恵庭岳、10月12日-その1-

恵庭岳へ向かおうと家を出る寸前H原さんから電話があって、「仕事にキャンセルが出たため今日山に行ける。」とのこと。

そんなことで、半年ぶりにH原さんと一緒に登ることになったのだが、登山口の駐車スペースは2台分しかないので、待ち合わせ場所をイチャンコッペ山の駐車場と伝えた。
ところが、温泉街付近を走行中、「駐車場が一杯だからポロピナイで待つ。」と携帯に連絡があった。

まあ、一月間も国道の通行止めで人気の恵庭岳に登れなかったのだから、紅葉シーズンで晴天の日曜日とあってどっと登山好きがやって来たのだろう。

そんな訳で、ポロピナイからテクテクと車道脇を上がって行って登山口に到着。
だが、テープが張ってあり、以前の駐車場へ進むことが出来ず、登山者は丸駒橋の付け根から沢に下り、そこから登山ポストのあった地点付近まで歩いた上で右岸に上がって登山道に合流するようになっていた。

2合目辺りまでは土石流の影響を見ることが出来るものの、そこから先は大雨前と殆ど変わっていないと思う。
ただ、H原さんも頂上で出会ったpositive51さんも言っていたが、浮き石が多くなったと。
鈍感な私は、そう言われればそうかな程度しか感じなかったけれど。
それより、登山道を落葉が覆い始め、小石があることを隠しているために捻挫を恐れ神経を使った。

風不死岳でも紋別岳でも感動の紅葉だったけれど、恵庭岳でもそれなりに綺麗だった。
もっとも、5合目から上では落葉が進み、美しいと感じたのは出だしから4合目辺りまでだったろうか。
しかしそれも、今回の台風19号崩れの低気圧の強風と雨が台無しにしたかも知れない。
f0138096_1445079.jpg

第1見晴台でH原さん。被写体を狙う顔つきはピリリとして見える
f0138096_1445717.jpg

登山ポストにはノートはなかった
f0138096_14451424.jpg

土石流で傷ついた砂防ダムの付近から、支笏湖と奥にN君ファミリーが登っている?紋別岳
f0138096_14452250.jpg

4合目付近の紅葉
f0138096_1445315.jpg

4合目で長袖からTシャツ1枚になって登るH原さん。この辺りから落葉が多くなる
f0138096_1445407.jpg

登り専用ロープ場で、ロープを使わず登るH原さん
f0138096_14454758.jpg

第1見晴台で
f0138096_14455482.jpg

コバルトブルーのオコタンペ湖と奥に羊蹄山
f0138096_1446114.jpg

頂上岩塔のロープ場、上にH原さんとその左にヘルメットを被ったpositive51さん
f0138096_1446896.jpg

頂上から札幌の市街やその先に日本海なども見える
by tarumae-yama | 2014-10-15 07:09 | 北海道100名山 | Comments(2)
Commented by maatota at 2014-10-15 22:41 x
アレマァ・・・・ 5合目から上では落葉が進んでいるのですかぁ・・
お山の紅葉は、本当に短いですよね。
登っている時に、足元に、色とりどりの落葉の上を歩くのも、贅沢ですよね。
まるで、ペルシャ絨毯のようですものね。
それにしても、「恵庭渓谷の紅葉」は、ステキですねぇ。 \(^o^)/
Commented by tarumae-yama at 2014-10-16 09:37
maatotaさん
お早うございます。
もう雪虫が飛んでいますから、山はどんどん落葉が進んでいますね。
平地で紅葉が楽しめるのももうすこしの期間です。
そして、これからの山は白一色の試練の山ですね。
まあ、私の場合は支笏湖周辺の低山ばかりですが、程度が知れていますが。

九州の紅葉はこれからが楽しみですね。
数年前、谷川岳と火打山でみた紅葉には感動しました。

恵庭渓谷の紅葉、期待以上に綺麗でした。
名前
URL
削除用パスワード
<< 恵庭渓谷の紅葉、10月15日 GX7とRX100 >>