ホロホロ山と徳舜瞥山、9月21日-その3-

徳舜瞥山で夏山子さんのパーティと記念写真を撮って昼食のためホロホロ山に戻った。
夏山子さん達も後からホロホロ山までピストンすることにしたらしく、我々が食事中にやって来た。
何組かの登山者で狭い頂上が一杯になったので、我々はそそくさとホロホロ山を後に。

この白老コースは、傾斜のきついところや足元が不安に感じるところにはロープがあって、更に僅か2,3段だが、手作りのほのぼのとする階段も1,2ヶ所あって至れり尽くせり。

林道に合流するところまでは、遠くに我々には馴染みの支笏湖や恵庭岳などを望みながら本当に魅力的で快適な登山道。
それなのに日鉄鉱山跡コースからの徳舜瞥山と比べると、なぜこれほど登山者が少ないのか不思議でならない。

もっとも、駐車場に1番乗りだった我々のパーティも、下山してみると札幌と室蘭ナンバーの車が3台停まっていた。
帰宅後知人のブログを見ると、良くコメントを入れている人が我々と同じ日、同じコースからホロホロ山に登ったらしい。
だから何処かでスライドして挨拶をしたと思うけれど、全く記憶にない。

ともあれ、天気と眺望に恵まれ、前週の羊蹄山同様満足の山行だった。
f0138096_20213765.jpg

夏山子さんのパーティと記念写真
f0138096_20215225.jpg

その後、昼食を摂るためまたホロホロ山へ
f0138096_2022424.jpg

f0138096_20221930.jpg

登りで経験したので、帰りは余裕の渡渉のぶるままさん
f0138096_20223227.jpg

無事下山、駐車場には私の車の他に3台停まっていた
by tarumae-yama | 2014-09-27 06:53 | 登山 | Comments(2)
Commented by Ei-taro at 2014-09-27 11:02 x
tarumae-yamaさん 

今日はすっきりしない天気ですが、晴ればれとした空模様の写真に秋を感じています。


こちらの登山道・・・変化に富んでいながらも、登山者に配慮されていると言うことで、ありがたいことです。

研究不足で、こちらの登山道を知らなかったので、機会をみて(本当に)歩いてみたいと思います。

(実際、tarumae-yamaさんのブログには、登山などのネタを頂いていたりします。)



なんだか天気が・・・ 今日は晴れだと思っていたら、いまいち微妙な・・・

秋晴れの10月を[週末も(^^;]期待します。


それでは近いうちにメールにて連絡致します。

Commented by tarumae-yama at 2014-09-27 20:43
Ei-taroさん
この日は全道的に登山日和だったようです。
白老コース、今度一緒に歩きませんか? 南白老岳とセットで。

今日は予報よりずっとパッとしない天気でしたね。
そんな中、真っ暗な中を単独で風不死岳と樽前山に登ったのですね。
熊の巣の風不死岳に日中ならともかく、真っ暗な中を私一人ではとても登る気がしません。
明日は雨にやられての山行かも知れませんが、来週は一緒出来るでしょうから晴天に恵まれて欲しいです。
名前
URL
削除用パスワード
<< 紋別岳、風不死岳と樽前山、9月... 「カフェ ティーズガーデン」 >>