今、樽前山には登れない?

北海道開発局や苫小牧市のHPを見ると、今回の支笏湖周辺の豪雨被害で通行止めになっている区間があり、そのために恵庭岳やイチャンコッペ山の登山口まで車では行けない。

道道141号 樽前錦岡線は9月13日13時で規制終了予定とあるので、樽前山へは5合目のゲートまで車で行けるようだが、5合目ゲートから7合目の駐車場へは現在通行止めらしい。
しかし、苫小牧市役所に問い合わせていないので、自転車や徒歩でなら行けるのかどうか分からない。

もし徒歩でも樽前山へは行けないというのであれば、今、私が支笏湖周辺で登れる山は、紋別岳と風不死岳の北尾根コースしか残されていない。

樽前山の紅葉の進み具合を見に登りたいと思っているけれど、その場合は風不死岳の北尾根から登り、樽前山のお花畑コースを進んでまた戻って来なければならない。
f0138096_1332154.jpg

苫小牧市のHPより
f0138096_13323226.jpg

北海道開発局のHPより。 写真の上でクリックすると大きくなります
by tarumae-yama | 2014-09-13 13:40 | 樽前山 | Comments(2)
Commented by mori at 2014-09-13 17:17 x
苔の洞門も崩落しちゃったみたいですね。
展望やぐらが押しつぶされてしまったと新聞で見ました。
人に被害がなくて良かったです。
Commented by tarumae-yama at 2014-09-13 20:30
moriさん
私も新聞記事を見ました。
昔はこの苔の洞門を通って樽前山に至る登山道の一つで、中々変化があって魅力的なコースでした。きっと大雨で凄い状況になっているのでしょうね。
復活できれば嬉しいのですが。
名前
URL
削除用パスワード
<< キャラバンGK68 鮭の遡上 >>