アイゼンを着けて恵庭岳、11月16日

今年恵庭岳は16回目(私は12回目)だというEi-taroさんとスノーシュー、アイゼンを携行して8時前に丸駒橋の下から歩き出した。
ソロと思われる先行者の足跡があり、とりあえず登山者がいると判り何となく心強い。

汗をかかないようにゆっくりしたペースだが、岩の上の雪が中途半端に積もっているためにペースは更に遅くなる感じ。
先行者は登り下り専用のロープ場でアイゼンを装着したようで、そこから先は登山靴の足跡に爪の穴が加わった。
我々もロープ場の途中でアイゼンを装着。

そこへソロの男性が追いついた。
話しをすると、恵庭岳は初めてでアイゼンも持って来ていないと。
それで、我々の間に入ってもらい3人で進むことに。

第1見晴台からは積雪が増え20cmほどになっていたが、トレースのおかげで何の苦労もなかった。

先行していた登山者とは頂上岩塔の下でスライド。
相手もすぐ気がついたようだが、ソロの男性は国道453号線が開通した10月9日に恵庭岳の状況を見に行ったとき、駐車場の先の登山道で話をしたSさんだった。
羊蹄山に登るより時間がかかったとこぼしていたが、トレースのお礼を言って別れた。

第1見晴台辺りからずっとガスの中だったのだが、凍ったロープを使って頂上に立った直後からオコタンペ湖の他にそれまで姿を隠していた支笏湖も少しずつ見えてきた。
恵庭岳初登頂の男性(札幌のTさん)も大喜びだった。

第2見晴台まで下りると更に支笏湖がよく見えだし、紋別岳なども姿を現した。
ここで昼食を摂った後、第1見晴台では休憩なしで14時過ぎ無事下山。

スノーシューは使わなかったけれど、冬靴、アイゼンを今年初体験した満足の恵庭岳だった。

山行記録
登山口7:50→第1見晴台10:04→第2見晴台10:34→頂上11:17~11:21→第2見晴台11:44~12:03(昼食)→第1見晴台12:26→登山口14:01

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_2243872.jpg

ここまでは9月の大雨で大きく変貌した地点だが、このすぐ先で最近の倒木が登山道を塞いでいた
f0138096_22431670.jpg

登り専用のコースを進むEi-taroさんと後ろに札幌のTさん
f0138096_22432526.jpg

樹氷の中を進むEi-taroさん
f0138096_21351295.jpg

頂上岩塔の下でスライドしたソロの男性は、10月9日にお話しをしたSさんだった。腰のドリンクが寒さでシャーベット状になっていた。顔出しは遠慮されたので
f0138096_22434020.jpg

頂上岩塔の下からオコタンペ湖
f0138096_22434839.jpg

頂上岩塔を登るEi-taroさん
f0138096_22435555.jpg

凍ったロープを使って慎重に足場を検討するTさん
f0138096_2244330.jpg

恵庭岳初登頂を祝ってTさんの記念写真。眼下のオコタンペ湖は霞んでいる
f0138096_2244114.jpg

下山時、オコタンペ湖とEi-taroさんにTさん
f0138096_22442790.jpg

第2見晴台から、中央奥に風不死岳と樽前山
f0138096_22443422.jpg

下山時に、第2見晴台付近で初めてスライドしたのはソロの女性。札幌のOさん。アイゼンを持って来たと言うがここまでノーアイゼンで登ってきたとしたなら一寸驚き。赤と黒のウエア類がよく似合っていた
f0138096_22444356.jpg

第1見晴台から、支笏湖と左端にイチャンコッペ山、中央右に紋別岳
f0138096_22445023.jpg

登山口近くでスライドした男性は、昨年11月2日にこの山で道迷い遭難死した札幌の女性の息子さんらしい
by tarumae-yama | 2014-11-18 09:14 | 北海道100名山 | Comments(8)
Commented by クマ妻 at 2014-11-18 14:48 x
ほんの少し、仕事にかまけてお邪魔していなかった間に、山が雪山になっているわ〜〜〜!ひょえ〜。
などと言っているこちらも毎晩零下ですが、雪は降っておりません。風邪など召しませぬよう・・・。
Commented by Ei-taro at 2014-11-18 19:08 x
tarumae-yamaさん こんばんわ。

今、写真を送信しつつ、ブログを拝見しています。
写真の送信ありがとうございます。

この積雪だったので、「行けるところまで」とし、第二見晴台での真っ白な景色にもめげずに前進

目まぐるしいガスの流れの中で見た景色はとてもとても(^^

少しゆっくりペースでしたが、それが吉となり、結果オーライでした。

それから、山でお会いしたソロの男性2名とは、カクカクしかじか、ヤマレコでお互いに”フォロー”

機会があれば、お二人のヤマレコもご覧下さいませ。
ネームについては、メールをご参照下さい(^^

山は共感できる場なのだなぁと、実感

それでは、またの機会に。
Commented at 2014-11-18 21:08 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tarumae-yama at 2014-11-18 21:55
クマ妻さん
コメントを有り難うございます。
私の住む街は最低気温がすでに連日のように0度以下に下がっていますが、雪はまだ積もっていません。
根雪になるのは来月でしょうね。
今どきの山は雪山とは言えない中途半端な状況ですが、今シーズン初めてアイゼンを体験しました。

それにしてもガソリンが随分日本より安いのには驚きました。
その価格で入れられるならもっと遠くの山まで行けそうです。
Commented by tarumae-yama at 2014-11-18 22:00
Ei-taroさん
今晩は。
一昨日の恵庭岳は、途中からガスに入ったので眺望は諦めていたのですが、頂上まで行けた上にガスが切れてきて本当に幸運でした。
恵庭岳は初登頂のTさんも嬉しそうでしたね。
彼のヤマレコは拝見しました。

私のペースが遅くてストレスになったと思いますが、また機会があればよろしくお願いします。
Commented by tarumae-yama at 2014-11-18 22:04
鍵コメさん
コメントを有り難うございました。
ご期待に応えられたら良いのですが・・・。

3人でご一緒する機会があれば嬉しいですね。
Commented by 札幌のT at 2014-11-23 11:35 x
tarumae-yamaさん こんにちは お久しぶりです。
恵庭岳の山行では大変にお世話になりました。
流石に素人丸出しの自分には深刻に反省です。しかし、眺望にも恵まれた、山頂での達成感は、数少ない私の登山暦の中でも一番のものでした。
また一部ですが、tarumae-yamaさんのブログ「デジカメ持って野に山に」も楽しく拝見させて頂きました。
今後も、機会が巡り合せた際は宜しくお願い申上げます。
Commented by tarumae-yama at 2014-11-23 18:23
札幌のTさん
今日は。
コメントを有り難うございます。
岩塔の登り下りはスリップしないか気がかりでしたが、さすがでしたね。
早速アイゼンを手配すると言っていましたが、もう活躍しているのでしょうね。
頂上から眺望が得られて我々は幸運でした。

今日、Ei-taroさんが恵庭岳の御来光登山で、快晴無風という最高の頂上だった様です。
私も明日登る予定ですが、果たして眺望はどうでしょうか。

またお会い出来れば嬉しいです。
名前
URL
削除用パスワード
<< 樽前山の頂上標識 ゲートが閉まる前の樽前山、11... >>