11-19 23:24
murakami2231さん
今晩は。
息子さん大きくなってそしてたくましくなりましたね。
ペケレベツ岳の記事を拝見してそう感じました。

樽前山の石積みの件は、当事者を知っていることもあり、また恵庭岳の立入禁止の件では少し説明が必要と思われ、必ずしもここでのコメント返しが良いとは思われません。
それで、murakami2231さんのブログに非公開コメントという形で後日思っていることを書かせていただきたいと思います。
名前
URL
削除用パスワード
<< 樽前山、11月17日 アイゼンを着けて恵庭岳、11... >>