樽前山、9月17日

気象庁のHPによると、9月11日に観測した支笏湖畔の日降水量276.5mmは、38年間の観測史上第1位とのこと。
この記録的な大雨で、支笏湖周辺では土砂崩れがあちこちで起き、丸駒温泉など一時孤立状態になった。
樽前山への道道も数日閉鎖された。

ようやく登れる事になったので早速出かけてみたが、10時過ぎに到着するとすでに20台前後の車が7合目の駐車場に停まっていた。

今回は、天気が不安定なためお花畑コースから932m峰までの往復とし、その間の登山道の状況と紅葉の進み具合を見ようと。

結果的に強い雨のため932m峰のピークは踏まず、東山から駐車場に戻った。
稜線上では雨が一時霰に変わり、強風で身体が揺れるほどだった。
これからの季節、山に向かうにはしっかりとした防寒対策が必要になって来た。

登山道の状況は、思ったほど雨裂はひどくなくて問題なく歩けたけれど、木段部分は登山者と降水のために土が削られ、更に段差が大きくなったと感じた。

写真の上でクリックすると大きくなります。
f0138096_21531325.jpg

f0138096_21532462.jpg

f0138096_21533424.jpg

f0138096_21534443.jpg

f0138096_21535486.jpg

中央に932m峰、右に雨雲が近づいて来た風不死岳
f0138096_2154332.jpg

支笏湖が雨雲に包まれだした
f0138096_21541242.jpg

激しく霰が降りだし、稜線上の登山者二人は東山方面にUターンして行った
f0138096_21542191.jpg

f0138096_21543078.jpg

f0138096_21543777.jpg

f0138096_21545018.jpg

f0138096_2155424.jpg

樽前山では珍しい縦走装備のソロ男性。にこやかな外人さんだった
f0138096_21551593.jpg

支笏湖湖面のこんなブルーは見た事がない。いまだに流入する沢水の影響だろうか?
f0138096_21552571.jpg

樽前下山後、恵庭岳登山口の様子を見に行った。外輪山から流出した木や枝などがあちこちに漂っていた。近くで見ても支笏湖の普段の蒼いブルーとは違って見える。中央に見える恵庭岳は、現在通行規制で登山口まで歩いて行くことも出来ない
by tarumae-yama | 2014-09-18 08:05 | 樽前山 | Comments(6)
Commented by positive51 at 2014-09-18 19:22 x
こんにちは、樽前山の登山道はかなり痛んでますね。
私は日曜日に風不死岳から支笏湖を見ていつもと違う色に驚きましたが、まだ水が濁っているようでうすね。
恵庭岳の様子も気になるので、通れるようになったらレポお願いします。
Commented by tarumae-yama at 2014-09-18 22:11
positive51さん
私達が羊蹄山に登った同じ日に風不死岳の北尾根に登っていたのですね。
昨日、樽前山下山後恵庭岳に向かう前に風不死岳北尾根の林道状況を確認するつもりでした。
写真を見るとRV車でも厳しいかも知れませんね。
私の腕では脱輪しそうです。

恵庭岳はかなりひどい状況らしいので、今シーズンはもう登れないかと諦めています。
Commented by tamataro1111 at 2014-09-19 06:22
 お早うございます。
風景は晩秋の装ういですね。湖の色が凄いことになっていますね。
火山の影響でしょうか。。。! ?
Commented by Ei-taro at 2014-09-19 06:59 x
おはようございます。
支笏湖の色が普段と違って見えるそうで。興味深いです。


支笏湖の国道453号は恵庭岳からの土石流により、道路や橋が・・・と、新聞に。

場所は、丸駒ポロピナイ交差点から札幌側に3kmだとか。
非常に残念です。

人身事故ではないのが救いなのと、樽前山・風不死、紋別岳が(おそらく)の登山道が健在(だと思う)なのは、まだ良かったのかと思ったりもします。(イチャンコッペは・・・)

定期的に山を歩いています。また晩秋の頃、ご一緒差せてください。
Commented by tarumae-yama at 2014-09-19 11:18
tamataro1111さん
何時もコメントを有り難うございます。
ブログで横浜郊外の田園風景を楽しませてもらいました。
本当に大都会ヨコハマの光景とは思えないですね。
そちらも秋の装いですね。

北海道の高い山では冠雪が見られ、これから一気に冬支度です。
気圧配置も冬型が出て来て、この2,3日時雨模様の天気です。

支笏湖の湖面の色ですが、見る分についてはこのコバルトブルーのような色合いも中々魅力的に感じますが、魚などに影響がないのか心配です。
Commented by tarumae-yama at 2014-09-19 11:26
Ei-taroさん
丸駒ポロピナイ交差点から札幌側に3kmまで被害があるとするなら、本当に凄い状況ですね。
登山口の駐車場が整備されたとして、そこから登山道に出るまで10分以上は岩石や倒木を乗り越える状況かも知れませんね。
イチャンコッペ山には、通行規制に引っかからないでも登れるコースを地形図で検討しましたが、高い柵がやっかいです。
紋別岳や風不死岳のお花畑コースは問題ないと思っていますが、そのうち自分の眼で確認しようと考えています。
10月に入ってからまたご一緒出来るのを楽しみにしています。
名前
URL
削除用パスワード
<< 恵庭岳登山口の惨状 樽前山、9月17日-速報版- >>