風不死岳と樽前山、11月11日-風不死岳編-

しばらく晴天が望めないという週間予報に、昼からタイトルの山に登ってきた。
午前中用事があったため、登りたかった恵庭岳は日没時刻に引っかかりそうで諦め、風不死岳と樽前山に。
タイミングが良ければ樽前山から夕日が撮れるかもと期待して。

5日に北尾根から登った風不死岳は、5合目より上は積雪状態だったのだが、今日は登山道上に全く雪がなかった。
途中にある鎖場は今、右側の物に切り替わっていて、古い左側の鎖場は手前にトラロープが張られている。

ブログに相互リンクしているピータンままさんが、以前その左側の鎖を使ってかなり苦労をしたとあったので、今回あえて左の鎖を使って登ってみた。
なるほど、左側の鎖場は右側より手こずった。
腕力をより必要とするし、足の置き場にも少々悩む上に岩が滑りやすかった。

ニセピークまで上がると、思いがけず羊蹄山が雲の上から顔を出していた。

山行記録
7合目ヒュッテ前12:55→登山口13:36→頂上14:30~14:37→登山口15:14→樽前山東山頂上16:03→7合目駐車場16:25
写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_2059854.jpg

正面に風不死岳。登山道に雪はない。右端に支笏湖が僅かに見える
f0138096_210690.jpg

お花畑コースから支笏湖と奥に紋別岳
f0138096_21113578.jpg

コメバツガザクラとイワヒゲ
f0138096_21114534.jpg

鎖場の近くから樽前山
f0138096_21115335.jpg

同上
f0138096_2112137.jpg

今は使われていない左側の鎖
f0138096_2112921.jpg

落葉したダケカンバの奥に支笏湖
f0138096_21121855.jpg

ニセピークから樽前山。苫小牧側から層雲が流入してきた
f0138096_21122631.jpg

一寸霞んでいるが支笏湖と奥に羊蹄山。中央の右に恵庭岳
f0138096_21123483.jpg

左端に風不死岳の頂上。登山道が見える
f0138096_21124327.jpg

中央付近に雲の上からホロホロ山と徳舜瞥山
f0138096_21125655.jpg

下山時、汗ビッショリで駆け上がってきた室蘭のNさん。仕事が遅くなって13時40分のスタートとのこと
by tarumae-yama | 2014-11-12 06:54 | 北海道100名山 | Comments(6)
Commented by maatota at 2014-11-12 23:24 x
あちゃーーーー、好きな「イワヒゲちゃん」が、何とも悲しい色になっちゃってますねェ、カナピー・・・

ふむふむ、気合が違いますねェ~。
「午後からでも登山」は有り、なのですねぇ。パチパチパチ
こんな季節に、Nさんは、13時40分からスタートだなんて・・・
Commented by ピータンまま at 2014-11-13 00:08 x
樽前山の雪はすっかり消えてしまったのですね。
風不死岳は道なりに登ると左の鎖になると思うのですが・・・
そういえば今回は手前にロープが張られていましたね(笑)
苦戦中に後から来た方に右をすすめられ移動するときに気づきました
以前はどちらが楽という情報が無かったので
下りで手足が打撲だらけになりました(。>0<。)

伊達紋別岳もなかなか良さそうなお山ですね♪
来春是非、挑戦したいです!!


Commented by tarumae-yama at 2014-11-13 08:10
maatotaさん
お早うございます。
イワヒゲはやはりミドリミドリの状態が綺麗ですね。
7合目まで車で行けるなら、午後からでも全く問題ないです。特に樽前山の東山までのピストンなら1時間半もあれば十分です。
ただ、17日からゲートが冬季閉鎖に入るので、その後は往復13kmの歩きが余分にかかるため、さすがに午後からの登山は無理ですね。
さすがにNさんは日没時刻を気にしていましたが、ギリギリ間に合ったのではないかと思います。
Commented by tarumae-yama at 2014-11-13 08:21
ピータンままさん
お早うございます。
5日に登った時は結構な積雪でしたが、活火山で地熱が高い分すっかり消えていました。
東山のドーム側斜面に僅かに残っていただけでした。
しかし、明日以降の降雪量によってはそのまま根雪?になりそうです。
風不死岳の左の鎖は昔それしかなかった訳で、何度も登っていると思うのですが、案外手こずりました。
伊達紋別岳、手頃な山だと思います。
6月だと白いシラネアオイを含め群落が楽しめると思います。
他にも色々目につくかと。
下山時、洞爺湖では温泉と美味しい食事も楽しみですね。
Commented by たくぼん at 2014-11-13 14:24 x
こんにちは。

話題のNです。

もう一つの方にもコメントしたんですが、こっちもあったんですね(笑)

改めて、声をかけてくださりありがとうございますm(_ _)m

しかも、名前はニックネームなんですね。実名で記入してました(笑)

無事16時30分下山しました(^_^)

皆さんご心配お掛け致しましたm(_ _)m

実はスントというブランドの時計を購入して、どうしても時計の試運転したくて強行突破しました。

以後気をつけます。

普段は無謀な事はしない大人しい者なんですが、今回は冷静さを欠かしてしまいました。

ブログの写真素敵ですね。

これから定期的に拝見させていただきますね。どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m
Commented by tarumae-yama at 2014-11-13 20:42
Nさんことたくぼんさん
今晩は。
続けてのコメントを有り難うございます。
私もスントの時計は気になっていますが、この20年間ずっとカシオのプロトレックです。一時エンペックス製を併用していたことがありますが。

拙いブログですが、登山後のアップが早いのだけ取り柄かも知れません。
また遊びに来ていただけたら嬉しいです。
名前
URL
削除用パスワード
<< 風不死岳と樽前山、11月11... 伊達紋別岳、11月8日-その2 - >>